仮面ライダービルド 第33話 感想 私が見つけたこれからの展開の3つの見所

スポンサーリンク

氷室首相を連れ去る幻徳。その首相の命と引き換えにエボルドライバーを要求するスターク。果たして、首相は無事 戻って来れるのでしょうか?
そして、エボルドライバーを受け取ったスタークは仮面ライダーエボルに変身してしまうのでしょうか?

果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじに 愛あるツッコミを入れながら紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第33話 「最終兵器エボル」公式あらすじ

 石動(前川泰之)から戦兎(犬飼貴丈)に、氷室首相(山田明郷)の身柄と引き換えにエボルドライバーを用意しろ、という電話が入る。

絶対にコレ 罠ですよね(汗)w

エボルドライバーはビルドドライバーの原型で戦兎=葛城巧(木山廉彬)の父・葛城忍が携わった貴重な物だという。石動によると、戦兎が記憶を失う前にエボルドライバーをどこかに隠したというのだが…。

いったい どこに…。

 戦兎は父・葛城忍の研究データからエボルドライバーに関する記述を発見。それによるとエボルドライバーはエボルトが究極の姿になるために作られたものらしい。

それ作ったのは 一体 誰なんだーーーー?
まあ それは今 関係ないのですけど(汗)

エボルトと言えば、美空(高田夏帆)に乗り移った火星の王妃ベルナージュは「パンドラボックスが火星を滅ぼした、エボルトの手によって」と言っていたが…。さらに葛城忍のデータから、地球外生命体のエボルトは宇宙飛行士だった石動が火星でパンドラボックスを発見した際、その身体を乗っ取っていたことがわかった。つまり石動はエボルトに身体を支配されているだけで、元の人格が残っている可能性がある…。

やっぱりマスターは悪いヤツじゃなかったんだw

 石動に憑依し地球に降り立ったエボルトはパンドラボックスの力を使って火星と同じように地球を滅ぼそうとしたが、パンドラボックスが思うように開かずスカイウォールを作り出すだけに終わってしまった。

何の力が働いたんだ?(汗)

エボルトは病院に連れて行かれたものの、その後脱走。パンドラボックスの責任者の葛城忍と接触していた。葛城忍は火星で発見されたエボルドライバーを復元したらしい。

や やるな。父ちゃんw

 エボルドライバーは、パンドラボックスのエネルギーを最大限に使うことができ、宇宙を支配できる究極のベルト、と書かれている。葛城巧はその力を危険と判断、どこかへ隠したようだ。

や やるな。巧ww

 幻徳(水上剣星)が父・氷室首相を密かに逃がそうとする。息子の思わぬ行動に驚く氷室首相に、幻徳は自らの目的は国を一つにすることだという。そのために幻徳はファウストを作ったが、己の欲望を優先させてしまい失敗。そんな自分に後戻りはできない、と父にその夢を託そうとしているらしい。

玄徳 結構 良いヤツじゃねえか(汗)w

 しかし、ブラッドスタークに見つかってしまい計画は失敗。スタークは幻徳がネビュラガスを注入し仮面ライダーになったことで、パンドラボックスの光による好戦的な気質が失われたと指摘する。

そうそう。そう言えばそんな設定あったよねw

体内に埋め込まれたチップがある限り、スタークの呪縛から逃れられない幻徳だったが…。

 戦兎は変換装置からエボルドライバーを発見。さっそく組み立てに取り掛かる。これを石動=エボルトの手に渡しては地球が滅びる可能性もあるが、氷室首相を救うためには仕方がない。

いやいや。そこはIQの高い戦兎のこと 何か考えてるっしょ!

 戦兎と龍我(赤楚衛二)は完成させたエボルドライバーを手に、スタークが待つ場所へと現れる。先にエボルドライバーを渡せ、というスタークだったが、突如現れたローグが氷室首相の身柄を確保する。

ローグさん 格好良い!

スタークはすかさず小型装置でチップに信号を送るが、幻徳から「親父を助けたい」と泣きつかれた戦兎がチップの信号を変えていた。

なりふり構わない幻徳さんが好き!
そして流石 戦兎!!

 力づくでエボルドライバーを奪おうとするスターク、戦兎はビルドラビットラビットに、龍我はクローズマグマに変身。合流したグリスとともに激しい戦いとなる。

かずみんも 来たーーーーーーーー!w

その隙に氷室首相はエボルドライバーを手に、車を用意した美空と紗羽(滝裕可里)のもとへと走るが、そこへスタークが現れた。スタークの動きを察知していたローグもやってくると「俺が相手だ」と立ちはだかる。

ローグさん 素敵!!

スポンサーリンク

 ローグの激しい攻撃についにスタークは変身を解除、石動の姿へと戻ってしまう。苦しむ父の姿に思わず駆け寄ろうとした美空、その隙をついた内海(越智友己)は美空の手からエボルドライバーを強奪。「すべては難波重工のために!」とドライバーを石動に投げる。

内海が結構 良い動きするな(汗)w

 エボルドライバーを受け取った石動は、2本のエボルボトルを挿入。「変身!」の声とともに、仮面ライダーエボルへと変身する。

一本がコブラ、もう一つがライダーシステム。
何か意味があるのでしょうか?!

 エボルはローグの攻撃を軽く受け止めると、圧倒的なパワーでローグを一蹴。変身を解除させてしまう。そんな幻徳にトドメを刺そうと強烈な一撃を放つエボル。が、その攻撃を息子を庇った氷室首相がまともに受けてしまった。

うわあ。首相。
やっぱり自分の息子なら必死に助けるよね(汗涙)

 思わぬ父の行動に「親父!しっかりしろ!」と取り乱す幻徳。そんな息子に氷室首相は「罪を償って、この国をもう一度建て直すんだ…」という言葉を残し息を引き取る。

若い世代に後を託す。それが自然の流れだけど悲しい…。

「親父!うおおおおお!」
 後には幻徳の悲痛な叫びが響き渡るだけだった。

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第33話 感想 私が見つけたこれからの展開の3つの見所

幻徳 良いヤツでしたね。前回から良いヤツオーラ全開で始まりましたが… 更に全開に成ってましたねw やっぱり仮面ライダーでした。

だがしかし、今回出て来た新しいのも仮面ライダー。この『仮面ライダーエボル』は完全な悪なのでしょうか?火星を滅ぼし、地球も滅ぼそうとしたエボルは完全な悪なのでしょうか?

いや、善悪ってその人の立場によって変わって来ますよね。

法律で善悪を判断することもあるので、その場合は基本的に変わらない筈ですが… ただ それも弁護士さんによって いろんな法の解釈がありますよね。法律ですら、少し判断が変わることがあります(汗)

それだからこそ、判例 判例 …って言って過去の判決を参考にすることが多いのでしょうけど。ブレる可能性があるからこそ、過去の判決を大切にするのでしょうね。

脱線しました(汗汗)w

話を戻しますと… 
『仮面ライダーエボル』は、完全な悪なのか?

正義とか 悪とか は立場によって変わると思うのです。

例えば、戦争。
ガンダムで言えば ジオン軍と 連邦軍!!
どっちが正しいとか言い切れないですよね。

英雄であると評価される者が、逆の立場からは悪魔とも呼ばれます。

例えば、地球を滅ぼそうとする者。
…地球人にとっては悪。
だがしかし、宇宙の意思が 宇宙を汚す存在として地球を失くそうとしていたのなら

それは善 に成るのかもしれませんよね。

火星を滅ぼして、地球も滅ぼそうとする理由。
それが、ただの悪だとは思えないのです。
エボルは知能も高そうですし

世界を滅ぼそうとする理由が気に成ります。
これが興味深い理由であることを期待しています。勝手にw
それが、ただの破壊衝動とかだったら呆然としますね。

まあ。基本はお子様番組なのですから、それもアリなのですけどね。
その理由次第で よりハマれるか? そうで無いか?
…が決まりますww

そして、仮面ライダーエボルを倒すために
また 更に強力なフォームや 仮面ライダーが現れるのでしょうか?
もう そろそろ そんなの止めにしませんか?

まあ。かずみんは、パワーアップさせてあげて欲しいですが…w

それよりもエボルの弱点を調査して、それを突くような方法で倒して欲しいです。
そこも どう描かれるのか? 興味深いですねw
ビジネスの面もあるので 新アイテムを売るために商売のために

新しいのが出て来るのも仕方ないのですけどね。
ただ、毎回は どうかな? それで売れてるのかな?
もし、そうで無いのなら 厳選したアイテムだけを出すとか

前に出たアイテムを新しい方法で使うとか
新しい方法でなくても その使い方を極める
…とかで倒して欲しいのです。

そうすれば、まだ買ってない方が買いたくなるかもしれません。
同じアイテムなら再販で少し値段下げてみるとかね(汗)

ただ単に新しいアイテムを出し続けるだけでは
結局は売れないのではないかと思うのです。
いかがでしょうか? バンダイさん。

↑バンダイさんに言うなっ(汗)(一人ツッコミ)

そう。その辺りもこれからの見所です。

まとめると…
私の考えた仮面ライダービルドのこれからの見所の一部は

・仮面ライダーエボルは、完全な悪なのか?
・エボルが火星と地球を滅ぼそうとする理由。
・仮面ライダーエボルを倒す方法は、どんなやり方なのか?

どんな展開、どんな脚本が用意されているのか?
非常に興味深く楽しみです。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。