BB戦士 234 ジオング(パーフェクト仕様)レビューと箱絵に近付けた

ガンプラ

BB戦士 No.234 の『ジオング(パーフェクト仕様)』を作ったのでレビューします。先に作った BB戦士 No.236 の『パーフェクトガンダム』繋がりです。やはりライバル機があると更に雰囲気が出ます。

果たして、「ジオング(パーフェクト仕様)」の実力はいかに…

それでは はじまり はじまり~ ↓

BB戦士 234 ジオング(パーフェクト仕様) レビュー

パッケージは、こんな感じです。 ↓

中を開けると… ↓


↑長め目のリード線は半分に切って使います。
 モノアイ用のピンクのシールも付いてます。

そいて、気に成った部分があったので
簡単な改造をしてみました。三箇所 あります。

先ず 最初は肩のアーマー部分

↑このままだと腕を真横に上げられないので ↓


↑削ってみました。詳しい箇所は ↓


↑赤い点線の囲った中の赤色部分を削っています。

次に
脚部の 高機動バーニアも より大きく動かせるよう 少し削りました。

↑削る前の画像ですが、向きが逆でした(汗)
まあ もう削ってしまったので仕方ないのですが…w


↑斜め45°の角度で削って行きました。詳しい箇所は ↓


↑ これも 赤い点線の囲った中の赤色部分を削っています。

最後にモノアイを後で貼り換えて位置を変えて遊べるように
別売のシールを使いました。

↑今 思うとピンクがあれば、より良かったです(汗)

そして、完成しました!
一回りさせてみます ↓ ↓

飛行姿勢です ↓


↑バーニアの部分は、こんな感じです。
何か 見るのちょっと恥ずかしいw

↓リード線を付けて 有線のサイコミュを再現できます。

頭部も外せます。 ↓


↑付属の脚に付け替えて、二の腕にも装甲を付けると… ↓


↑二の腕に 装甲を付けてます。具体的な箇所は… ↓


↑赤い点線で囲っている赤い部分です。

そして、
パーフェクトジオング の完成です ↓

やはり、ここはライバルである パーフェクトガンダム
と戦わせておきましょう ↓

次に箱絵のイメージに迫ってみました。
果たして どこまで出来るのでしょうか? ↓

BB戦士 234 ジオング(パーフェクト仕様) の箱絵のイメージに近付けてみた!

↓ 箱絵は、こんな感じです。


↑もう少し体を正面に向けてみましょう ↓

スポンサーリンク


↑ちょっと左側を下げてみましょう ↓


↑全体を少し後ろに傾けてみましょう ↓

いかがでしょうか?
少しは箱絵に近付いたでしょうか?


↑今回 使用したものたちです。背景と台は、nanoblockで作成しました。

まだまだ精進して行きます。
がんばります!!

↑かなり前のキットに成りますので、思いの外 高額で扱われているお店もあるかもしれません。その時は、いろいろ検索して納得できる価格のお店を探してみてください。

そして、今回もオマケのコーナー 
内容は ないよう(汗)の かなり脱力系ですので、ご覧に成られるときは ご注意ください。 ↓

勝手にSDガンダム劇場 2 ~哀戦士からの脱却~

ジオングをこらしめにやって来た V作戦三兄弟!


↑ガンダム「末弟・ガンタンクよ! 先に行って来い!」
ガンタンク「え~~ やだよ~~」


↑ガンタンク「普通 ここは長男・ガンダムが先陣切って行くもんでしょ!」


↑ガンダム「うっせぃ! ここは危険だから 弟が先だろうがよ…」
ガンタンク「分かりました。行きますよ。骨は拾ってくださいね(涙)」(とぼとぼ)


↑ガンダム「末弟・ガンタンク。死ぬなよ…」
ガンキャノン「あんた。鬼だ!(汗)」

     ーーーーーー 小一時間後 ーーーーーー


↑ガンタンク「脚がないもの同士。仲良く成りました~!」


↑ガンキャノン「三男・ガンタンクさん。凄過ぎる(汗)」
ガンダム「さすが…w」


↑ みんな なかよし~! わーーーあーーー ミュージカル風に終わるw

おしまい。

更に あなたのプラモデル生活が充実しますように。

ロボットアニメと特撮HEROのメルマガ登録フォーム

発行は、のんびりに成ると思いますが… ロボットアニメ・主にガンダムと 特撮HERO・主に令和&平成仮面ライダー について語るメルマガを発行したいと思います。読んであげてもいいよ♪って方は、登録をお願いします。
君はメルマガの涙を見る(ほんのりと意味不明 汗w)

只今、読者数 20名です!(2020年8月15日現在)
まだ、1号も発行していません汗 ←こら
今 登録されれば最初から読めますよ♪
↑ 上手いこと誤魔化した汗w

コメント

タイトルとURLをコピーしました