HG ガンダムX 109のレビュー

スポンサーリンク

人気がなくて打ち切られたとか言われている『機動新世紀ガンダムX』に出て来る主役機『ガンダムX』を作ってみました。そう言われても最終非対称のバックパックとか Xに見えるデザインとか …いろいろ格好良いです。

果たして、その実力や いかに…。

先ずはパッケージの紹介からです。↓

スポンサーリンク

HG ガンダムX 109のパッケージ

正面 ↓

側面 ↓


↑このデザインは反対側も同じモノです。

そして、組み立てます。↓

HG ガンダムX 109の組み立て

開封! ↓

ポログラムシールのアップです。↓


↑光の当て方によって、かなり綺麗に光りますね(微笑)

銀ピカシールのアップです。↓


↑左側の黒の細い線のシールは、ほとんど武器に貼ります。

取扱説明書です。↓

いつもやっている改造その1
安全対策のためにVブレードの先に少しパーツが付いています。↓

切って削って尖らせてみました。↓

いつもやっている改造その2
股のアーマーの部分なのですが…↓

真ん中のブブを切ります。↓

↑これで左右別々に動かせます。

それでは完成させてレビューして行きます。↓

HG ガンダムX 109のレビュー

完成した『ガンダムX』を一回りさせてみます。↓


↑墨入れや 一部 ポスカなどで塗装してます。

バックパックのこちらから見て右側には
バルカン砲があります。↓

砲身の向きを変えることが出来ます。↓

スポンサーリンク

バックパックのコチラから見て右側の先の部分は…↓

外す事ができます。↓

そして、ビームソードの刃を付けられます。
大型ビームソードの完成です。↓

バックパックのコチラから見て右下部分は…↓

外せます。↓

外したパーツのコチラから見て左上からスコープを出したり、
右側の先から砲身を引き出せます。↓

コチラから見て左下の部分にグリップを装着します。
シールドバスターライフルのライフルモードの完成です。↓

大型ビームソードを装備 ↓

シールドバスターライフルのライフルモードを
持たせてみました。↓

シールドバスターライフルのシールドモードは、
さっきのを変形させて作るのではなく
また別に付いてます。↓


↑シールドって感じに持たせてみましたw

リフレクターを開いて
ホバーリングモードです。↓

少し組み替えて…
サテライトキャノン発射! ↓

最初のガンダムと並べてみました。↓

新生ガンダムと並べてみました。↓


↑新生ガンダムの方が合っているような気がしますw

改めて作ってみると同じガンダムでも
かなり各部のパーツの形が変わっていますね。
それが面白いと思いました。

それとバックパックの部分が左右非対称で格好良いと思います。
いや、バックパックだけでなく全体的に
かなり格好良いガンダムではないでしょうか?

放送時間が早朝に途中で変更させたれたり、全話数が39話と他のガンダムシリーズに比べて少し少な目の話数だったため、打ち切りではと思われたりもしましたが…

そんなことはなく最初からの予定通りだったのです。風評被害にさらされたガンダムなのでした。ガンダム自体もかなり格好良いですし、作品も一度じっくりと観直してみようと思います。

あなたのガンプラライフが更に楽しく充実したものに成りますように。