ウルトラマンルーブ 第6話 感想 コマ姐は湊家の家族の一員だ!!

スポンサーリンク

湊家には四年に一度の恒例の行事があった。それは通称コマ姐と あっち向いてホイ の対戦を行うことだ。あっち向いてホイ だからと言って舐めてはいけない。この戦いに まだ湊兄弟は一度も勝利していなかったのだ。

果たして、今回の勝負は いかに…。

先ずは、公式あらすじの紹介からです。↓

スポンサーリンク

ウルトラマルーブ 第6話 宿敵! あねご必殺拳 公式あらすじ

あのコマ姐が帰ってくる! その人の名は小牧カオル。やんちゃだった湊カツミとイサミの兄弟が、子供の頃よく世話になった元警官だ。宿敵、そして恩人との4年ぶりの再会に、胸を躍らせる兄弟。しかし彼女は突如出現した怪獣メカゴモラに囚われてしまう! 屈強なロボット怪獣に、兄弟ウルトラマンはどう立ち向かう!?

引用元:ウルトラマンR/B(ルーブ)公式あらすじ ストーリーより

その先の展開を書きます。↓

ウルトラマルーブ 第6話 公式あらすじ の先

4年に一回の あっち向いてホイ の対戦にあっさり勝利したコマ姐。それが終ると激辛サンドを湊兄弟にふるまう。そして、辛さにまいっている二人を尻目に これからエジンバラだ!と直ぐに街を去って行ったコマ姐だったのに…。

暴れる怪獣メカゴモラの中にコマ姐が囚われているとは…。戸惑いながらもロッソは、風のクリスタルでウルトラマンロッソウィンドに変身。風の力でメカゴモラを抑えようとするも押し切られてしまう。

このままではコンビナートを破壊され街が危ない。そこでブルが、刃のクリスタルを使い、一か八か? ルーブスラッガーブルで攻撃。何とかメカゴモラを撃破する。負傷してはいたが、コマ姐も無事だった。

病院にお見舞いに行く湊兄弟。激辛サンドを土産に持っていたのだが… コマ姐には まだまだ辛さが足りなかったようだ。そして、コマ姐から一勝負の提案が…。受けて立つイサミだったが、またしても瞬殺される。

スポンサーリンク

いつもの平和が訪れたのであった。

以上

それでは、感想です。↓

ウルトラマンルーブ 第6話 感想 コマ姐は湊家の家族の一員だ!!

新たに現れたキャラクター コマ姐。女版ジャイアンかと思いきや… そうではなくて、母の居なくなった湊兄弟を深い愛情で包み込む恩人でしたね。下手な言葉で励ますより、勝負してみたり 二人に厳しくするコマ姐。

それも素敵な愛情表現だったのですね(微笑)それが、ちゃんと二人に伝わっていたのが良かったです。相手を想ってやったことが相手に伝わらないことほど悲しいことは無いですから。ちゃんと伝わっていて良かった。

それだけ湊兄弟が素直にスクスク育って来た証拠でもあったのですね。そんな素敵な環境の街を 母親のミオさんは どんな気持ちで去って行ったのでしょうか?きっと止むに止まれぬ事情があったのだとは思いますが…

その辺りの様子が、これから どのように描かれるのか?更に注目して行きたいですね。

ところで、世界を旅するコマ姐。愛染社長の陰謀?でメカゴモラに囚われ 結果的に負傷することに成ってしまいましたが… こんな形ででも一時の休憩が出来て もしかしたら 良かったのかもしれませんね。

そして、自分たちのような子どもを守るために世界を飛び回っているんだと思うと湊兄弟に思われているのも良かったですね。どんだけコマ姐を慕ってるんだとも思いましたw お互いに思い合っていて、血は繋がっていませんが…

コマ姐と湊家は、もう十分に家族ですよね。こんな温かい関係を育む綾香市…って素敵な所ですね。だがしかし、そんな素敵な所に 怪しい動きをする愛染社長。彼の意図することは何なのでしょうか?

湊兄弟を鍛えるために怪獣を送り込んでいるのか?
それとも綾香市を支配するためなのか?
いやいや、日本 いや世界侵略の前哨戦なのか?

もしかしたら、母・ミオに頼まれてのことなのか?
この先に待ち受ける絶対的な悪を倒すために鍛えてくれと頼まれたのか?

…真相は、まだまだ分かりませんが、どのように転がって行くのか?
今後の展開にも目が離せませんね。

ところで、次回は恩人であるコマ姐を死なせていたかも?…っていう恐怖で変身できなくなったイサミの回のようですね。そんなに恐怖を感じるほどの描写が今回無かったように思ったのですが…

あのルーブスラッガーブルをイサミが放った瞬間 そんな恐怖と戦っていたのでしょうか?
気に成ります(汗)次回も目が離せませんね(微笑)

あなたのウルトラマンルーブ視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 超空間 より:

    ブルはおこちゃまなメンタルとバカにされていましたが、それがコマ姐との戦いの躊躇に繋がったことはビックリしましたね。イサミは子どもっぽいでしょうが、だからこそ家族を失う苦しみは人一倍感じやすそうですし。
    お母さん代わりになっていたコマ姐が旅に出た時、子どもの頃のイサミは人知れず泣いていたりしたのかなとも予想しちゃいますね。

    • プラ特丸 より:

      超空間さん コメントありがとうございます。
      返信遅れてしまい申し訳ありません。

      コマ姐としても幼いイサミをより可愛く思い
      より可愛がっていたのかもしれませんね。
      お母さんが居なくなっても

      それに代わる存在の方が居られるって
      …全てを賄える訳ではありませんが…
      素敵なことですね(微笑)