ダーリン・イン・フランキス 第15話 感想 ヒロとゼロツーは分かり合うことが出来るのか?だがしかし…

スポンサーリンク

片方しか羽を持たない鳥。それは、もう一方だけに羽を持つ鳥に出会い、お互いに力を合わせることで初めて飛べるのです。ヒロはゼロツーに想いを伝えることが出来るのでしょうか?そして、ゼロツーも…

果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじ とその先の展開の紹介からです。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・フランキス 第15話 『比翼の鳥』公式あらすじ

ゼロツーがミストルティンから去った後、13部隊は、グランクレバスという叫竜の一大拠点を制圧する作戦に参加することとなった。
この拠点を奪取できれば、叫竜との長きにわたる戦いは一気に優勢に転じる。APEにとっては重要な作戦であった。
他の多くの移動要塞都市、およびそこに所属する多数のフランクス部隊も戦いに投入される。その中には9’sとともに行動するストレリチアの姿もあった。
一方、パートナー不在となったヒロは、出撃する13部隊の仲間たちを見送って一人だけ13都市に残る。そこへフランクス博士が現れて……。

引用元:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト STORY

暴走状態のスタンピード・モードの獣のような形態で暴れまわるゼロツー。
その中には輪郭溶けて人間じゃなくなる恐怖に怯えながら戦うゼロツーが居た。
ナインズもフランキスも圧倒的な力を見せていた。

昔 13部隊と一緒に戦った26部隊の姿も。
凄い活躍を見せる13部隊の面々。
26部隊のリーダー090はつぶやく。
「13部隊か?!
 あいかわらず心強い。
 皆 体制を整えるぞ」

そんな中、叫竜の中には、とてつもない大きさのモノが潜んでいた。
ソイツが現れ、都市を破壊して行く。
その標的に13都市が…。

13都市に進む超巨大な叫竜。
そこにゼロツーに会うために一人訓練機で進むヒロの姿が…。
途中で壊れて進めなくなる。

そこにゴローとイチゴの デルフィニウムが現れる。
ゼロツーに会わせたくないイチゴだったが、

ゼロツーとヒロの姿をもう見てられない。
イチゴもゼロツーのこと気に成ってるんだろ
…とそれを止めるゴロー。

ハッチを開き、ヒロと操縦を交代するゴロー。
ヒロはデルフィニウムを操る。
イチゴの中に流れるヒロの想い。

そこにはゼロツーのことばかりだった。
叶わないと悟るイチゴ。
ヒロはゼロツーの所に向かう。

オトナたちは、超巨大な叫竜を止めるために
26部隊に『プロトコル32』を命じる。
ためらいながらもリーダーの090は、それを実行する。

『プロトコル32』…それは自爆作戦だった。

ゼロツーのスタンピード・モードのストレリチアに辿り着く。
だがしかし、そこでイチゴはゼロツーに戦いを挑む。
そして、イチゴは言う。

スポンサーリンク

『ヒロをゆずってあげるんだから
 あんたは いい加減 しっかりしなさいよ!』

ストレリチアに乗るヒロ。
そして、二人は誤解を乗り越えて理解し合う。
二人は同じ境遇なんだと。

あなたじゃなきゃダメなんだと。

スタンピード・モードのストレリチアを狙う叫竜たち。
そのとき、ストレイチアはスタンピード・モードから
赤いストレリチアに変る。

お互いのことを大好きだと話しながら
叫竜を倒して行くストレリチア。
そこには、やっと分かり合えたヒロとゼロツーの姿があった。

ダーリン・イン・フランキス 第15話 感想 ヒロとゼロツーは分かり合うことが出来るのか?だがしかし…

最初は13部隊のことをバカにしていた26部隊が、
今は13部隊のことを認めて信じていたのが嬉しかったのですが…
26部隊は、そんな13部隊に後を任せて自爆させられて

しまうなんて…。そんな26部隊の冥福をお祈り致します。
彼らは幸せだったのか?

そんな中、ヒロとゼロツーは やっと話すことが出来ました。
謝るゼロツー。ヒロもゼロツーに酷いことを言ったと謝ります。
そして、あのときは出来なかったけど

今度こそ 二人で外の世界を見よう!と話すヒロ。
赤いストレリチアに変り、叫竜を倒して行くのです。

…なんかスッキリしました。
やっとお互いの想いを伝えることが出来て良かった。

『僕は君と出会えてよかった。
 大好きだ!』とか言い合うのです。
ちょっと痛い気もしますが…w…
それがお互いに思える存在って素晴らしいですね。

人は、そんな相手を探して彷徨うのです。
自分だけが、そう思う相手なら もしかしたら沢山現れるかもですが…(汗)
そうでは無くて、お互いに思える存在ってことが大切で

難しいことなのです。
そう思い合える存在が見つかるなんて素敵ですね。

幸せオーラ出てましたww

だがしかし
26部隊のことを思うと
素直には喜べない部分もあります。

そして、叫竜の壊れたコアの中からは
何と… 人が溶けたようなオレンジの物体が出て来たのです。
もしかして、叫竜は人の成れの果ての姿なのでしょうか?!

幸せな二人と そうでなさそうな人々
…何かこの対比が、これから先の
ただ上手く行くでけじゃないことを暗示させてそうで

少し気に成りますね(汗)

…二部が終わったようです。

果たして、この先に待つ展開は どのようなモノなのでしょうか?
来週も楽しみですね。

あなたのダーリン・イン・ザ・フランキス視聴ライフが更に充実して楽しいものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする