ウルトラマンルーブ 第3話 感想 名言を残す社長は憎めないw

スポンサーリンク

母ミオの残した記録に変身に使うメダルと同じ絵が描かれていたことに気付いた湊兄弟。ミオと一緒に共同研究をしていたアイゼンテックの愛染社長の下を訪れることにした。果たして、そこで何か手がかりが掴めるのだろうか?果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

ウルトラマルーブ 第3話 アイゼンテックへようこそ 公式あらすじ

物語の舞台「綾香市」にそびえ立つ大企業「アイゼンテック」の愛染マコト社長を訪ねたカツミたち三兄妹は、最新のテクノロジーに歓喜する。そんな中、失踪した自分たちの母親が、かつて愛染社長と共に「ある」研究をしていたことも明かされ驚きを隠せない。しかし、街に怪獣ガーゴルゴンが出現。光線で何でも石にしてしまう強敵に兄弟ウルトラマンはどう立ち向かう?

引用元:ウルトラマンR/B(ルーブ)公式あらすじ ストーリーより

その先の展開を書きます。↓

ウルトラマルーブ 第3話 アイゼンテックへようこそ 公式あらすじの先

怪獣の放つ光線がビルの窓に当たり跳ね返された。それがブルに当たり一瞬 ブルが石化してしまう。それを見ていたロッソが思いつく。ロッソがブルとクリスタル交換を頼み、モードをチェンジ。

スポンサーリンク

ロッソは、ブルに自分の後ろにつき、合図をしたら怪獣の目を狙うように言う。怪獣が石化光線を放つ。ロッソが、それをシールドで怪獣の足元に反射。怪獣の足が石化し動きが止まる。ブル「こういうことね」

ロッソ「今だ!狙え」
ブルが怪獣の目を切り裂き、怪獣を撃破。
先に飛んで行くブル。

ロッソ「いきなり何故飛ぶんだよ」
ブル「だって一年去ったら空を飛べだろ」

アイゼンテックを訪れたときに社長が語っていた名言であった。

以上
それでは、感想です。↓

ウルトラマンルーブ 第3話 感想 名言を残す社長は憎めないw

もう愛染社長が、めっちゃ怪しいですよね。
怪獣を倒した後、それがメダルに成ったのか?メダルを手にしてコレクションに加えるような愛染社長の描写があったり、

また素質あるとスカウトしている描写… スカウトした素質ある人物を怪獣にしているように思われる …があったり

…怪しさ満開ですよね(汗)w

元々 湊兄弟の母・ミオと一緒に 綾香市の研究をしていたので、そのときに怪獣を生み出す方法を見つけたのでしょうか?それを気付いた母が研究を悪用されるのを恐れて研究成果と一緒に身を隠したのでは…

…という推測は月並みですが、そんな感じに成りそうですよね。

また、考えられるのは 研究しているうちに その研究を凄さを気付いた愛染社長が、それを一人占めするためにミオを拉致し幽閉。失踪に見せかけたとか。…これは、ちょっと展開に無理があるかな(汗)w

先に書いたのが普通に正解っぽいですが… もうそうだとしても、愛染社長は、ただの悪役には成って欲しく無いですね。何か憎めないキャラクターなので。なんたって、空から自分のい発明品で飛んできて登場し

「一難去ったら空を飛べ」という名言を残した方ですからねw

実は更に悪いヤツが現れて、その者を倒すために最後には港兄弟に手を貸すような展開に成ると熱くて良いなぁとか思っています。果たして、謎のキャラクター アイゼン社長が これから どのように描かれているのか?それも今後の見所ですね(微笑)

あなたのウルトラマンルーブ視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

コメント

  1. 超空間 より:

    マコト社長は怪しさ全開でしたが、やはりこの物語の謎を担う人物だったとは……この分だと、湊兄弟がウルトラマンだってことも知っていそうですよね。
    ただ、街の人や社員からは慕われているので、ただの悪人という訳ではなさそうですよね。だからこそ、道行く人を片っ端からスカウトするシーンの怪しさが増えていきますが……
    ブルが社長の名言のまま、戦いの後に空を飛んだシーンは少しだけ笑ってしまいました。

    • プラ特丸 より:

      超空間さん コメントありがとうございます。
      そうですよね。仮に悪役としても、ただの悪役には成ら無さそうですよね。
      むっちゃ 市民に慕われてますからね。

      そうそう。イサミですら、社長大好きですからね(笑)
      そんな愛染社長の扱いがどのような物になるのか?
      ワクドキして見守ろうと思います。