ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話 感想 ゼロツーは私らより人間に成ってない?!

スポンサーリンク

侵略者VIRMの策略で爆弾と化してしまったストレリチアと融合したスターエンティティー。ヒロを助けに、そしてヒロとの約束を守るためにヒロのもとに向かうゼロツー。それを助ける仲間たち。

果たして、ゼロツーはヒロの所に辿り着き、ヒロを救うことが出来るのだろうか?

先ずは、公式あらすじと その先の話の紹介です。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話 『大好きなあなたのために』公式あらすじ と その先

コード001――叫竜の姫によって乗っ取られたストレリチア。これを鍵として、スターエンティティは叫竜の制御の元、起動してしまう。
だがそんなニンゲンと叫竜の決戦の場に、突如として空から謎の存在が降り立つ。VIRMと名乗るその存在を、叫竜の姫は“侵略者”と呼び、敵意を剥き出しにする。
叫竜もニンゲンも関係なく無差別に攻撃するVIRM。APEは壊滅し、コドモたちは自分がなにと戦うべきか分からなくなってしまう。
一方、ストレリチアを奪われた形のゼロツーは、自身と叫竜の姫との衝撃的な因縁を博士から聞かされて……。

引用元:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト STORY 第21話

続きを書きます。

博士はゼロツーに話す。叫竜の姫… あれは叫竜人最後の生き残りだと。

スターエンティティ-の内部で叫竜の姫にヒロは、侵略者VIRIMのことを聴く。それは突然 現れ、肉体と捨て一つに成れと言って来た。それに対抗した人類と戦争に成ったのだった。人類は肉体を不老不死にし、力ない者はエネルギーに姿を変えた。

兵器と化した人類は、どんどん強さを求めて進化して行った。戦争が終わったとき、人類には戦うことしか残っていなかった。そして、戦っていた相手は先鋒で、その後に本隊が控えているのことを知ったのだった。

博士からゼロツーは、叫竜の姫の遺伝子を持つ複製品だと聴かされる。そして、ゼロツーを複製しようとしたのだが、それは上手く行かず 叫竜の血を受け継げたのはゼロツーだけだったのだ。

「じゃあ。行くよ」と話すゼロツー。それは罠かもしれないと話す博士だったが…

「それが何?
 ダーリンと約束したんだ」と話すゼロツーに博士は期待した。叫竜の姫、ヒロ、ゼロツーの三人が揃うことで何かが起きることを。

そこに13部隊が現れ、ゼロツーと博士を運ぶことに…。

次々に傷つき 倒れて行く仲間たち。
だがしかし、彼らは決して諦めない。ゼロツーをヒロのもとに届けることに全力を尽くすのだ。

スポンサーリンク

なぜ 無駄なのに抗おうとするのか? 不思議に思う叫竜の姫にヒロは言う。喜んだり 怒ったり 悲しんだり 楽しんだり …そんな普通の生活が幸せなのだと。だけど、死んでしまったら全部 何もかも失ってしまう。

何もかも無くなってしまう。
そんなの嫌だ。
俺は、戦うために生きるんじゃない。生きるために戦うんだ。

叫竜の姫は、それを聴いてヒロとゼロツーに自分の全ての力を委ねることにした。二人に懸けてみたくなったのだ。

そして、やっとのことでゼロツーはダーリンのもとに辿り着く。呼びかけても全く応えないヒロにゼロツーは絶望しかけるが… ダーリンは生きていた。そして…

ストレリチアは、ストレリチア アバスに姿を変え、一撃で地球周辺にいたVIRIMを撃破する。一端 引こう。だが再び現れる。そのときは全戦力を持って地球を消滅させようと言い残してVIRIMの残存戦力は去って行った。

「やったよ。ゼロツー」とゼロツーに声を掛けたヒロ。
だがしかし、ゼロツーからの返事はなくゼロツーのツノにヒビが入り割れるのであった…。

以上
私の解釈で勝手に続きをまとめてみました。

それでは、感想です。↓

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話 感想 ゼロツーは私らより人間に成ってない?!

もしかしたら この部分が何のアニメに似てるとか 何のシーンに似てるとか 何の設定に似てるとか …言われる人も おられるかもしれません。

私はゼロツーの言葉を借りて言いたい。
「それが何?」と。

そんなことはどうでも良いのです。私にとってはね(微笑)それよりも観終わった後に何か楽しい気分に成れるか? 爽快感が残るか? 何か考えさせるモノがあるか? 今の現状に感謝できるように成れるか?

そんなことが大事なのです。

博士が、自分のしたことをゼロツーに話し 許せとは言わん。恨むが良いと謝罪の言葉を言うのです。それに応えてゼロツーは
「ボクを作ってくれて ダーリンに会わせてくれてありがとう」と言うのです。

ゼロツー 素直に成ったね。
あれだけ人間じゃないことを恨んで、普通の人間に成ることに必死だったのに…。
博士は言います。

「いつの間にか人間らしく成ったな」

感謝の言葉を言える。これって素敵なことですよね。何か私も少し その気持ちを忘れていたような気がします。恥ずかしながら…。ゼロツーは、もしかしたら私たちより人間らしい人間に成っているのかもしれないですよ。

感謝の気持ち 忘れちゃダメですよね(微笑)

少し斬新な設定の中で、捻った物語が綴られるのか?と思いきや そうではなく、かなりストレートな話に成って来ましたね(微笑)これが、そのまま真っ直ぐに進むのか? 何か捻って来るのか?

それとも更に予期できない方向に進むのか? 
残るは、あと四話!!
来週も楽しみです(微笑)

今までの話を見直してみたい方には…

あなたのダーリン・イン・ザ・フランキス視聴ライフが更に充実して楽しいものに成りますように。