HG 1/144 ガンダムピクシーのレビュー

スポンサーリンク

普通のお店では買えない『プレミアムバンダイ』って言う特別のサイトから注文できるガンプラの『ガンダムピクシー』が届いてたので組み立ててレビューしてみます。

果たして、格闘専用ガンダムの実力や いかに…。

先ずは、パッケージの紹介です。

スポンサーリンク

HG 1/144 ガンダムピクシーのパッケージ

特別感を出す為か? プレミアムバンダイの商品のガンプラのパッケージは単色です。丁寧に書くと私が注文したプレミアムバンダイからのガンプラは全て単色だったので、多分 ガンプラは全部 そう成っていると思われます。↓

それでは、開封して組み立てて行きます。↓

HG 1/144 ガンダムピクシーの開封の儀

開封! ↓


↑ここまでのランナーは、ガンダムピクシー専用のものです。

↓このランナーは、陸戦型ジムの流用に成ります。

銀ピカシールのアップです。↓


↑私の撮り方が悪くて、画像が白っぽく成っていますね。申し訳ありません。
実際は、もう少し色が付いています(汗)ランナーの色はもっとグレーでした。
↑こちらのランナーは、真ん中がガンダムピクシー専用、右側のが陸戦型ジムのもの、左側がポリキャップに成ります。

マーキングシールのアップです。↓

取り扱い説明書です。↓

いつも行っているプチ改造ですが…
Vブレードの先端のデッパリを…↓

カットして削って無くしました。↓

股のアーマーは↓


真ん中を切り離します。↓

↑これで股のアーマーを左右別々に動かせることが出来ます。

それでは完成させてレビューして行きます。↓

HG 1/144 ガンダムピクシーのレビュー

完成した『ガンダムピクシー』を一回りさせてみます。↓

スポンサーリンク


↑左肩のハートに矢のマークが特徴の一つですw

腰にあるビームダガーの柄を…↓

抜いて↓

刃を刺すとビームダガーの完成です。↓

刃を激しい感じのモノに変えることも出来ます。↓

マシンガンは、二丁付いてます。↓
本体(右上)の下に取り付ける柄は、マシンガンのみのモノと(右下)と持ち手の付いたモノ(左真ん中)の二種類があります。
更にその持ち手の付いたモノの下にはマシンガンのみのモノ(真ん中下)か、ビームダガーの柄を選んで付けることが出来ます。↓


マシンガンのみにしたモノ↓

マシンガンに持ち手を付け、その下に普通のマシンガンの柄を付けたモノ↓

マシンガンの持ち手の下にビームダガーを付けたモノ↓

勿論、ビームダガーを選ぶとその先に
ビームダガーの刃も付けられます。↓

激しいのもね↓

それではマシンガンを持たせてみましょう↓

ガンダムX(左)と並べてみました。↓

元々は、懐かしいスーパーファミコンの1995年発売のゲーム『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』に登場したガンダムです。接近戦用の地球のみの運用のガンダムで、この機体をアムロ・レイに届けようとする輸送部隊が、

ジオン軍のはぐれ部隊に襲撃されて、ガンダムを守るために戦うってシナリオで活躍するのです。それは通常の一年戦争のシナリオをクリアーした後に遊べるオリジナルシナリオでした。

でも思うんですよね。アムロが、この機体に乗るかな?と。色も紫が入っていて独特ですし、何より地球戦用です。届けられても そのまま使うことは無かったんじゃないかな?少なくとも色は塗り替えてそう…とか妄想も捗りますww

キットは、中々ガッシリ目のガンダムではありますが… 最近のフォーマットで良く動きますw 新生ガンダムが細めだったので、良く動いて少しガッシリしているこちらのガンダムを好む方も結構 おられるのではないでしょうか?!

ただ、初代ガンダムと かなりデザインは違ってますけどね(汗)

あなたのガンプラライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。