HG ジムIIIビームマスターをレビューして箱絵のポーズを取らせてみた!

スポンサーリンク

『ガンダムビルドダイバーズ』中々 面白いですよね。
今回は主人公リクの相棒ユッキーの機体『ジムIIIビームマスター』をレビューしてみました。これは、後に始まるであろうフォースバトル(チーム戦)に備えた

後方支援に特化した機体です。思い切り特長を付けられているのが面白い機体ですね。そして、このジムIIIビームマスターの実力や いかに…。

先ずは、パッケージから見て行きましょう。↓

スポンサーリンク

HG ジムIIIビームマスターのパッケージ

正面

側面

フォースバトル中の絵でしょうか?!
後方支援の実力を思い切り全力で発揮中の様子ですね。
妄想も捗りますw

それでは開封して行きます。↓

HG ジムIIIビームマスター開封の儀

袋ごとにランナーを出して並べてみました。↓

シールのアップです。↓


↑多過ぎず少な過ぎず 適度な感じで良いですね(微笑)

それでは組み立てて行きます。↓

HG ジムIIIビームマスターをレビュー!

毎回やっているのですが…


股のアーマーの支柱の真ん中だけをカット↓

↑これで左右別々に動かせるように成ります。
 ちょっとしたことですが、おススメです。

完成した『ジムIIIビームマスター』を
一回りさせてみます。↓

↑左右のふくらはぎの横にそれぞれ付いているパーツが
少しポロリしやすいですね(汗)
細く切ったセロテープをパーツの支柱に巻いてみるのもいいかも。

スポンサーリンク

どの位 巻くかは調節が必要ですが…。

いろいろなポーズを取らせてみます。↓


↑ビームスプレーガンなのかな?
取り回しが良さそうな武器も付いてますw

何か つい結構やってしまうXのポーズ↓

↑ビームサーベルは二振り入っています。
ビームサーベルの刃が、『ガンダムダブルオーダイバー』のお尻に付いているビームサーベルの柄にも付けられるかな?

…と見てみたのですが、ガンダムダブルオーダイバーのビームサーベルの柄の穴が大きくて無理でした。この辺りは連動させて使えるようにして貰えていたら更にグッドだったのですが…

まあ。そこは贅沢な意見かもしれませんね。
ガンダムダブルオーダイバーの柄の穴を少し詰めれば使えそうですね。
そこも このビームサーベルの刃の下の支柱の部分に細く切ったセロテープを巻くと行けそう。要微調整ですが。

後方支援に徹しているユッキーの機体ですが…
もし、ユッキーが本気を出して前線で戦う機体を作ったらと思って
妄想で組んでみました♪ ↓


余剰パーツで ふくらはぎ、膝、ここから見て右側の肩に乗っているランチャーの射出口、シールド …などを交換してみました。

あと、シールド本体は 組めるのですが持たせるパーツが入っていないので、そこは他のガンプラから持って来て使いました。

それでは、今回も箱絵のチャレンジをして行きます。↓

HG ジムIIIビームマスターの箱絵チャレンジ!!

普通に立たせてみたジムIIIビームマスターさん ↓

今回目指す箱絵はコチラです。↓

それでは、
レッツ 箱絵チャレンジ! ↓


ライフルを少し下ろしてみましょう↓

更にライフルを下ろしてみましょう↓

ここから見て右側の足をもう少し前に↓

もう少ライフルを下げてみましょう↓

いかがでしょうか?

大分 箱絵のポーズに近付いたと思うのですが…
更にやるなら こちらから見て右側の拳を握り手に変えてみたり
もう少しこちらから見て左側の太腿を上に上げてみたり

…などなどキリが無いですね(汗)w
だがしかし、そうやって色々 調整して行くのも楽しいですね。
まあ。今日はこの辺で許してやってくださいww

ユッキー好きや ジム好き いや、そうでなくても十分楽しめるキットです。ジムは、本当に汎用性が高く、また特化させることもできる素敵なモビルスーツですね。特化機体を更に極めたり、逆に汎用性を更に高めた機体を作るのも面白そう。

そんなときの素材にも十分に使えるキットだと思います。また、機体色のオレンジも良い色で気に入ってます。まあ、これは思い切り個人の好みなのですがww

あなたのガンプラライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする