HG モモカプルのレビュー SDガンダムとは異なる可愛さを追求

スポンサーリンク

『ガンダムビルドダイバーズ』のリクたちの仲間のモモちゃんの操るモモカプル。それは他のガンプラとは一線を画するガンプラでした。

では、何が一線を画していたのか?レビューして行きます。

先ずは、パッケージの紹介から ↓

スポンサーリンク

HG モモカプルのパッケージと開封の儀

正面↓

側面 ↓

開封!

中身は、こんな感じです。↓

モモカプル取扱説明書と 
ガンダムビルドダイバーズのBlue-rayとDVDのチラシ ↓

付属のシールのアップです。↓


↑目の部分は、何パターンかあるシールから選んで貼る形ですね(汗)
それが嫌だったので完成後も付け替えられるようにしたいと思います。

それは改造っていうほどのものか?は怪しいので
『ぷち改造』と呼んでみたのですがw… それを紹介します。↓

HG モモカプルの ぷち改造

目の部分のパーツにシールを貼るのではなく…

黒のガムテープを貼ってみました。
シールに比べて はみ出てる所は切っても大丈夫です。↓

シールの上に0.3ミリのプラ板をあわせ、目の形を鉛筆でなぞります。
ハッキリ見えないときは適当でw ↓

こんな感じに成りました。↓
一番右の困ったときに使う目や その左の光っている目 などは
ハッキリ見えなかったので適当に書いてますww

裏返して…↓

色をポスカで塗りました。↓
鉛筆の線より外に成るように塗ってます。この後 切り取りますので白い所が無くなるようにするために。
裏返して塗ったのは鉛筆の線が見えないようにするためです。

鉛筆の線で切り取りました。↓

両面テープを貼って↓

余った部分をハサミで切りました。↓

完成した目たちです。↓
通常の目が無いのは、写真撮る前に本体に貼ってしまったからです(汗)
まあ。両面テープだから取ることも出来ますが…
面倒だったので そのままですww

それでは、組み立ててモモカプルを完成させます。↓

HG モモカプルのレビュー SDガンダムとは異なる可愛さを追求

完成したモモカプルを一回りさせてみます。↓

両腕を外してフタを閉めて…
丸まりモード ↓

少しフタを開けてみましたw↓ かわいい

更に…
フタを開けると…↓


↑プチカプルが入っています。

取り出して…↓

スポンサーリンク

プチカプルを無残にも分解w ↓

↑プチカプルのパーツ(左下)に手と足が付いているので
それを外し、組み立てます。↓
完成!!
プチカプル!

一回りさせてみます。↓


↑頭の横 少しバリが残ってますね(汗)
バリだけにバリ ショック!!w
 ↑滑りました。すみませんww

腕が取れたときには…↓

大概、
肩のポリキャップが下を向いていると思いますので…↓

鉄ヤスリの後ろなど
硬いけど弾力があるモノを使って…↓

上に上げてあげます!
ピンセットとかで摘まむとポリキャップが破損することも
ありますので、ご注意ください。↓

↑この状態で付けると外れにくくなるかなと…。

だがしかし、これでも外れるので
腕の肩との接続する部分にセロテープを巻いて
少し太くしてやるのも良いかもw

それでは、目のパーツをピンセットを使って外して
他のモノに付け替えて行きます。↓


↑これがジオンのモビルスーツだww …って感じに成りますねww


↑『ロボコン』臭漂うロボットに…W
えっ!? ロボコン知らない?(汗汗)
大昔にやっていた特撮番組ですww


↑目を変えただけなのに かなり悪役っぽく成って来ました(汗)w


↑きら~ん!w


↑もうダメだ~~~! …って感じでしょうか?!w

保存用にプラ板に貼りました。↓

良い歳のおっさんなんですが…
一人でかわいい かわいい と呟きながら作ってました。
女性の方なら更に そう思われるのでは… w

そして、この可愛さは SDガンダムの可愛さとは別の種類ではないか?
と私は思うのです。飽く迄も私の勝手な意見ですが…
SDガンダムは、基本的に全てを可愛く縮めたモノって気がしています。

まあ。少しスタイリッシュなSDガンダムも居ますけども…w
そして、このモモカプルは そのようなアプローチではなくて
純粋に可愛い形を追求したように思うのですww

それは取扱説明書にも「限界まで可愛さを追求した」と書かれてます。
可愛さは、全てを縮めなくても得られますよね。
そんな別のアプローチの可愛さも良いですねw

関節の可動範囲は、若干 少な目ですが…
それを補って余りある可愛さに溢れたガンプラですww
あなたも お一つ いかがでしょうか?

そして、モモカプルに思うこと ↓

がんばれ!モモカプル

只今 編集中です。完成まで暫くお待ちください。


「ガンダムビルドダイバーズ」の第8話の感想でも書いたのですが…
ガンプラは自由だ!ですよね。
…であるのなら、強さや 格好良さだけを追求しなくても良いですよね。

そしてガンダムビルドダイバーズの物語の中では
主人公たちはチームを組んで戦います。
その戦いの中で 強いチームが良いのか?

楽しいチームが良いのか?
出来れば強くて楽しいチームが最強でしょうけど…
そうも言ってられないとき

どうするのか?…って問題が湧いてきました。
飽く迄も私の中でですが…ww
その中で このモモカプルは可愛さを追求したガンプラです。

それの副次的な産物としてスピードと機体強度が元のカプルより
大幅にアップしているようですが…

もし、物語の中で主人公のリク君のチーム「ビルドダイバーズ」が
大敗北を喫したときに…

可愛さなんて悠長なことを言ってられない
…と成るのか?成らないのか?
見物なのです。飽く迄も私的にですが…www

そんなとき、自分たちの好きなガンプラを作って
楽しんで勝つことを考えられるチームだと良いなと思うのです。

果たして、リク君たちのビルドダイバーズは、どうなのでしょうか?!

あなたのガンダムビルドダイバーズ熱が更に激しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする