BB戦士 238 ゴッグ&アッガイ&ゾック のアッガイのレビュー

スポンサーリンク

前回のゴッグに引き続き、BB戦士 238番の 『ゴッグ&アッガイ&ゾック』の今回は アッガイのレビューです。パイロットがアカハナでお馴染みのアッガイ。また、廉価版水陸両用モビルスーツでありながら偵察任務が得意だという癖のある機体です。

果たして SDのアッガインさんの出来は、いかがだったのでしょうか?
それでは はじまり はじまり~ ↓

スポンサーリンク

BB戦士 238 ゴッグ&アッガイ&ゾック のアッガイの作成

BB戦士 238番 『ゴッグ&アッガイ&ゾック』の中を紹介した甲斐風の儀はコチラです⇒『BB戦士 238 ゴッグ&アッガイ&ゾック のゴッグのレビュー』の『BB戦士 238 ゴッグ&アッガイ&ゾック の開封の儀』

そして、作っている中で感じたことを書いて行きます。

先ず、口の部分に黒、足の裏に灰色と金色を塗りました ↓

モノアイなのですが… そのままシールを貼っても良いのですが… モノアイを動かせるようにしたかったので…

前回 ゾックの使ったモノアイの分だけ使用したシールを使います ↓

そのシールの上に0.1ミリのプラ板を乗せます ↓

↓ 赤丸で囲ったのは前回のゴッグで使った残りです。アッガイのモノアイのシールと比べると若干 大きいのですが、その赤丸の部分のシールを剥がした跡を極細マジックでなぞり、ニッパーなどで切り取ります。

切り取ったプラ板を両面テープで貼り付け、ピンク色を塗りました ↓

モノアイの完成です↓ いえ、既に本体も完成してますが…(汗)w

そして、塗装した箇所の紹介です。
↓頭部のバルカン砲 四門。

↓胸部と腹部の筋掘り。赤丸つけるの忘れてましたが…両腕の先も墨入れしました。腹部は、設計図に習って満遍なく塗るのではなく、一部分から光が当たったような影の付け方をしました。特にハッチの所です。

↓同じように背面も塗りました。一部分ですが…(微笑)そして、背中のバーニヤ二基とも中を赤く塗りました。

そして、完成してのレビュー ↓

BB戦士 238 ゴッグ&アッガイ&ゾック のアッガイのレビュー

いつものように一回りさせてみます。↓ ↓

↓首が少し上を向きます。

スポンサーリンク

↓今回は左ですが…左右にも動かせます。

右腕の爪の部分を… ↓

差し替えで伸ばせます。↓

更に差し替えで腕も伸ばせます。↓

↓爪の部分のパーツを戻すと爪が引っ込んだのを再現できます。

↓膝も結構 可動します。また赤丸部分は黒で塗りました。

自由にポーズを取らせてみました。↓


↑何か良い物みつけたっぽいw

ガンプラのSDでない方にアッガイも持っているのですが、それも右腕しか爪が伸びないし、腕も右腕しか伸びないので きっと設定では両腕伸びるけど経費削減なのかなと思ってました。

だがしかし、それは違いましたね(汗)設定どおりだったのですね。

脚は、他と同じで そんなに動きません。腕は、胸部に沿って付いている感じなので 腕も そんなに動きません。『機動戦士ガンダム』の話の中で、アッガイと知らずに カツ、レツ、キッカの三人の子どもたちが 頭の上を歩くのですが…

そのときのかわいらしい縮こまったポーズも残念ながら取れません(汗)
だがしかし、かわいいです。それが全てって気もします。かわいいアッガイさん 一家にお一つ いかがでしょうか?(微笑)

そして、オマケのコーナー! 
内容は ないよう(汗)な 脱力系ですので、ご覧に成られるときは ご注意ください。 ↓

勝手にSDガンダム劇場 9 ~アッガイ先生のスパイ活動セミナー~


↑アッガイ先生「はいっ! それでは皆さん。よろしいですか? スパイ活動で重要なことの一つをお教えします。是非 出来るように成ってくださいね。それは…」


↑アッガイ先生「腕を伸ばして爪も伸ばすことです。こんな感じで。武器にも成りますし、天井に打ち付けて移動にも使えます。それでは皆さん。伸ばしてみてください。気合入れて頭の中で『伸びろ!』と念じながら手を伸ばしてみましょう。声も出しながら 皆さん ご一緒に…」


↑アッガイ先生「さん はいっ! 伸びろ! 伸びろ!!」

ガンダム&ザク&ガンタンク「伸びろ! 伸びろ!!」
アッガイ先生「はいっ! これを気合入れて30回 続けますよ~」


↑ガンダム(絶対こんなやり方で伸びないよな(汗)早く ここから逃げないと…(汗汗))

果たして無事に逃げられるのか? ガンダム!

ちゃんちゃん

少しでも楽しんで頂けたなら 嬉しいです。
あなたのプラモデル生活が更に楽しいものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする