仮面ライダービルド 第45話 感想 憎しみなんかで強く成れない…その想いが良い!

スポンサーリンク

エボルトを何とか倒した仮面ライダーたち。するとエボルトはロストボトルに変化してしまう。そこに現れた忍。残ったエボルドライバーをケースに封印。そして、忍は戦兎に言う。
「よくやった 計画通りだ。お前は、このボトルを形成するために呼ばれたんだ」と。

果たして、父・忍の計画とは…。

それでは、先ずは 公式あらすじに愛あるツッコミを入れて紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第45話 「希望のサイエンティスト」公式あらすじ

 エボルトから精製された3本のロストボトルを手にした葛城忍(小久保丈二)は、ロストボトルで黒いパンドラパネルを完成させ、一瞬にしてあらゆる惑星に行き来できるワームホールを形成することが目的だったと戦兎(犬飼貴丈)らに告げる。つまりエボルトはあえてビルドらに倒されることでロストボトルを精製、その遺伝子をエボルドライバーの中に潜り込ませ復活の機会を狙っていた。

凄い作成。そりゃあ、そうですよね。

 しかし、エボルトと共闘するフリをしていた忍は、地球を守るためエボルトを裏切りエボルドライバーを特殊ケースに封印。これで元の姿には戻れないという。

やっぱり裏切りますよねw

10年前の“スカイウォールの惨劇”以降、物理法則を超える現象…新世界を誕生させることでしか地球は救えないと考えたという忍。つまり忍は地球を守るために10年間もエボルトをだましてきたことになるが、戦兎らは忍の言葉をにわかに信じられず…。

いきなり言われても信じられないよね(汗)w

 そのとき内海(越智友己)の身体に憑依したエボルトが現れた。エボルトは忍の裏切りを察知、自らが爆破する直前に密かに遺伝子の一部を放出させていた。怒りのエボルトから毒を注入された忍は、戦兎に抱きかかえられながら消滅してしまう。

うわあ。やっぱりバレてたかぁ(滝汗)

 戦兎は、消滅する直前の忍から、エボルトも知らない白いパネルが存在し、ハザードトリガーを使え、という謎めいた言葉を聞かされる。同時に受け取ったデータカードの解析を試みるが、ロックが解除できず中身を見ることすらできない。白いパネルとは?ハザードトリガーをどう使えというのか?

この辺りが映画の伏線でしょうか?!

 クローンスマッシュの大群が東都で破壊活動を開始した。戦兎らは現場に急行。エボルコブラフォームの前でビルドラビットラビットはジーニアスにビルドアップしようとするが、なぜかジーニアスになることができない。

何故だっ。何故なんだーーーーー!

 そのころ先の闘いで重傷を負い、nascitaで眠っていた一海(武田航平)にエボルトの遺伝子が憑依した。一海は美空(高田夏帆)らを一瞬で倒すと、CDロストボトルを奪い、ビルドらと闘うエボルに合流する。

かずみーーん。簡単にエボルトに憑依されるなや(汗)

 一海に憑依していた遺伝子の一部を受け取ったエボルはブラックホールにパワーアップ。さらにCDロストボトルで黒いパンドラパネルを完成させると、パネルを体内に埋め込みパワーアップ、大きく変貌する。

久しぶりに違うフォームを見た気がしますw

 これまでにないエボルトのパワーになす術もなく圧倒されるビルドたち。エボルトはブラックホールを形成しビルドの目の前で惑星を吸収、その力でさらにパワーアップしビルドラビットラビットを圧倒。ついには変身解除に追い込む。

圧倒的過ぎる…。

 変身を解除した戦兎は、亡き父・忍とかつて交わした約束、地球が危なくなったら一緒に地球を守るという言葉を思い出す。父が創ったライダーシステムは正義のためのもの。そんな父の思いを胸に戦兎は、ハザードトリガーを挿入したままでジーニアスボトルを挿入。ビルドジーニアスに変身する。

戦兎。何かに気付いたかな。

 ビルドジーニアス、クローズマグマらの攻撃でエボルトの身体から黒いパネルを浮き出させると、ビルドジーニアスはパネルに必殺技をお見舞いする。と、次の瞬間、キャッスルとハンマーのロストボトルが浄化され黒から元の色へと変化する。そして、グリスがいち早くキャッスルロストボトルをゲット。エボルブラックホールは怒りをあらわにしつつ姿を消す。

スポンサーリンク

かずみん。キャッスルロストボトルをゲットできて良かったね。

 ハザードトリガーがロストボトルを浄化した。やはり暴走装置ではなかったと父の思いをかみしめる戦兎。そして、父が遺したデータカードの解析を続けた結果、ついにある答えに到達する。
 「謎が解けた…。これでエボルトを倒せる……」

映画は、この第45話の後の物語だそうです。
第45話を観ると映画が更に楽しめると劇中に言われていたので
どこが繋がっているのか興味深いですね(微笑)

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用にコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第45話 感想 憎しみなんかで強く成れない…その想いが良い!

やっぱり 戦兎の父・忍は、元からエボルトを裏切っていたのですね。王道で ありがちな展開でありますが、何か安心しました。忍が悪い父親で無くて良かった(微笑)いや、悪いどころか 正義の人であって良かった。

そして、昔のことを思い出す戦兎。地球外生命体の研究をしている忍に もし、その地球外生命体が地球に攻めて来たらと戦兎が尋ねると… 父・忍が言うのです。
「もし本当にそうなったら、父さんと共に地球を守ってくれるか」と。

「いいよ」と答える巧(戦兎)。それを思い出した戦兎はつぶやく。
「最悪だ!今ごろ 思い出すなんて。
 約束したんだ。地球を守るって。

 正義を守るためのライダーシステムは、憎しみなんかで強く成れない。
 そうだろ」

何か激しく言うのではなく、つぶやくように言う戦兎が良いですね。そして、怒りや憎しみで強く成るのではなく他のモノで強くなるんですよね。それが良いですね。そこが、何か良い!
では、何で強く成るのでしょうか?

自分は思います。それは、静かに 人々を守る熱い気持ち なのかなと。
まあ。きっと その辺りですよね。そして、新しくて良いな と思ったのは、「憎しみなんかで強く成れない」って点です。

嫌なことを憎む。人は憎む。何かを憎むのは簡単です。だがしかし、それが強く成る原動力に成ると 子どもは、きっと良い子には育てないと思うのです。それだと、嫌なことを憎むことで強く成る。

それはそうかもしれませんが…健全じゃない気がします。それを真っ向から否定してくれたのは教育上も良かったと思うのです。そして、何より観ている自分が、何か共感できました。

それよりも、心から湧き出る人々を守りたいという願いのような静かな想い。その方が、子どもは健全な良い子に育つのじゃないでしょうか?

ところで、かずみんが、エボルトに倒された時。消滅するのかな?と思ったのですが幻徳が、ベルトのボルトを引き抜いて 一海は無事でした。そんな防ぎ方があったんですね。それなら三羽ガラスの その方法で守れたんじゃあ…

おいおい。試してあげたら良かったのに…… とか思って観てました。こんな方法が有効から、楽に強く成れて良いですよね。リスクもほとんど無くなったし。だがしかし、この程度のパワーアップでは、超進化したエボルトには

焼け石に水 でしたけどね(汗涙)それにしても超進化したエボルト… 本当に圧倒的な強さでしたよね。一撃で仮面ライダーたちを吹っ飛ばし ビルなどにぶつけ変身解除に追い込むと言う…(汗汗)

久しぶりに圧倒的って言葉がピッタリな戦闘シーンを観た気がしますw

そうそう。少し話は戻りますが… 戦兎は、父との約束を思い出したときも静かにつぶやくんですよね。それも印象的でした。そこから憎しみは生まれない。いや、生まれたとしても それを強さの原動力にはしない …っていう描き方だなと思いました。

そして、今ごろ 思い出すなんて最悪だ …という戦兎に おじさんは少し涙するのでした。良い親子関係だったんだろうな。戦兎の心の中の巧は、最初 父・忍を 自分たちを利用しているだけで絶対に信用しなと言ってましたが…

その後は何も語ってませんでした。良い父の姿を思い出してたんだろうな。
敵を騙して近付き、逆転のチャンスを狙う。そして、自分が それを達成できないときは、息子に託す。息子を信じて。

「もうスッカリ超えられたな」…って父・忍の言葉を思い出し、戦兎は つぶやく。
「まだまだだよ」と。

そんな親子の姿が描かれていて良かったです。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

フォローする