新幹線変形ロボ シンカリオン 第40話感想 ハヤト君のように有りたい

スポンサーリンク

敵の地下基地でビャッコと対峙するハヤトとリュウジ。ハヤトは全く同じ動きでビャッコと戦っていた。それについて何も指示しないリュウジ。どうやらリュウジもハヤトの狙いに気付いているようだ。

果たして、ハヤトの狙いとは?そして、ビャッコと対話できるのか?!

先ずは公式あらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

新幹線変形ロボシンカリオン 公式あらすじ 第40話 「地下へ!!シンカリオンVSビャッコ」

地底世界で敵エージェント・ビャッコとの決戦に挑む『シンカリオンE5 はやぶさ』と『シンカリオン ドクターイエロー』。ハヤトが成したことで、リュウジが運転する『ドクターイエロー』も真の力を発揮し、二機のシンカリオンは抜群の連携でビャッコを追い詰めていく。
しかし、ハヤトの攻撃の様子がどうもおかしい。リュウジもハヤトの考えを分かっているようだ。果たしてふたりの本当のねらいとは……?

引用元:新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION ストーリー 第40話

その続きを書いて行きます。↓

新幹線変形ロボシンカリオン 公式あらすじ 第40話 の続き

ハヤトは、同じ動きを繰り返しビャッコと戦う。何度も同じ動きで戦った後、ついにビャッコの刀が折れる。ハヤトは、ビャッコの刀を破壊することを狙っていたのだった。最期を覚悟するビャッコ。

だがしかし、ハヤトは止めを刺さない。いくらでも武器を破壊し自分たちに敵わないと思わせ対話する機会を得るのだとハヤトは言う。ハヤトの考えに驚くビャッコ。撤退するか?対話するか?選んで欲しいとビャッコに迫るハヤト。

そのとき、トラメのマシンが割って入る。言っても分からない相手だと判断したハヤトは、リュウジと一緒にトラメと戦う。グランクロスを撃つハヤトだが、それが効かない策がトラメに有りそうだった。

だがしかしだがしかし、ここでビャッコがトラメのマシンを離さない。そのまま消えるトラメとビャッコ。

スポンサーリンク

基地の中。ビャッコは復活していた。そこに新たなエージェント・カイエンが現れる。一族を裏切った報復は覚悟しているとビャッコはカイエンに話す。そして…。

以上

それでは、感想です。↓

新幹線変形ロボ シンカリオン 第40話感想 ハヤト君のように有りたい

ビャッコは始末されたのでしょうか?!何かもう少しで人類と対話して分かり合えそうだったのに…。そして、トラメを離さないで一緒にグランクロスを受けたとき「セイリュウを…」とビャッコは言っていましたが…

セイリュウを どうして欲しかったのでしょうか?!

その前にゲンブ、セイリュウ、スザクの話していたシーンで。人間には心があると三人は話し合っているのです。自分たちには無い心が…。それをスザクは弱点だと言うのですが… ゲンブは それは弱点では無く それがあるから

人間は強いと話すのです。その顕著な存在がハヤト君なのです。今のハヤト君は強いです。だがしかし、ハヤト君は自分の為に戦うのではないのです。誰かを守るためや 助けるために戦うのです。

それはハヤト君には人間特有の心があり、相手を思いやる気持ちがあるから。だからこそ、ハヤト君は強いのでした。そんな展開があったのを思い出した私は、もしかしたらビャッコは ハヤト君たち

人間にセイリュウを託したかったのかもしれないなと思いました。滅び行く自分たちと一緒に滅ぼさせたくなかったのではないのでしょうか?弟のように可愛がっていたセイリュウを…。本当のビャッコの想いは

きっと今後わかるんでしょうね(微笑)

ところで、ハヤト君のように心ある人間って素晴らしいですね。あんな理想的な少年は、中々居ない様に思います。だがしかし、心あるやさしい人間こそが人間の強さなんですよね。あなたの周りには心ある人は どれ位 居られるでしょうか?

心ある人たちばかりですか?私の周りはどうかなぁ?半々と言った所でしょうか?ww

そうそう。ある人には心ある行動が出来る人でも、別の人には心ない行動をする人の場合もありますからね。ハヤト君のように分け隔てなく人を助けることの出来る心ある人は中々居ないかもしれませんね。

ハヤト君は理想の少年かもしれません。アニメだから何でも描けますからね。だがしかし、だからこそ私は ほんの少しでも そんなハヤト君に近付きたいですね。相性が合わなくてイラっとさせられる人にでも

やさしく出来るハヤト君のような人に私も成りたいですね。

理想と現実には大きなギャップがあるかもしれませんが… まだまだシンカリオンを観て人間の強さを最大限に発揮できる人に成りたいものです(微笑)

あなたの新幹線変形ロボ シンカリオン ライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

見逃し配信

さっき見たら まだ準備中でしたが…
2018年10月26日(金)15時までの公開に成りそうです。
そのうち
『TBS FREE』

で観られるようですね。暫しお待ちください。

今回だけでなく、過去に遡ってみたいときは、U-NEXTでも視聴できますよ。