仮面ライダービルド 第10話 感想 対称的な二組のコンビ。ただの悪コンビでは終わって欲しくない。

スポンサーリンク

パンドラボックス強奪を目論むファウスト。だがしかし、ナイトローグと ブラッドスタークの思惑は違うようで…(汗)何時ものようにスタークは勝手な行動を取り始める(汗汗)それに気付き、怒りを覚えてローグに変身する幻徳。

果たして、この二人は どう成ってしまうのでしょうか? そして、戦兎たちは ファウストの猛攻を防ぐことが出来るのか?果たして果たして…。

先ずは公式あらすじに 私の思ったことを添えながら紹介して行きます。w↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第10話 「滅亡のテクノロジー」公式あらすじ

 科学の力を信じているがゆえに、葛城(木山廉彬)を責めるのではなく、葛城の才能を悪用した現実をなんとかしたい…。そんな戦兎(犬飼貴丈)の思いを理解しようと苦しむ龍我(赤楚衛二)。

友だち思いで律儀な龍我さんですね(微笑)

そこへ戦兎から「研究所がファウストに襲撃される」と電話が入る。戦兎はファウストのワナにはまり、研究所から遠い場所へと連れ出されていた。龍我はその戦兎に代わり、研究所へと急行する。

そうだったですね。戦兎は罠にはまってましたね(遠い目)

 そのころ、研究所では幻徳(水上剣星)によるパンドラボックス強奪計画が着々と進行していた。数名の研究員の協力を得たブラッドスタークとファウストのガーディアンによって研究所は大混乱。ついには氷室東都政府首相(山田明郷)、西都、北都首脳の前に現れたスタークは、パンドラボックスを奪っていく。

 研究所へ潜入した龍我はスタークに追いつくが、研究員の河合(本庄司)がスマッシュに変身。龍我の前に立ちふさがる。その間にパンドラボックスを手にしたスタークは堂々と研究所を後にしようとするが、幻徳に見つかった。幻徳はパンドラボックスを独占しようとするスタークの動きを察知していた。

 スタークの裏切りに怒った幻徳はナイトローグに変身。スタークに襲いかかる。そこへスマッシュを倒した龍我が現れた。

龍我 凄過ぎる(汗)w 生身でスマッシュを倒すなんて…。まあ ガスを吸っているから普通の生身とは違うのでしょうけど…。

パンドラボックスを守るためスタークに立ち向かうが、スマッシュとの戦いでかなりのダメージを受けていた龍我は防戦一方。スタークがトドメの一撃を見舞おうとしたそのとき、ビルドが空中からスタークとローグを攻撃する。

 ビルドはライオンクリーナーにビルドアップ。スタークに襲いかかると、龍我はドラゴンボトルを手に改めてスタークに戦いを挑む。余裕で龍我の攻撃をかわしていたスタークだったが、徐々に龍我がパワーアップ。ついにはハザードレベルが3.0に到達、強烈な一撃でスタークを圧倒する。

またもや 龍我さん 大活躍!!

 しかし、スタークの反撃に龍我もついに力尽きた。

龍我 よく頑張った!!

龍我の危機にビルドが助太刀に入るが、迎え撃ったスタークはビルドとローグをも吹き飛ばす強烈な一撃を放つ。ビルドは変身を解除、持っていたボトルが散らばってしまう。そのボトルをローグが「すべて回収させてもらう」と拾い上げていく。

 その中のゴリラボトルを手にしたローグは、「このボトルを使って、あいつの女を倒したんだよなぁ。思い出すよ、彼女の儚い最期を…」と龍我の恋人・香澄(伊藤梨沙子)をあざけるような言葉を投げ掛ける。

 この言葉に龍我の怒りに火がついた。必死の思いでドラゴンボトルをクローズドラゴンに預け、戦兎のもとへと届けさせると「後は任せた」と声をかける。龍我の思いを受けた戦兎はビルドキードラゴンに変身!ベストマッチの強力なパワーでローグを圧倒する。ダメージを受けたローグはミストを放ち逃亡。戦いには勝利したビルドだったが、ドラゴンボトルの強力なパワーに苦しみ変身を解除してしまう。

龍我の思いが戦兎に届いた。
そして、戦兎 変身解除二回目(汗)

 そんな戦兎に「科学の力がどうとか、そういうことは分からねえけど、俺はお前のことなら信じられる」と言葉をかける龍我。戦兎も「サイアクだ。俺も同じことを思っちまった」と応え、二人は互いの絆を確認する。

これは、素敵な絆w

 スタークからパンドラボックスを奪い返すため、追跡を始めた戦兎。そのスタークの前に現れた河合は「葛城さん、ですよね」と声をかける。スタークはそんな河合を倒すと、河合の顔を消滅した研究員・桑田(吉田亮)の顔に変えてしまった。スタークの恐ろしい力に戦兎は戦慄を覚え…。

スポンサーリンク

 戦兎はビルドに変身、ついにスタークを捕まえると、変身を解除し「お前が葛城巧なのか…」と迫るが、背後からローグの不意打ちを浴びて倒れてしまう。ローグはスタークからパンドラボックスを奪い、さらに戦兎からボトルを回収していく。

戦兎 またもや変身解除 3回目(汗)

 そして研究所へと戻った幻徳は、急病で倒れストレッチャーで運び出される父・氷室首相と遭遇する。苦しみながらも東都のことを息子・幻徳に託す氷室首相。
「俺が、東都を…」
呆然としていた幻徳の表情は、次第に歪んだ笑みへと変わる。

氷室首相が急病に成ったのもコイツの仕業なのかも(汗)

 一方、秘密基地では、掃除をしていた美空(高田夏帆)が盗聴器を発見して…。

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えてみました。

そして感想です ↓

仮面ライダービルド 第10話 感想 対称的な二組のコンビ。ただの悪コンビでは終わって欲しくない。

先週はお休みだったので、適当に今回を妄想していたのですが… 当たっていた所もあったのかも(驚愕w)

何かブラッドスタークが、葛城みたいですね。まあ、まだ どうか?は本当の所は分かりませんが…。何か随分キャラが違うように思うのですが、本当は どうなのか? それを見守るのも楽しいですね(微笑)

そして、今回は出てこなかったですが次回に いよいよ龍我の変身する仮面ライダークローズ!CMを見ていると… ビルドドライバーにドラゴンフルボトルとクローズドラゴンがセットされて変身

…あたりも当たりましたね。まあ、普通の予想なら そう成りますかww

龍我のピンチに助けに来た戦兎!
「後は任せろ」という戦兎に
「…なんて言わせるか」と応える龍我。

良いコンビです。

そして、最後には力尽きた龍我。そして、クローズドラゴンにドラゴンフルボトルを託して「後は任せた」と声を掛けます。何か熱いですね(微笑)

龍我は、ドラゴンフルボトルがあれば生身でも十分 強いですね。いっそのこと 仮面を付けてバイクに乗っちゃえば… それで立派な仮面ライダー …ってことは無いかぁ(汗)w

だがしかし、常軌を逸した かなりの強さです。これは次回の仮面ライダークローズの強さに期待が持てますね。やっとと思ったのですが… まだ次で11話なんですね(汗汗)まだまだ これからの展開が楽しめますね。

仮面ライダークローズ… クローズ… 閉じるってことですかね? 閉じる。終わる。敵が最期を迎える位 強いってことなのでしょうか?

その名前の由来 分かるのでしょうか? それも楽しみです。

「アイツに託されちまったからには
 負ける訳には行かないんだよ!」

「行けよ! まだやることがあるだろ。
 科学の力が、どうとか そういうことは分かんねぇけど
 俺はお前のことなら信じられる!!」
「最悪だ。
 でも同じことを思っちまった」

…などなど
今回も熱い展開で、熱いセリフも多かったですね。
熱い絆で結ばれている二人。

それに対称的なのが、ナイトローグと ブラッドスタークの二人。油断していると、ブラッドスタークは勝手なことばかりします。それに怒りを覚えるナイトローグ。二人とも 戦兎と 龍我のようにお互いをリスペクトしていません。

ローグとスタークの二人は、ベストマッチでは無いのでしょうか?今は、そんな風に見えます。そして、今回の話では そのように描いた方が、戦兎と龍我の絆の強さが際立って都合が良かったのかもしれません。

だがしかし、ただアンマッチな二人ではなく 実はベストマッチな二人に ローグとスタークを描いて貰えると私は面白いのですが… 果たして そんな展開に成るのでしょうか?

例えば、普段は簡単に仲たがいする二人が、お互いのピンチのときに さり気なく助けに来たり…とか もういっそのこと 戦兎たちと手を組んで熱く戦うとか… いやいや、それなら敵が居なくなるかな?(汗)

まあ。何にせよ。ただの悪役で終って欲しくない二人ですね。やっぱり、何か憎めないので。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

今日 活躍したフォームたちの覚書

●ホークガトリングフォーム
⇒龍我のピンチに颯爽と現れます。

●ライオンクリーナーフォーム
⇒その後、このフォアーに。

●ファイヤーヘッジホッグフォーム
⇒ローグを必殺技で追い詰める。

●キードラゴンフォーム
⇒新登場!
 圧倒的なパワーでローグを圧倒。
 そのパワーに疲れて変身解除する事態に…。