仮面ライダージオウ 第6話 感想 ファイズもカイザも変身しないの?

スポンサーリンク

仮面ライダージオウ もう既に始まって第6話に成りました。少し前の台風でテレビが視聴しにくくなったのもあったり、何か感想を書く気が起きず放置していたのですが… 今回は自分の大好きな仮面ライダーファイズが出て来るということで感想を書くことにしましたww

果たして、私の大好きなファイズは出て来るのでしょうか? そうそうカイザも…w 

先ずは、仮面ライダージオウについて思うことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

仮面ライダージオウについて

仮面ライダージオウの世界では、平成の仮面ライダーが全て同じ時間軸の中に存在しています。平成仮面ライダーは、毎年のように放送されていたので ほぼ1年ごとに新しいライダーが存在しています。

ただ、元々 各仮面ライダーは 世界観の繋がりを考えて作られていた訳ではないので、そこには無理もありますよね。その辺りを どう描かれているのか?も見所ですね。

そして、本来のその年の仮面ライダーの力を奪ってアナザーライダーという形で 本来の仮面ライダーをモチーフにした仮面ライダーが敵として出て来るのですが… その姿が醜悪なのです(汗)

まあ。敵に成る存在だから仕方ないし、その方が分かりやすいのですが… 私は何か今までの仮面ライダーを汚されているようで悲しいのです。そこで、本来の仮面ライダーも登場して活躍してくれれば少しはスッとするのですが…

毎回 そうとは限らないのです。それにスッとすると書いたのですが… そうでもなかったですね。実際 観たときは…(汗)美味しい所は今回の主役である仮面ライダージオウが持って行きますしね。

スポンサーリンク

結構 オリジナルのキャストが出て来る回もあって嬉しかったりしたのですが… 最後に活躍するのはジオウたちなので 何か咬ませ犬的な出方になっちゃうのも何か悲しい所ですね。

まあ。なんだかんだ不満は書いても仮面ライダー大好きなの観るんですけどねww

さて、今回の第6話では、どうだったのでしょうか?

仮面ライダージオウ 第6話 感想 ファイズもカイザも変身しないの?

仮面ライダーファイズのオリジナルキャストの 仮面ライダーファイズこと乾巧 役の半田健人さん、そのライバルの仮面ライダーカイザこと草加雅人 役の村上幸平さんの出演は正直 大変 嬉しかったのですが…

二人は変身しないのです。出て来る仮面ライダーファイズは過去に放送された映像でした。ここは何としても二人に変身して欲しかった所です。ここは何とか脚本で頑張って欲しかったな(汗)w

まあ。変身しても 美味しい所をジオウが持って行く展開なら同じかな(汗汗)

後、草加雅人は本来のファイズなら亡くなっているのですが… それが特に説明なく出て来たのも何だかなぁ。まあ。嬉しかったのですけどねw そこを脚本で解消するのは難しかったのかな?(汗)

今回の話では、仮面ライダーフォーゼと 仮面ライダーファイズの世界を一緒にしていたのも ちょっと不満でした。ファイズの世界だけを思い切り描いて欲しかったな。主演の二人も登場していたことですし。

あらまあ。結構 不満ばかりの感想に成ってしまいましたが… 過去の仮面ライダーが出て来て、その世界を もう一度味わえたり、その世界の先を少しでも垣間見れるのは 大変 有難く嬉しいことです。

巧が、雅人に向かって「お前のことが嫌いだ。だけど仲間だ!」…ってセリフは心が震えました(微笑)そのセリフを待っていたのかもしれません。

更に欲を言えば、そのとき その世界の仮面ライダーに出来るだけ花を持たせてくれると嬉しいのですが… 今の主役を立たせながら それを行うのは かなりも難易度を擁すると思います。

だがしかし、そこをファンは いや私は期待しているのです。そんな展開を観られると嬉しいなぁ。そんな展開を期待して 仮面ライダージオウを観て行こうと思います(微笑)