仮面ライダービルド 第3話 感想 見返りを求めずに戦える訳を考える

スポンサーリンク

美空が持っていたまさかの能力が明らかに…。そして、そんなことよりも(失礼)重要なのは「正義のボーダーライン」です(微笑)戦兎は、なぜ正義のために戦えるのか?その理由が分かります。

果たして、その理由とは…
先ずは公式のあらすじをご覧ください。 ↓↓
既に それで分かりそうですが…(汗)w

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第3話 「正義のボーダーライン」公式あらすじ

 龍我(赤楚衛二)を殺人犯に仕立て上げた事件、その謎のカギを握る人物が鍋島(市オオミヤ)という男であることが判明した。が、紗羽(滝裕可里)が入手した鍋島の経歴はデタラメだった。苦労して手に入れたのに…と落ち込む紗羽の前で、なんと美空(高田夏帆)はネットアイドル「みーたん」に“変身”!鍋島の情報収集を呼びかける。

 「みーたん」のファンからフライングスマッシュ出現の情報が寄せられた。戦兎(犬飼貴丈)は現場に急行、ビルドに変身し子供を襲うスマッシュを撃破する。ボトルでスマッシュの成分を吸収すると、なんと正体は子供の母親・礼香(東風万智子)。記憶を失っていたとはいえ、我が子を失いかけた礼香はビルドに感謝しつつ胸をなで下ろす。

 「みーたん」ファンの情報で鍋島の電話番号がわかった。龍我はさっそく鍋島に電話をかけ、自分の無実を証明しろと迫るが、自分が話せば妻と娘がファウストに殺されると拒否。ファウストとは龍我に人体実験をした組織らしい。

鍋島の後ろにはナイトローグさんが…(汗)どうやら この情報は罠らしい。だがしかし、ナイトローグさんは 電話が掛かってくるのを待つために、ずっと居たのでしょうか? だとしたらャだなぁ(微笑)

 鍋島に証言させるには、彼の妻子を保護するしかない。龍我は西都にいる鍋島の妻子を救おうと密航を企てるが、東都政府のガーディアンに包囲されてしまう。ここまでか、と思ったその時、美空から話を聞いた戦兎が駆けつけた。戦兎は龍我に「見返りを期待したら、それは正義とは言わない」と言い、現れたミラージュスマッシュの囮となって龍我と紗羽を西都行きの密航船に乗せる。

 密航船の船長から乗船を断られた龍我らだったが、船の持ち主の妻である礼香の口利きでなんとか乗船に成功。「仮面ライダーに助けてもらったお礼」と笑う礼香に、龍我は「見返りを期待したら…」という戦兎の言葉の真意を噛みしめる。
「俺は鍋島の家族を助ければ、鍋島が無罪を立証してくれると思ってた。だから助けようとした。けど、あいつ(戦兎)は違う…」

 一方の戦兎はビルドに変身。分身の術を使いこなすミラージュスマッシュに苦戦したものの撃破に成功。ボトルで成分を抜き取ると、なんとその正体は鍋島だった!

 そのころ幻徳(水上剣星)はフルボトルを手に謎めいた言葉をつぶやいていた。
「スタークのやつ……いよいよ動き出したか」

 驚く戦兎が鍋島を揺り起こそうとすると、何者かが背後から戦兎に謎の物質を注入。意識を失っていく戦兎の目には、コブラのマークをつけた怪人の姿が…!?

スポンサーリンク

以上 テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用でした。

そして感想です ↓

仮面ライダービルド 第3話 感想 見返りを求めずに戦える訳を考える

「見返りを期待したら、それは正義とは言わない」

格好良い言葉ですね。そして、凄い言葉だとも思います。では、戦兎は何のために人助けをしているのでしょうか?

それは、誰かの力に成れたらクシャっと成るんだよ。俺の顔が… と答えてました。そんなことのために危険を顧みず人助けが出来るのだなんて…。流石 それが仮面ライダーですね。だがしかし、龍我の場合は違うと思うのです。

なぜなら、正義で行おうと思った訳じゃないから。ただ自分の無実の罪を証明したかっただけでしょ。まあ、それはこの理論を先に進めたいので今回は置いておきますね(微笑)

見返りを期待せずに人助けを出来るのでしょうか?

いや、出来ますね。いきなり矛盾したこと書いてますが…(汗) ただ、体が自然と動くこともありますよね。一々 自分が有利に成ることを相手が返してくれると考えて行動していないとも思います。

だからこそ、出来るときもあるのです。だがしかし、戦兎は いつでも それが出来るいるように思います。だからこそ 仮面ライダーだと思います。いつもそんなことだけで命を懸けられるのですから。

いや、戦兎に取っては そんなこと ではないのでしょうね。自分が何者か分からない。そんなとき自分が人を助けることが出来る。自分を頼りにしてくれることが居る。そのことが自分の存在意義に成っているとしたら

それは、そんなことではなく、それこそが生きる意味に値するのだと思います。記憶喪失の戦兎だからこそ、見返りを求めずに戦えるのかもしれませんね。

今回の研究 みーたんの情報収集能力の核となるファン像を探る

まさかのネットアイドルだった「みーたん」こそ美空。そして、それが凄い情報収集能力を持っていただなんて(微笑)ファンの力は偉大ですよね。それでは、その核とファンの姿を考えてみます。

ただの引きこもりなら、中々 いろいろな外の情報を集められないと思います。なぜなら、家のこもっている訳ですから。なので、よく外に出て かつ 比較的 自由に成る時間が使える人が 情報収集の核となるファンでしょう。

それでは、そんなファンとは どんな方なのでしょう。よく外にでて かつ 比較的 自由に時間が使える人。

ズバリ!

それは、社会人の営業職に就いておられる方だと思われます。つまり、みーたんの情報収集能力の中心となるファンは、営業職の方でしょう。だがしかし、実際の劇中では ひこもりのようなファンも写っていて成果を出してました。

…ということは、除外した ひきこもりも 情報を集める核と成っているのかもしれません。それに家に居ても外の情報は集められますよね。検索したり、定点観測カメラを覗いてみたいして。

つまり、まとめると みーたん のファンは、営業職と ひきこもり が多いとの結論に辿り着きますね。

だがしかしだがしかし、よく考えると ひきこもりじゃなくても 家でパソコンを使える方や パソコンでなくても スマホを使えれば調べることも 定点観測カメラを見ることも出来ますよね(微笑)

つまり(汗)それらをまとめると…
みーたん のファンは、いろんな人が居られる。

結局 全く特定できてないですね(汗汗 滝汗)
し 失礼いたしました。

ちゃんちゃん