仮面ライダージオウ 第16話 感想 世界を救うなら魔王じゃない!

スポンサーリンク

ソウゴは、悩んでいた。自分が仮面ライダージオウに成ると行く行くは魔王と成って世界を破滅に陥れる存在に成ってしまうかもしれない。それを防ぐにはベルトを捨てることだと未来の自分・オーマジオウは言う。果たして、ソウゴの選ぶ道は?!

先ずは、自分の思ったことを織り交ぜて 公式あらすじを紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダージオウ公式あらすじ 第16話「フォーエバー・キング2018」

 ソウゴ(奥野壮)がジオウに変身するベルトを捨てれば、世界を破滅へと追い込む魔王オーマジオウは誕生しない…。オーマジオウの言葉に思い悩むソウゴは、ツクヨミ(大幡しえり)とともにゲイツ(押田岳)を助けるために2018年の世界へと舞い戻る。
オーマジオウの僕カッシーンに圧倒されるライダーゲイツに、ソウゴは「俺は王様になるのをやめる」と言うと、自らのベルトを破壊するようゲイツに向かってベルトを投げる。ゲイツはジカンザックスでベルトを破壊、途端にカッシーンは動きを停止し、2068年の世界ではオーマジオウが消えていく。

ソウゴの凄い決断 来たぁ汗w

 これでオーマジオウが生まれることはない。目的を達成したゲイツとツクヨミはソウゴに別れを告げ、2068年の世界へ。しかし、タイムジャッカーのスウォルツ(兼崎健太郎)は「邪魔者は徹底的に叩き潰さねば」と、カッシーンを再生。ウール(板垣李光人)にソウゴの命を奪うよう命令する。

ソウゴは夢を諦めたのに それでも命まで狙うなんて 何て酷いタイムジャッカーなんだ!!

 王様になることを諦めた今、どうすればいいのか? 悩むソウゴにカッシーンが襲いかかってきた。ウォズ(渡邊圭祐)は、逃げ回るソウゴに新たなベルトを差し出すが、ソウゴは拒否。そのベルトもウールに奪われてしまい、ソウゴは追い詰められる。
子供の命を救うため、自ら盾となろうとするソウゴ。間一髪、ソウゴを助けたゲイツはライダーゲイツに変身、カッシーンに立ち向かう。しかし、そこへ士(井上正大)が現れディケイドに変身。カッシーンとともにライダーゲイツに襲いかかる。
 ディケイド、カッシーンの攻撃に変身解除に追い込まれるライダーゲイツ。ゲイツはソウゴに自らのベルトを差し出し、ジオウに変身して戦えと迫る。
「最低最悪の魔王になったら俺が倒してやる!俺を信じろ!」
 ゲイツの悲壮な決意を受け止めたソウゴは、ベルトを手にするとジオウに変身する。
「俺は魔王になる。魔王になって世界を救ってみせる!」

 なんだよ。ゲイツ。やっぱりソウゴのこと信じてんじゃないかww ジオウを倒すと言ったりしながらも なんだかんだソウゴを信じているゲイツがいいねw
そして、そんなゲイツを信じているソウゴもいいね!ww

 ジオウはウールが持っていたベルトをゲイツへ。ゲイツは再びライダーゲイツに変身し、ジオウと力を合わせ、タイムマジーンでタイムジャッカーを、そしてカッシーンを撃破。戦いに勝利する。
 その頃、2068年の世界ではオーマジオウも復活していた。
「若き私よ、お前が夢を捨てられぬことは知っていた。お前は私だからだ」

スポンサーリンク

うわあ。オーマジオウも知ってたんか~い!(汗)w

 ダイマジーンも息を吹き返すなど世界滅亡の不安は残りつつも、危機を脱出したソウゴたち。クジゴジ堂に戻ると順一郎(生瀬勝久)が用意した料理でクリスマスパーティーが始まった。
 その頃、ソウゴらの知らぬ場所で、謎の仮面ライダーが出現し…。

この謎の仮面ライダーは、いったい…?!(汗汗)

以上
テレビ朝日の仮面ライダージオウ公式サイト 第16話ストーリー からの引用と思ったことを書いてみました。

それでは、感想です。↓

仮面ライダージオウ 第16話感想 世界を救うなら魔王じゃない!

そういう解決方法か?!と思いました。それは前回の感想で書いた なぜ確かめもせず皆がソウゴをオーマジオウと成ると決めつけるのか?という疑問の答えだと言うことですね。

やっぱりソウゴを倒すことにしたとか言っていたゲイツさんが、自分の所為で世界を破滅に追い込んでしまうと確信したソウゴが王を辞めると言ってベルトの破壊を

ゲイツに頼み、その望みを聴いてゲイツもソウゴのベルトを破壊したにも関わらず…。ソウゴの命を救うために自分のベルトを使ってジオウに成れって言うなんて…

しかも、オーマジオウに成るかもしれないと不安なソウゴに対して 「最低最悪の魔王になったら俺が倒してやる!俺を信じろ!」 とか言うなんて…。

…むっちゃベタですね。もうベタベタです。だがしかし、そこが良い!!そして、前回 確認もせずに最低最悪の魔王に成ると決めつけていたゲイツが、いや そうではなかったと言うのが嬉しかったですね。

展開はベタベタなんですけどね。疑っているような振りもしながら、本当は信じていたってことですね。いや、振りをしていたっていうよりも そのときは悩んでいたのでしょうけど…

ゲイツは、今までソウゴと一緒に暮らし、一緒に戦って来て 世界を破滅に追い込んだオーマジオウの正体である筈のソウゴが、自分が信頼するに値する人物だと思えたのですね。

倒そうとしてわざわざ未来から来たゲイツが、倒すべきはずの相手のソウゴを信頼するなんて… ベタですけど むっちゃベタなんですけど 胸熱な展開で大好物ですww


そして、前にも書いていたような気がしますが…気に成ったことが…。それは『王』と『魔王』の言い回しです。ソウゴも 他の皆も 『王』と言うこともあれば、『魔王』と言うこともあります。

特にソウゴ。ソウゴの夢は王様に成ることですよね。それが王では無く、魔王と言っている場面も今回 特に多々ありましたよね。王なら 良い王か?悪い王か?

まだ それだけでは分かりませんが… これが魔王と成ると もう悪い王 確定なイメージがしますよね。なんで王じゃなく、魔王を使うのか?イメージが悪いし

悪い王のイメージもするのに…。それが むっちゃ疑問でした。その理由も そのうち分かるのでしょうか?それを誰か指摘する人は現れるのでしょうか?!

どうなるのか?楽しみです。まあ。全くのスルーって答えもあるのですけどね。そう成ったら何か嫌だなぁw

世界を救うなら魔王じゃない!…って誰か言ってくれないかなぁ(微笑)


ところで 今の所、全くオーマジオウに成りそうにないソウゴさんなのですが… 果たして どんなことが切欠で魔王と成ってしまうのか? それに関することが次回に出て来そうですね。

何やら新しい仮面ライダーも出るようですね(汗汗)w 次回も楽しみですね。