仮面ライダービルド 第44話 感想 忍のどっちつかず感が素晴らしい!

スポンサーリンク

北都のファウストの潜入する一海と幻徳。何が狙いなのでしょうか?そして、無事に帰って来れるのでしょうか?忍は、戦兎たちの味方なのか?敵なのでしょうか?エボルトを倒すのことは出来るのでしょうか?果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじに愛あるツッコミを入れて紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第44話 「エボルトの最期」公式あらすじ

 激しい闘いの中から龍我(赤楚衛二)と美空(高田夏帆)を救った戦兎(犬飼貴丈)。龍我の体内ではベルナージュの力とエボルトの遺伝子が融和、今後暴走する心配もなくなった。

あれっ?
ベルナージュの力が消えたら また暴走しちゃうんじゃあ(汗)

そんな龍我に戦兎はエボルトに対抗するために開発中のブリザードナックルを見せる。

また凄い新製品が…w

 一方、北都のファウストに潜入した一海(武田航平)と幻徳(水上剣星)は、あえなく内海(越智友己)らに捕らえられネビュラガスを注入されてしまう。しかし、すべてはハザードレベルを上げたい、という一海らの思惑どおり。まんまとパワーアップした一海と幻徳は、ビルド、クローズに助けられながらもファウストから逃走する。

あれっ!
かずみん 一回注入されて更に注入って大丈夫なのでしょうか?

 一海と幻徳がハザードレベルを上げたのも、父・葛城忍(小久保丈二)と闘う決意を固めた戦兎とともに闘うため。しかし、「お前のせいで人類は滅びる!」という忍の言葉が頭から離れない戦兎は、一刻も早くエボルトを倒さねばと焦りを隠せない。ブリザードナックルを使う訓練では、体への負担に苦しむ龍我に無理をさせ、美空に「らしくない」と諭される。

むっちゃ お父さんに素直な戦兎さんでしたw
そして、お父さんに言われたことを必死で覆そうとしたって考えると戦兎らしいのではないでしょうか?!W

 どうすればエボルトを倒すことが出来るのか?一人思い悩んでいた戦兎だが、父・忍が変身したビルドと闘った時に、忍ビルドがハザードトリガーの起動を止めビルドタンクタンクフォームの動きを止めたことを思い出す。ハザードトリガーはエボルトリガーと同じ形状で構造も同じはず、ならばエボルトリガーの起動を止めればエボルトも…。

お父さん やさしい。
やはり エボルトに付いた振りをして、陰で戦兎を応援していたのでしょうか?

 CDロストボトルを渡せ、という石動(前川泰之)=エボルトの呼び出しに応じた戦兎は単身、エボルブラックホールの前にやってくる。が、そこへ龍我、一海、幻徳が現れた。龍我らは戦兎が持っていたブリザードナックルに発信機を装着、戦兎の行動を見張っていた。頼もしい仲間を得た戦兎はビルドジーニアスに変身。龍我もクローズマグマ、一海はグリス、そして幻徳はローグに変身し力を合わせエボルブラックホールに立ち向かう!

熱い展開に成って来ました!!

 しかし、エボルブラックホールは恐ろしいまでのパワーでビルドらを圧倒。強力な波動やライダーキックでビルドジーニアスらの動きを止めてしまう。が、ビルドジーニアスは再び立ち上がった。
「みんなが力を合わせれば、不可能は可能に、絶望は希望に、敗北は勝利に変わる!」

スポンサーリンク

エボルトに人間は無力だと言われ、戦兎が応える。
「確かに一人一人は無力かもしれない。だが、」
…その後に続くのが↑の言葉。

この前のセリフを書いておけば 更に熱いのになぁw

 4人のライダーは見事な連携でエボルブラックホールの上半身を無防備な状態に追い込むと、クローズマグマはブリザードナックルにドラゴンボトルを挿入。激痛に耐えながらも強烈なライダーパンチをエボルトリガーに叩き込んだ。

見事なチームに成ってますね。

 と同時にエボルトリガーが破壊され、その起動が停止した。
「バカな!体が動かない…」
 エボルブラックホールから姿を変えたエボルに、ビルドジーニアスは強烈な必殺技を浴びせると、エボルはついに爆発!変身を解除した戦兎らは、手に入れた勝利に歓喜する。

勝てたけど、何か もうリンチですね(汗)
強力な敵だから複数で立ち向かっても良いのでしょうか?!

 戦兎はエボルトから精製された3本のロストボトルに疑問を抱くが、突如現れたビルドホークガトリングがそれらボトルを奪ってしまう。ビルドホークガトリングは戦兎らの前で変身を解除。葛城忍が姿を現した。
「よくやった…。計画通りだ」
 計画通り?忍の言葉の意味とは!?

あれっ?忍って結局 味方じゃなかったのでしょうか?汗
次回も楽しみに成って来ました!!

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用にコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第44話 感想 忍のどっちつかず感が素晴らしい!

今回のタイトルは「エボルトの最期」なのですが… まだ全然 終わった感じがしませんよね。結局 戦兎の父・忍は味方なのでしょうか? それとも敵なのでしょうか?
ちょっと分からなくなって来ましたね。

ここでよくある話は、エボルトを実は裏切っていた忍は皆でエボルトを倒し 一見 平和に成ったように思った途端、エボルトが復活。忍を倒し、その力を吸収し更に強く成って戦兎の前に現れる

…ってのが よくある一つのパターンなのですが…
エボルトが倒されて新たなロストボトルが三本生まれ、それを忍が戦兎たちから奪ったのを観ていると どうやら そうでも無さそうですね(汗)

そう言えば…
負けて基地に戻ってきた忍にエボルトが言うのです。
エボルト「また負けるなんて先生(忍)らしくない」

忍「それだけ奴らが成長しているんだ。
  ロストボトルは、あと3本。
  計画を変えて、君自身が新世界の扉を開くしかない」

エボルト「俺が…」

……っていうやり取りがあったのですね。それはエボルトをはめる罠かなと思っていたのですが… どうやらそうでも無さそうな気もしますね。この辺りの どっちつかず感が上手いですよね(微笑)

流石 プロとか思ってしまいました。

果たして、本当の所は、どうなのでしょうか?
自分の好みは最初に書いた 忍は実は戦兎の味方で、それを知ったエボルトに始末されてしまう …って流れですが

もしかしたら、忍が一番の悪者って可能性も出て来ましたよね(汗)

いろいろな怪人が出なくなって、毎回 殆ど同じメンツの展開で ちょっと新鮮さが無いな。まあ、最終回に近付いているのだから仕方ないかなとか思ってたのですが… ここに来て 忍の真意は? どっちの味方なの?

とか考えさせられる展開で更に楽しく成って来ましたww
妄想も捗りますよね(微笑)
来週も楽しみですね。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。