仮面ライダービルド 第42話 感想 もっと魅力的な怪人が出て来て欲しいな

スポンサーリンク

戦兎の父・忍は生きていた。そして、仮面ライダーシステムはエボルトを倒すために作られたモノだと信じたい戦兎。だがしかし、突如出て来たビルドラビットタックフォームが呟く。「そんな綺麗ごとのために作ったんじゃない」と。

果たして、このビルドは いったい 何者なのだろうか?

先ずは、公式あらすじに愛あるツッコミを入れて行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第42話 「疑惑のレガシー」公式あらすじ

 戦兎(犬飼貴丈)の父・葛城忍(小久保丈二)の助手だった志水(山﨑将平)によると、忍は黒いパンドラパネルを完成させるためにロストボトルを創ったらしい。

なんと…(汗)

ロストボトルを集めているのはエボルトも同じ。ということは、忍はエボルトと行動を共にしているのか。一海(武田航平)の疑惑に父を敵と思いたくない戦兎は反発。にわかに2人は対立する。

まだワンチャンあるかも…。もしかしたら、忍もロストボトルを集めるためにエボルトを利用しているかもしません。

 エボルブラックホールとマッドローグが二手に分かれて東都に攻め込んできた。

エボルトさん 友だち出来て良かったなw

戦兎と幻徳(水上剣星)はビルドジーニアス、ローグに変身してエボルブラックホールに立ち向かうが、ビルドらを圧倒したエボルブラックホールは、ブラックホールを形成し東都政府官邸を破壊し吸収。父が作った東都の消滅を目の当たりにした幻徳は激しい衝撃を受ける。

ええーーーーー。前はビルドジーニアス一人で エボルブラックホールを圧倒してましたやん(汗)

 一方、マッドローグと戦っていたクローズマグマは、エボルトの記憶が蘇り制御不能の状態に。マッドローグを激しく攻撃、さらに戦闘不能のハードガーディアンを激しく攻撃するクローズマグマだったが、

あれっ!エボルトさんの遺伝子まだ 残ってたの?(汗)

突如現れた何者かによって変身を解除させられる。龍我(赤楚衛二)は正気に戻るが、いったい何があったのか…。

仮面ライダービルド ラビットタックフォームのように見えますが…(汗)

 父を探し出し、その父と力を合わせてエボルトの野望を阻止する。記憶の中に現れた葛城巧(木山廉彬)に力強く訴える戦兎だが、巧は父・忍を信じていないらしい。

なぜ巧は父を信じないのでしょう。何かあったのかな?

それでもエボルトを倒すためにライダーシステムを開発したと信じて疑わない戦兎。現実の世界に戻ると、父の想いに応えられなかったと肩を落とす幻徳に自らの想いを重ね合わせる。

父を信じる心は報われるのでしょうか?

 西都の御堂首相(冨家規政)に擬態したエボルトは、国を一つにすることを宣言。人々の支持を受けると、同時にマッドローグらを使い仮面ライダー率いる反乱軍が暴動を起こしたという情報を流す。

もうやりたい放題ですね(汗)

暴動は戦兎らをおびき寄せるための罠。とはいえ、放っておくわけにはいかないと、戦兎と幻徳、龍我と一海と二手に分かれて暴動の現場に急行する。

かずみんが心配で仕方ないです(汗)

 破壊活動を繰り広げるマッドローグらの前で、戦兎と幻徳はビルドジーニアス、ローグに変身。戦いを挑むがマッドローグは「お前は父親の遺志を継げなかった」とローグを精神的に追い込み圧倒。エボルトが支配した国では仮面ライダーは反逆者でしかない、と勝ち誇る。

これを発展させたのが映画の世界かもしれませんね。

 マッドローグの言う通り、厳しい現実を目の当たりにし、追い込まれるビルドらだったが、「俺たちの求める明日がエボルトに奪われるなら闘う意義も価値もある」とビルドは気持ちを奮い立てる。その言葉に呼応するようにローグも「この国を建て直すため全身全霊で己の使命を全うする」と立ち上がる。
「仮面ライダーは不滅だ!」

スポンサーリンク

その後、幻徳が雄たけびを上げます。
「うおおおおおおおおおお」

 再び立ち上がったビルドとローグはマッドローグ、スマッシュを圧倒。最後は力を合わせたライダーキックでマッドローグを変身解除に追い込む。

倒し切らないのですね(汗涙)

 勝負は決まった。変身を解除した戦兎と幻徳だったが、そのとき2人は何者かに銃撃される。
 間一髪避けた戦兎と幻徳の視線の先には、なんとビルドラビットタンクが!
「ビルドがもう一人…どういうことだ」

誰なんだ―――!
それに
今さらラビットタックなんですね(汗)

 もう一人のビルドラビットタンクは変身を解除、なんと葛城忍が姿を現した。
「父さん…」
 衝撃的な再会に言葉を失う戦兎は!?︎

やはり父さんでしたか(汗)

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用にコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第42話 感想 もっと魅力的な怪人が出て来て欲しいな

思ったのですけど… ロストスマッシュが何やら必要で、それに成れる者が居なくなった現状なんですよね。それでエボルトが言うには、居ないなら仮面ライダーを捕まえて来いと言ってましたよね。

仮面ライダーで代用できるんですね(汗)一番ヤバいのは かずみんかと思っていたのですが… それは倒されたら肉体消滅する状態に成っているから。だがしかし、それとはまた別で仮面ライダーで良いのなら

内海でも 戦兎の父・忍でも 仮面ライダーに成れるのなら代用にされる可能性もありますよね(汗)あまり戦兎たちが捕まらないようなら その可能性もあるのかなと思って観てました。

それにしても かずみん 早く戦兎に治して貰えばいいのに…。それに今の戦兎なら うまくボトルの力を引き出して、パワーアップしたまま 倒されても肉体消滅しない状態に出来そうな気もするのですが…

もしかして、かずみんが そんな状態なことを忘れているのかな?そうなら早く思い出してーーー。戦兎。そう言えば、自分の記憶は思い出したのに。なんで、かずみんは、ほったらかしなんだよ(汗汗)

いやあ。まあ、これがこの先の何かの伏線なので、無くしたくない気持ちは分からないでもないですが… 何か嫌だなぁ(汗涙)

考えたくはないですが… 果たして、生け贄に成る仮面ライダーは誰なのか?今後の展開が気に成りますね。

それにしても最近の回は、新しい敵は あまり出て来ず主要メンバー同士の戦闘が多いですよね。少し新しいフォームは出て来ましたが… 毎回 現れるやられ怪人とかは あまり出て来なく成りましたよね。

予算が厳しいのかな?! ちょっと心配になってしまいます(汗)w 今度の仮面ライダーは、どんな感じに成るんでしょうかね。今のビルドだと このまま行きそうなので次に期待ですね。

私が思うのは、どんどん新しいフォームが出るのではなく、毎回 登場して来るやられ怪人のデザインを凝った格好良い物にすることです。食玩で出して発売したい位の格好良いデザインだといいなと思っています。

果たして、そう成るのでしょうか?楽しみですね。

そう書いていて思ったのですが… 今の仮面ライダービルドで出て来る仮面ライダーや怪人たちのデザイン… 悪くは無いのですが 無茶苦茶 格好良いと思わせる程のモノではないですね。失礼な意見で申し訳ありませんが…。

昔の仮面ライダーなら 結構 格好良いと思えるデザインが多々あったのになぁ。それも改善されて行くと良いですね。デアゴスティーニから出ている「週刊 仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル」ってのを買っているのですが…

これは平成や昭和のこれまでの仮面ライダーから、仮面ライダー、ストーリー、怪人、アイテム、登場人物などの紹介が載っている情報誌です。その中を開いて見てみると、本当に沢山の魅力的な怪人たちが出て来ます。

そんな初心に戻って欲しいなとかも思いました。

話自体は、今回も熱くて面白かったのですが… デザインは もっと頑張って欲しいな。いや、それ以前に新しい魅力的な怪人が出て来ないので怪人の出る機会を増やして欲しいですね。

ビルドは、そんなに変わらないかもですが… 次の仮面ライダーも含め これから見守って行きたいですね(微笑)

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。