ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話 感想 ヒロは、ゼロツーに どんな名前を付けるのか(妄想)

スポンサーリンク

ヒロは、ゼロツーと一緒にストレリチアに搭乗し自信と居場所を取り戻すことが出来るのでしょうか? そして、パートナー殺しの異名を持つゼロツー、ヒロは一緒に組んで大丈夫なのでしょうか?

果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話 『戦う人形』公式あらすじ

起動テストでの失敗のあと、気まずいヒロとイチゴ。
ヒロはもう一度ゼロツーと乗られるようにナナやハチに掛け合おうとする。そんなヒロに対し、ゴローがある噂を口にする。
「3回以上、ゼロツーと一緒に乗れたパートナーはいない」と。
それを知りつつも、他に道はないと答えるヒロ。
そんなとき、13部隊がはじめての実戦に出ることに。
ただしAPE本部からは、ストレリチアの出撃は禁止とされた。
「いいの? あの子たち、みんなやられちゃうよ?」
そんなゼロツーの言葉を聞きながら、もどかしい気持ちでヒロが見守る中、13部隊が叫竜と遭遇して……。

引用元:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト STORY

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話 感想 ヒロは、ゼロツーに どんな名前を付けるのか(妄想)

ヒロは皆にコードナンバーから名前を付けるのが得意で、それもあって一目置かれていたのですね。たかが名前。されど名前。自分だけの個性の少ないコドモたちの中で 自分だけの名前を持つことは本当に特別なことだったのでしょう。

それなのに今は…。

フランキスを動かせなくなってしまった。フランキスに乗るために生まれて来た存在のコドモたちが、それを出来なく成ったら、ここに居場所はない。そんな辛さを抱えているヒロ。それなのに 何故 ヒロは、ストレリチアで出撃するのをミツルに譲ったのか?

フランキスに乗れなければ、自分の存在価値はないと思っているのに…。

ゼロツーがミツルと乗ることを断ることを期待していたようですが… 何故 自分から乗ると言わないのでしょうか?自信がないからなのでしょうか?

自分から言うのではなく、ゼロツーや 他の人から認めて欲しかったのでしょうか?

…そうだとしたら、かなり屈折していますね。

そして、今回 際立ったのはパートナーを どう思うか?ではないかと思います。戦闘中に少し暴走気味のゾロメの所為で、ゾロメのパートナー・ミクは気を失ってしまいます。気が付いたミクに それをゾロメが謝ると

ミクが言うのです。
「どっちの所為でもないよ」と。

それに対して
自信家のミツルは、イクノと上手くフランキス・クロロフィッツを動かせなかったとき それをイクノだけの所為だと考えてしまいます。ゼロツーとストレリチアに乗ったときに
「パートナーを変えると こうも違うんだ」と話すのです。

スポンサーリンク

しっかりして 悪く言えば我儘な面もあるのかなと思ったミクが、ゾロメをかばったのは意外でした。やさしい気遣いも感じました。それに対してミツルは 自分は悪く無いと考えて 思いやりがないですね。

そして、調子に乗って イラっと来たゼロツーに少し本気を出されて気を失ってしまいました。何か今回のミツルはヒロの凄さを際立たせるための 咬ませ犬でしたね(涙)

ところで、ヒロもミクと同じようにパートナーは対等に責任があると思ってますよね。それは第一話で元のパートナーが失格に成ったとき、自分も一緒にここを去ろうとしていたことからもわかります。

私が思うにヒロは膨大なパワーを持ってしまって それを普通のパートナーだと引き出すことが出来なくて上手くフランキスを操縦できなかっただけなのではないでしょうか?だから、凄いパートナーが居れば、本来の力を発揮できる凄いヤツなのでは。

そして、それを引き出してくれる唯一のパートナーが、ゼロツーだったのではないでしょうか。

たぶん これで間違いない気もするのですが… ただプロなら ここで何か見せ方などに一工夫して欲しい所ですね。それを勝手に期待して これからの展開を楽しみに見守って行きます。

大外れではないと思うのですが、万が一 予想が外れていたら ごめんなさい。
いや、外れた方が想定外で楽しいのですけどね(微笑)

そうそう。
今回 最初のシーンでヒロは得意の名前つけでゼロツーにも名前を付けてあげようとしますが…断られますよね(汗)もし、そのままヒロがゼロツーに名前を付けていたとしたら、どんな名前だったのでしょうか?

勝手に妄想してみます。0(ゼロ)と 2(に)で「ゼニ-」…少し変えて『ジェニー』とか どうでしょうか?!このままゼロツーのままで行くのでしょうかね(汗)行きそうですけどね。ゼロツーにも名前が付くと良いのにね。

まあ。ゼロツーってのも名前かな。格好良いですけどね(微笑)

ヒロが皆に名前を付けていたってこと。それは、皆に一人一人特別な名前と言うプレゼントをしていた…ってことですよね。そんなことをしていたのは、きっと皆のことが大切で大好きだったからでしょう。

だからこそ、ゼロツーにも名前を送りたかったのかも。

そして、一目置かれていて成績優秀だったヒロは、皆をまとめるリーダーだった筈。もしかしたら、これはヒロが リーダーに戻れるのか?の挑戦の面もあるのかもしれません。イチゴが、ヒロを気にしているのも今 リーダーを自分がやっているのも少しあるのかも。

いや、それ以前にヒロが リーダーじゃなかった可能性も否定できませんが…(汗)

あなたのダーリン・イン・ザ・フランキス視聴ライフが更に充実して楽しいものに成りますように。