ウルトラマンルーブ 第5話 感想 王道の話かなと思いきや油断した汗

スポンサーリンク

自分の翼を信じて、空を飛ぶ夢を実現するために挑戦し続けるお嬢様・二宮ユウハ。彼女には、そうしなければ成らない理由があった。それを ひょんなことから助手として手伝うことに成ったイサミ。

果たして、彼女の夢は見事 叶うのだろうか?!

先ずは、公式あらすじの紹介からです。↓

スポンサーリンク

ウルトラマルーブ 第5話 さよならイカロス 公式あらすじ

空を飛ぶことに執念を燃やす二宮ユウハは、大学でひとり造り上げた翼で夢に挑戦するも、失敗続きでいつも怪我をしている。そんな同級生の無謀な挑戦に巻き込まれ、共に空を目指すことになった湊イサミの前に、嵐を巻き起こす怪獣グエバッサーが出現! 新たな風の力で戦えイサミ=ウルトラマンブル!

引用元:ウルトラマンR/B(ルーブ)公式あらすじ ストーリーより

その先の展開を書きます。↓

ウルトラマルーブ 第5話 公式あらすじ の先

戦いのときに巻き起こった風で二宮は、空を飛ぶ。新たに得た風のクリスタルを使い、ウルトラマンブル ウィンドに変身。グエバッサーの風攻撃の逆回転し効果を消す。

そして、二人で止めを刺し、グエバッサーを撃破。空を飛ぶウルトラマンブルの横を気持ち良さそうに飛ぶ二宮。
二宮「ごきげんよう」

その後、親の意向で彼女は大学を止め海外に渡った。
綾香市を出る時の彼女は笑顔だった。

以上

それでは、感想です。↓

ウルトラマンルーブ 第5話 感想 王道の話かなと思いきや油断した汗

王道のストーリーで心地良いなと思っていたのですが… 最後に「えーーーーーーーーーーーっ!」って成りました。自分の翼を信じ空を飛ぶことが出来た二宮ユウハさん。そのうち、こんな庶民的な大学は家の格式に合わないとの両親の意向で

大学を辞めて海外に渡り、日本に戻って来たら 親の決めた会ったこともない人と結婚することに成りそうと二宮さんは話していました。自由に自分の翼で空を飛ぶ。…そんな二宮さんの夢が叶ったのに…

スポンサーリンク

親の意向から逃れることは出来なかったのですよね。そんな終わりで良いのでしょうか? いや、良くない。私なら ここは、そうは書かない。こんな風に書きます↓

夢を叶えた二宮。両親の意向も キッパリと断った。そして、二宮は この大学に残ることに成った。自分の人生は自分で切り開くことが出来るように成った二宮に顔は笑顔だった。

…同じ笑顔なら こんな風に親の意向から解き放たれての笑顔に成って欲しかったのです。あなたは、どう思われましたか?何とも思われなかったですか? 私は、このラストに凄く引っかかったのでした。

もしかして、このままイサミとのロマンスとかあるのかな?とか勝手に期待してたのになぁ(汗)

願わくば、この展開の違和感に気付いた脚本家さんが、実は二宮は親の意向を無視して 綾香市に戻って来て この大学に入り直した …って展開にして欲しいと思いました。

いや、敢えて何かを狙っているのなら無理ですが…
どうなんでしょうね?!

何か 今回のウルトラマン 一見 王道に見えて油断してると かなり残酷というか?悲しさを秘めているように思うのです。それは敢えて計算でそうしているのか?それとも私が、そう感じただけで 実際はそうでもないのか? 

…今の所 判断は付きませんが… 油断していると実は 結構 残酷な話のウルトラマンの物語なのか?そうでないのか?これから見極めて行きたいと思います。

そう考えると、更に目が離せなく成りますねw
来週が更に楽しみに成って来ました(微笑)

そうそう。二宮ユウハ役の須藤叶希さん。
凄く可愛い方でしたよね。

両親の呪縛から逃れて、自由に空を飛んで欲しいです。
そして、そんな彼女を また見てみたいですね。
それを狙っての今回の展開から脚本家さん あっぱれですが…

どうなのでしょうね?!(微笑)

あなたのウルトラマンルーブ視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

コメント

  1. 超空間 より:

    ユウハの空を飛びたいという願いは叶いこそはしたけれど、それでも別の環境に行かなければいけないという選択は切なかったですね……イサミとユウハはお互いを応援して、一緒に空を飛べたのは本当に素敵だったので。
    今後、彼女はまた再登場するなら、ぜひとも自分の人生を歩んで欲しいですよね。そしてイサミと共に、お互いの夢を支え合えるようになることも願っています。

    • プラ特丸 より:

      超空間さん コメントありがとうございます。
      返信が遅く成り申し訳ありません。
      今後 また彼女が再登場すると良いですね。
      そして、その時こそは自分で選んだ自分の生き方を出来るように成っていると良いですよね。
      私も そう願っております。