仮面ライダービルド 第14話 感想 マスターは、ただの悪者じゃないはずだと思いたい!

スポンサーリンク

ブラッドスタークの正体は、やはりマスターだったのか?もし、そうだとすると戦兎たちとの生活も全て偽りだったのでしょうか?そして、真相を知った戦兎たちは、どうして行くのか?

それを見守って行きましょう!

先ずは、公式あらすじに自分の考えを添えて紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第14話 「偽りの仮面ライダー」公式あらすじ

 戦兎(犬飼貴丈)に追いつかれた石動(前川泰之)は、戦兎の目の前でブラッドスタークに変身。マスターがスタークであることをその目で確認した戦兎もビルドに変身、意を決して立ち向かう。

やはりマスターがスタークだったのね(汗)
何か捻りがあるかな?とも期待したのですが…(汗汗)

しかし、スタークはパンドラボックスに手をかざし、強大な光の波動を発生させビルドを撃破。変身を解除した戦兎からオクトバスとライトのボトルを奪って去っていく。

パンドラボックスのこんな力が…(汗)

 マスターがスタークだった…。戦兎から真実を告げられた龍我(赤楚衛二)と紗羽(滝裕可里)はショックを隠せない。3人は美空(高田夏帆)には秘密にしておくことを確認。戦兎は紗羽に石動の過去を調べて欲しいと依頼、自らはパンドラボックスの残留物質をもとに対スターク用のアイテム開発を急ぐ。

やはり戦兎も その力を利用しますよね。

 一方、パンドラボックスとすべてのボトルを手に入れた石動は、難波重工の難波会長(浜田晃)のもとへ。難波はパンドラボックスのエネルギーを使い、核兵器を超える軍事兵器の開発を計画していた。が、すべてのボトルが戦兎の手による偽物であることがわかり…。

やるな。戦兎w

 そのころ戦兎と龍我は、失敗を繰り返しながらもパンドラボックスの成分とベストマッチするボトルがラビットとタンクであることを確認。新たなアイテム開発に大きく前進する。そして、紗羽が石動の過去を調べて帰ってきた。

まさかのベストマッチ!

 それによると、石動はスカイウォールの惨劇を引き起こした後に入院。その惨劇の日、美空も石動と同じ病院に搬送され、昏睡状態に陥ったという。ただし石動は1カ月で病院を脱走、7年後にパンドラボックスの特別顧問に就任したが、ファウストがパンドラボックスのパネルを奪った後に辞職していた。そして、ファウストがパネルを奪ったと同時に石動は美空を病院から連れ出していた。ということは、その時すでに石動はファウストのメンバーであり、ボトルを浄化させるために美空を連れ出した…ということか。

全てがマスターの計画通りだったのか?

 戦兎が石動に呼び出された。かつて石動が戦兎を見つけた場所で対峙する二人。戦兎はビルドに変身、石動もスタークに“蒸血”、再び二人は激突する。スタークと戦いながらも石動=マスターとの楽しかった日々を思い出すビルド。またもスタークに倒され変身を解除してしまう。

 「できねえよ…できるわけねえだろ…」

できるわけがない(涙)

 記憶を失った自分を救ってくれた石動。その石動のおかげで、戦兎は今日まで人間らしくいられた。そんな“恩人”と戦い、倒すことなどできない…。
 涙ながらに訴える戦兎に対してスタークはトドメを刺そうとする。

非情なりマスター(涙)

 が、そこへ龍我が駆けつけた。
「だったら、俺が倒してやるよ」
 龍我はクローズに変身。スタークを追いつめるが、スタークの強烈な一撃を浴びてしまい変身を解除する。

龍我 良い所に出て来たのに… しっかりしろ(汗)

スポンサーリンク

 敗北感にまみれた戦兎に、スタークは美空を連れてあえてファウストを抜け出し、戦兎をビルドに変身させスマッシュと戦わせた理由を説明する。美空は自らが浄化したボトルがファウストによって悪用されると知り、浄化を拒否するようになった。そこでボトル浄化はビルドの正義の戦いのため、と思い込ませて美空の能力を引き出したのだという。つまり、ビルドは美空のボトル浄化能力を引き出すための道具…。

「お前は正義のヒーローを演じていたに過ぎない。仮面ライダーごっこをしていただけなんだよ」

それが真相なのか?何か違うと思いたい(汗)

 スタークの痛烈な言葉によって戦兎の怒りに火がついた。自分が信じる正義のためにスタークを倒す!戦兎は新たに開発したスパークリングをドライバーに装填。仮面ライダービルドラビットタンクスパークリングに変身する。

出来ないとか言いながら、しっかり開発してますやん(汗)

 ラビットタンクスパークリングは圧倒的なパワーでスタークを追いつめると、スタークが繰り出した巨大なコブラさえ撃破。強烈な一撃にスタークは変身を解除する。

シュワシュワ… 強過ぎる(汗)w

 傷ついた石動は「お前ならアレを完成させられるかもな…」と謎めいた言葉を口にすると、東都首相代理の幻徳(水上剣星)がナイトローグであることを暴露する。衝撃的な事実に言葉を失う戦兎と龍我。そんな二人を残し、石動は姿を消した。あとには激しい雨に打たれるパンドラボックスが残されて…。

アレとは何なのでしょうか?

戦兎は、何を想う…。

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第14話 感想 マスターは、ただの悪者じゃないはずだと思いたい!

やっぱりマスター石動壮一が、スタークでしたね。
何か捻りと言うか?何か仕掛けがあるかな? と思ったのですが特にそこは何もありませんでしたね。

ただ、マスターって何かただの悪いヤツって感じで終らない存在な気もします。それに何か戦兎たちに親しみを感じている部分もあると思うのです。これからのビルドとの戦闘の中で

それが出て来るのを勝手に期待してます。

それにしても、戦兎。仕事が早いですね(驚愕)
あんな短時間でラビットタンクを超えるスパークリングを開発してしまうなんて…。流石 世紀の大天才。

シュワシュワ攻撃が無茶強力で、何か最初のフォームが強化されて最強に成るのも面白い展開ですね(微笑む)

だがしかし、本当の正体はしがないバンドマンでしたよね。それが、そんなに凄い仕事が出来るなんて信じられないのですが…。次回は桐生戦兎の正体が分かるそうなので…

そこで何か その理由が分かるのでしょうか? 次回も楽しみです。

そして、またマスターの話に戻るのですが… 結局 マスターは、核兵器より強力な兵器を開発して高く売りつけるのが目的なだけだったのでしょうか?私は、それだけだとは思えないのですが…

マスターが、ただのケチな悪者じゃないことを期待して、そして出来れば むっちゃ良いヤツだったって真相を期待しています。

例えば、マスターの大切な人が、実は不治の病で その人を助けるためにライダーシステムを利用して その治療法を探っていたとか…。

例えば、戦兎は実はバンドマンだったってのも偽りで、本当の戦兎に戻すために仮面ライダーとして戦わせていたとか…。

…などなど 中々 良いのは思いつきませんが(汗)(涙)
何かただの悪者で終らないことを願っています。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

今日 活躍したフォームたちの覚書

●オクトパスライトフォーム
⇒炭を吐いて善戦するも…。

●ラビットタンクフォーム
⇒剣で斬りつけて善戦するも…。

●仮面ライダークローズ
⇒良い所でビルドと助けに来るも…。

●ラビットタンクスパークリングフォーム【新登場】
⇒シュワシュワ攻撃が強力!!