ガンダムビルドダイバーズ 第2話 百鬼オーガ 感想 完璧に負けたと言うリクに違和感 そして最終話の妄想

スポンサーリンク

リクとユッキーはGBNで再び、サラに会います。再会を喜ぶ三人。お互いにフレンド登録しミッションをすることに。今回はユッキーのガンプラは改修中で、サラもガンプラを持っていない為 ガンプラが無くても出来るミッションをすることに。

そこで出会ったのが前回からんで来たドージ。そこに兄のオーガも。そして、オーガは三人の対戦者に呼び出されていてガンプラバトルに。ユッキーとサラを守るためにリクもガンダムを出します。

果たして、どう成ってしまうのでしょうか?!

先ずは、公式あらすじと その後のあらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

公式あらすじ 第2話「百鬼オーガ」

初めてのGBN体験を振り返るリクとユキオ。そんな彼らの前にサッカー部への勧誘を狙うモモカが現れるが、GBNへの歩みは止められない。再びディメンションにダイブしてサラと再会した2人は、ガンプラバトルではなくキーアイテムの収集を目的とするコレクトミッションをプレイする。

引用元:ガンダムビルドダイバーズ/ストーリー/第2話「百鬼オーガ」

…公式あらすじの その先を書いてみます。↓

そこで、リクはガンダムダブルオーダイバーのトランザムのテストを行うが、途中でサラに止められてしまう。トランザムは使わないと決めたリク。そして、前回襲ってきたドージと その兄オーガに出会う。

オーガは、フォースバトルで敗れた者たちに呼び出されていたのだった。突然、始まるガンプラバトル。サラたちを守るためにリクもガンダムの乗る。禁断のマスダイバー…チート技のようなものみたい…を使い出す対戦者。

リクはニュータイプのような動きで対戦者のビームを避ける。それに気付くオーガ。

マスダイバーを何とか破ったリクとオーガ。勝ったのも束の間。オーガはリクに戦いを挑むのであった。そしてトランザムするオーガ。それに立ち向かう為にリクも サラに使わないと約束していたトランザムを使ってしまう。

オーガの攻撃を避け、一撃を加えようとしていた瞬間、なぜかリクのガンダムは止まってしまう。止めを刺そうとするオーガ。それを止めたのはガンプラに乗っていないサラだった。女に助けられたな と言って立ち去るオーガ。

リクは敗北感を味わう。そして、トランザムはそれを使える実力が身に付くまで使わない と改めてサラに誓うリクであった。

それでは、感想です。↓

ガンダムビルドダイバーズ 第2話 百鬼オーガ 感想 完璧に負けたと言うリクに違和感 そして最終話の妄想

ガンダムのオープニング曲『Diver’s High』格好いですけど、何か今までのガンダムの曲と感じが随分 違いますね。ラップで格好良いですけどね。あっ! そうか。これもガンダムビルドダイバーズの世界感を表現しているんですよね。きっと。

負けた… 完璧に負けた。
動きも ガンプラも凄かった。
…とか リクが敗北感を味わったのは少し違和感を感じました。

相手のオーガは初心者じゃないですし、
強さだけを追い求めているファイターなので。
それにトランザムを使ったリクは反撃を一撃を与えられそうでしたし。

良い所もあったと思うのです。
なので、完璧には負けてないよ と言ってあげたいです。

まあ、ストーリーの中で挫折感を味あわせたかったので
仕方ないでしょうね。
だがしかし、もしそうであるのなら
私ならリクはトランザムを使っても

スポンサーリンク

全く良い所なしでの敗北が良かったのではと思います。
その前に三人の対戦者との戦いで見せた
ニュータイプばりの避けでリクは十分ポテンシャルの高さを

見せたのですから、それ以上 凄さを見せなくても良かったのでは。
その後のオーガ戦で下手に良い所みせようとした所為で
リクの挫折感を感じる所に私は違和感を覚えました。

圧倒的な負けではなく少し善戦していましたから。

もし、リクに自然な感じの完璧な負けを味あわせたかったのなら
最後の主人公補正入った反撃は蛇足でしたね(汗)

それにしても GBN(ガンプラバトル・ネクサスオンライン)
やってみたいですね。
フレンド登録が出来たり

スクリーンショットが撮れたり
フォース(小隊)バトルがあったり
…などなど よく考えられてますよね。

6月に出るPS4のゲーム『New ガンダムブレイカーズ』で
GBNの雰囲気が味わえるといいなぁ。
つい 買ってしまうかもww

そして、妄想です。

リクとユッキー。
多分 一緒に小隊を組んで どんどん強くなって行くことでしょう。
どんどん強く成るリク。

そして、ユッキーも操縦テクもさることながら
ガンプラ作成記述の高さで
いろいろなギミックを盛り込んだガンプラを作って行くのです。

ただのサポート役ではなく、リクのライバルに匹敵する位の
腕前に成ります。

そして、最終話でリクとユッキーが戦うのです。
お互いのプライドをかけて。

…そんな展開に成ると 少しベタですが…w 熱いですね!
そう成るのかな? どうなのか? 見守るのも楽しいですね。
そして、自分が参加するなら

どんなガンプラにするか?考えて妄想するのも
作ってみるのも面白いですよね(微笑)
オーガみたいに接近戦に特化したガンプラも面白そう。

誰も見たことにない自分のガンダムを作ります!
いつかw ←ホントかよっ(汗)(一人ツッコミ)

あなたのガンダムビルドダイバーズ熱が更に激しく充実したものに成りますように。

あっ!そうそう。

公式のツイッターでこんな情報が ↓