ガンダムビルドダイバーズ 第9話 感想 ヤバいっす。ガンプラが「オーガ刃-X」が作りたくなるっすw

スポンサーリンク

ランダムでミッションの相手が決まるバトランダムミッション!!それに申込んだリク率いるビルドダイバーズ。なんと対戦相手はオーガ率いる百鬼だった。断る?と訊くユッキーにリクは戦いたいと答える。

あれから必死に頑張ってどれ位 成長したか?強く成ったのか?確かめたいのだった。
果たして、成果は出るのか?見事 百鬼を打ち負かせるのだろうか?
先ずは、公式あらすじと その先の紹介です。↓

スポンサーリンク

公式あらすじ 第9話「オーガ再び」と その先

ビルドダイバーズはバトル内容がランダムで決まるバトランダムミッションに参加することを決める。その相手とはリクが初めて勝利したドージ、そして初めての敗北を味わったオーガが所属するフォース・百鬼。今まで経験を積んで得た力をオーガにぶつけ、自身の成長を確かめたいリクが期待に胸を高鳴らせる一方で、ドージはリベンジに心を燃やしていた。

引用元:ガンダムビルドダイバーズ/ストーリー/第9話「オーガ再び」

続きを書きます。

バトランダムミッションの内容は、シャトル攻防戦。攻撃と防衛に分かれて戦うミッションだった。リクたちは防衛だった。そしてミッションが始まる。オーガたちは二手に分かれて侵攻。そこでドージが飛び出しリクに迫る。

戦いはリクの勝利だった。そこにオーガが現れ一騎打ちに。それを見ていたドージは、兄のオーガに認められたくて 悩んだ末 ブレイクデカールを使用する。ドージのギラーガは、武器が増え それが長く伸び異様な出で立ちに。

そして、ギラーガは、ドージの操縦を受け付けないのであった。オーガは、言う。
「手を出すな。俺がここが引き受ける。
 俺の弟のくせして そんな不味いバトルしやがって。」

「いや、一人じゃ無理だ」と戦闘に加わるリク。オーガとリクが、共闘しギラーガに立ち向かう。普通の武器ではきかない。そこにリクはブレイクデカールで強化されたギラーガ自身の武器なら通用すると気付く。

二人でギラーガの武器で ギラーガを撃破。そして、オーガは フォース百鬼が このミッションを棄権することを宣言する。

戦いが終って、
「ごめん。どうしても勝ちたくて。
 兄さんに認めて欲しくて」と泣きじゃくるドージ。

スポンサーリンク

百鬼の仲間が言う。
「百鬼にが腕利きのメンバーが沢山いる。
 それでもあんたを選ぶってことは

 オーガはドージのこと認めてんのよ
 私たちもドージのこと認めてんのよ。」と。

ドージ良かったな(涙)←私の感想ですw

そして、キョウヤと ロンメルが 壊滅させられたモビルスーツたちを眺めている。
それはロンメルのフォースのエース級の者たちのだった。
ブレイクデカールは、非常にGBNの世界に蔓延していたのだった。

それでは、私の感想です。↓

ガンダムビルドダイバーズ 第9話 感想 ヤバいっす。ガンプラが「オーガ刃-X」が作りたくなるっすw

リク君に勝ちたくてブレイクデカールを使ったドージを 兄のオーガは強く叱りはしなかったようですね。泣きじゃくっていて もう十分 反省したように見えたのもあったのかもしれませんが…。

オーガって細かいことをゴチャゴチャ言うタイプじゃなさそうですね。分かって反省しているのなら、もうそれ以上言わない。男らしいですね。私なんか つい言っちゃいますけどね。ええ。今は反省して抑えるようにはしていますが…。

ただ、力を追い求めて強い敵を追い求める鬼のようなヤツかと思ったら、そうではなくて筋の通ったヤツだったのですね(微笑)そして、リク君との共闘が熱いかったですね。反発しながらも結構 息があってましたよね。

直接のバトルも良いですが… 共闘するシーンが更に出て来ると私的には好物ですww 何か敵同士が一緒に戦うってのが熱いんでよね。

そして、オーガの駆る『オーガ刃-X』が作りたく成りました。非常に。ヤバいですね。この番組。どんどんガンプラが作りたく成るっすww まあ。楽しいヤバさなのですが…。そうそう。既に買ってあるので早く作らないと… ←買ってるのかよっ(汗)(一人ツッコミ)

【追記】…という訳で作りましたw
HG 1/144 オーガ刃-Xのレビュー
【追記おわり】

そして、ドージは結果的には良くないことをしてしまったのですが… かわいいですね(微笑) 兄のオーガに認められたくて頑張るなんて。なんかいじらしいです。私の弟は、そんなことないかな?まあ。良い歳ですしね。だがしかし、ちょっと羨ましいですwww

そして、心を入れ替えて真っ当な方法で更に強く成ったドージが、オーガの危機を救うとかいう展開があると良いなぁ。考えただけで熱く無いですか?まあ。私の妄想ですけどね(微笑)

あなたのガンダムビルドダイバーズ熱が更に激しく充実したものに成りますように。