ウルトラマンジード 第15話 感想 シャドー星人は再興するのか?

スポンサーリンク

もはや 駄々っ子のようにゼガンに変身して暴走するクルト。エネルギーが切れ、倒せたクルトを介抱していたのはモアでした。果たして、モアの想いはクルトに届くのでしょうか?

果たして。果たして…。
先ずは、公式あらすじの紹介からです。↓

スポンサーリンク

ウルトラマンジード 第15話 「戦いの子」公式あらすじ

ゼガンとウルトラマンジードたちの戦いの影響で、モアが時空の歪みに飲み込まれ、どこかへ飛ばされてしまう。ゼナから彼女の生存を示す手掛かりを知らされたリクたちは、捜索へと飛び出した。
一方、モアは戦いで消耗しきったクルトと一緒にいた。かつての上官であるゼナがシャドー星人としての精神を忘れていることに複雑な思いを抱いているクルトに、モアはその気持ちを解きほぐそうと説得を試みるが…。

引用元:テレビ東京・あにてれ ウルトラマンジード

ウルトラマンジード 第15話 感想 シャドー星人は再興するのか?

戦いの子だったクルトたち。それを育てていたゼノ。シャドー星人の再興を夢見てゼガンの封印を解くクルト。ゼガンに成って、街を破壊してすることで それが叶うのか? 激しく疑問でした。

そして、観ているうちに思いました。クルトは死に場所を探しているのではないかと…。シャドー星人の再興を目指して活動を行っていく中で、戦いの子たちは亡くなって行き、ついにクルトだけに成ったのです。

今までシャドー星人の再興のために 汚いこともやって来たのかもしれません。多くの者を裏切って来たり、暗殺したりもして来たのかもしれません。だからこそ、いくらモアたちが説得を試みても

スポンサーリンク

聴く耳を持たなかった。いや、持てなかったのでしょう。もはや、クルトには引き返すことが出来なかったのです。

ジーっとしてても ドーにもならねぇ。

今回は、悪い意味でクルトは動いてしまったように思います。ウルトラマンゼロと ウルトラマンジードに挟まれたゼガンの中のクルトは、ひたすら唱えます。

『カミ タタール シャドー…』 
『カミ タタール シャドー…』
『カミ タタール シャドー…』

意味は、シャドーに永遠の安らぎを。このことからも、クルトは死んで暴走を自ら止めたかったのだと思います。もう、止めるには それしかなかったと考えていたのではないでしょうか?

それを止めたかったモア。クルトの本物の笑顔を見ることも出来ました。一緒に笑い合うことも出来たのです。そんなクルトを救いたくて 全力で説得しました。だがしかし…。

ゼノは、言います。モアがAIBに入って、AIBが変わったと。地球人も 宇宙人も 分け隔てなく元気にさせたいモアの純粋な気持ちがAIBも変えて行ったのでしょう。そして、私は思うのです。

きっとクルトにも その想いは届いていたのだと…。だがしかし、悲しいかな。男にはプライドって物や、背負っていた物を簡単には下せないこともあるのです。

最後にゼノの手元に戻って来た破壊された召喚機。

もう、使えないのでしょうけど私は妄想します。そこにクルトの魂が宿って いつかゼノがゼガンと成ってウルトラマンゼロや ウルトラマンジードと一緒にベリアルと戦う姿を…。

それが本当のシャドー星人の再興ではないのでしょうか?
そう思いたいです。

あなたのウルトラマンジード視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

コメント

  1. 超空間 より:

    クルトさんは母星を救う為に戦っていて、それに躍起になっていたが故に他の道を選べなかったのが切ないと感じました。実際に共存をしても、そこからシャドー星が救われる保証もないので、引き返せなかったのでしょうし。
    リクやモアたちも彼の気持ちを充分にわかっていて、それだけに彼と戦う選択を取らざるを得なかったのが悲しいです。
    それでも、ジーっとしてないで進む姿が健気にも見えます……

    • プラ特丸 より:

      超空間さん コメントありがとうございます。
      シャドー星を救うために戦っても、それが報われるようなことはなさそうでしたね。それでも、前に進むしかないのですね。切ないですね。

      そして、リクたちも それを分かっていながら彼を止めるために戦うしかなかった。それも切ないですよね。

      だがしかし、いつかクルトの想いが叶うと良いなぁと思いながら妄想記事を書いてみたのでした。何かの形でクルトの想いが叶うと良いなぁと今も思っております。