ガンダムビルドダイバーズ 第17話 感想 変える所と変えない所

スポンサーリンク

リクのように強く成りたいと相談したユッキーにマギーが「ミラーミッション」を提案。だがしかし、ひょんなことからドージとサラと三人で参加することに…。果たして、かつての嫌な奴ドージ組んで、ユッピーは無事 ミッションをクリアー出来るのだろうか??

先ずは、公式あらすじの紹介からです。↓

スポンサーリンク

公式あらすじ 第17話「共同戦線」

ビルドダイバーズの新たなフォースネストを存分に満喫するメンバー達。有名フォースにも引けを取らない充実したこの環境は、ダイバーとして大きくレベルアップしたリクのおかげだと称えるユッキー。しかし彼の胸中には、同時に芽生える想いもあった。

引用元:ガンダムビルドダイバーズ/ストーリー/第17話「共同戦線」

その続きを書きます。↓

公式あらすじ第17話 の続き

ユッキーは、リクと比べて大きな差が開いてしまったと感じていた。リクみたいに強く成りたいと思い、マギーに相談。マギーからは「ミラーミッション」を勧められ、それを受けることにしたユッキー。

申込む時にドージもそこに現れ、その後 サラも現れた。結果、三人でミラーミッションを受けることに成った。フェーズごとに分かれていて、次々とクリアーして行く三人。

そこには、千本ノックや アスレチック、知恵の輪など 一見 GBNに関係無さそうなフェーズも含まれていた。そんな中、ドージも 兄に置いてけ掘りにされないように強く成りたいと思っていることを知る。

二人とも同じ目的だったのだ。そして、最後のフェーズ。それぞれの機体と同じだが黒い機体が現れ対戦することに成る。最初は、お互いの戦い方を変え、ドージはサポート、ユッキーは格闘戦中心の戦い方をしてみる。

だがしかし、上手く行かない。二人は、いつもの戦い方に戻してみた。すると、今まで以上に戦いやすくなっていた。それは、これまでのフェーズで動体視力と反応速度が鍛えられていたのだった。

ドージも ユッキーに途中のフェーズで「力任せじゃダメ。よく見て仕掛けを狙うんだ」と言われていたことを思い出し、見事 敵の弱点を見つけ撃破する。三人はミラーミッションをクリアーした。

そこに現れたリクたち ビルドダイバーズのメンバー。リクに今までの卑怯な戦い方を素直に詫び、これからは恥じるような戦い方をしないと誓うドージ。ユッキーとドージは気付いた。

変える所は変える。でも、変えなくて良い所もあるということに。

ユッキーは、新しいガンプラ作りを始めたのであった。

以上

自分なりに続きをかいてみました。
それでは、感想です。↓

ガンダムビルドダイバーズ 第17話 感想 変える所と変えない所

リク君のように強く成りたい。

スポンサーリンク

リク君のように華やかな活躍をしたく成る気持ちは、変わります。だがしかし、もしかしたら同じか いや それ以上の強く成っているかもしれません。サラちゃんが、言ってましたよね。

ユッキーも十分 強いって。ただ、ポジジョンが違うので、リク君のように強さが目立つものではないだけなのかもしれませんよね。ユッキーのポジションは、後方支援です。

主に後ろに下がって射撃で敵を撃破して行きます。撃破数は、きっと出るのでしょうけど… 接近戦で相手に近付いて戦うリク君のポジジョンにような派手さはない気がします。

最初に何で そこなのかな?とか少し思ったのですが… 自分で選んでますからね。まあ、それでも華やかな活躍に憧れる気持ちも分かりますが、ユッキーの強さは目立ちにくいかもしれませんが…

十分に強いと思います。

変える所は変える。でも、変えなくて良い所もある。

これですよね。これが自分らしく自分の実力を十分に発揮できるやり方だと思います。果たして、ユッキーは どこを変えなくて良いと判断し、どこを変えて行くのか?

その答えは、ユッキーの作る新しいガンプラを見れば分かりますよね。きっと…。どんなガンプラに成るのか?!今から楽しみですね(微笑)

ところで世間には注意だけして全く褒めない上司が 悲しいですが…社会には存在します。だがしかし、例えば仕事をしていて真剣に取り組んでいたとするのなら悪いとこしかないなんてことは 有り得ないですよね。

それは上司が探す気がないからです。そして、伸ばす気もないのかもしれません。どこも褒める所が見つからないのなら 真剣に取り組んでいる姿勢を褒めれば良いのにね。

それが、褒められた方のやる気に繋がり、最終的には会社の為に成るのに なぜ分からないのでしょうかね?!それが本物の上司のあるべき姿の一つだと思います。

ダメ出しばかりじゃ、人は成長しませんよ。変えるべき所、その上司であれば、10回に1回でも良いから一生懸命探して部下を褒めるように成ることですよね(微笑)

そうそう。今回、書いておきたいことがあります。それは、ドージのこと。最初の回に登場し、リク君たちを騙し戦いに参加させ初心者狩りをしようとしていたドージ。少しでも兄に近付く為の苦肉の策の一つだったのかもしれませんが…。

ズルい奴でした。だがしかし、兄は真っ向勝負。正々堂々と戦うのが信条です。そんな兄に憧れているドージ。なのに、なんでこんなズルい方法を選択してしまったのか?!

挙句にはブレイクデカールにも手を出す始末です。そんな弟を兄は激しく叱ることはありませんでした。ただ、やさしく見守っているのでした。そして、ついに今回の最後の場面でドージは素直にリク君たちに謝るのです。

ドージ 成長したな。ドージの変えるべき所は、そこだったのですね。そして、ミッション中にユッキーとドージが一緒に戦う姿も熱かったですね。かつての嫌な奴、ドージ。それが今は頼もしい仲間です。

映画版ドラえもんのジャイアンのようですね。そんな展開は、王道ですが熱いですね。心を入れ替えて真っ直ぐに兄と同じ方法で強く成るように努力するように成ったドージ。

どこまで強く成るのか?!
これからの活躍が楽しみですね(微笑)

あなたのガンダムビルドダイバーズ熱が更に激しく充実したものに成りますように。

過去の話を見直したい方には…