仮面ライダージオウ 第38話感想 カブトの世界は残酷なだけじゃない

スポンサーリンク

地球を滅ぼすためにワーム影山が送り込んで巨大隕石。それを破壊するカギとなるウォッチをアナザーカブトに奪われてしまったソウゴとウォズ。果たして、地球は どう成ってしまうのか?!

先ずは、公式あらすじにツッコミを入れつつ 紹介して行きます↓

スポンサーリンク

仮面ライダージオウ公式あらすじ 第38話「2019:カブトにえらばれしもの」

 巨大隕石を破壊するにはウォズ(渡邊圭祐)が、ライダーウォズに変身。ギンガファイナリーの太陽モードで隕石を中から焼きつくすしか方法はない。ウォズの提案に、ソウゴ(奥野壮)はライダーウォズをジオウフォーゼアーマーで宇宙へと連れて行く決意をする。

ウォズは、その作戦を色付きのイラストに描いてソウゴに説明するのですが… そんな時間ないやろっ!余裕のウォズさんでしたww

 加賀美(佐藤祐基)が影山(内山眞人)に拉致されていることがわかった。影山は加賀美を解放する見返りにフォーゼウォッチとギンガウォッチを要求する。この2つを奪われては隕石を破壊できない。ソウゴらはウォッチを守り、加賀美を救出したかと思えたが、突如現れたアナザーカブトに邪魔をされウォッチを奪われてしまう。

加賀美さん あっさり捕まり過ぎ(汗)w

 地球を破壊されれば元も子もないのはタイムジャッカーも同じ。ウール(板垣李光人)は影山から2つのウォッチを奪うが、スウォルツ(兼崎健太郎)はそのウールからウォッチを受け取ると行き先も告げず去って行く。

スウォルツも もっと仲間を信用し説明してあげれば良いのに。こんな行動が、反発を招きそうな気がしますね(汗)

 一方、士(井上正大)に導かれ2058年の世界へとやってきたツクヨミ(大幡しえり)は、一人の少女と対面。その少女はツクヨミのように時間を止めると、現れた少年を「お兄ちゃん」と呼び去って行く。衝撃的な場面にある疑念が頭をもたげるツクヨミ。

ここで士はコックの衣装なんですよね。何でも この家のコックらしい(汗)神出鬼没なヤツですね。

 そのツクヨミの前にスウォルツが現れると、フォーゼウォッチとギンガウォッチを手渡しソウゴらに返せという。隕石を破壊するにはツクヨミの力も必要になるらしい。
「お前と時の王の力が共鳴する時、新たな時代が誕生する」
 スウォルツは謎めいた言葉を残して去って行く。

もしかして、スウォルツがツクヨミの記憶を奪ってソウゴに近付けたのでしょうか?!

 ツクヨミからウォッチを受け取ったソウゴとウォズは、ゲイツ(押田岳)、加賀美とライダーに変身。矢車(徳山秀典)が変身したキックホッパーらをライダーゲイツらに任せ、ジオウとライダーウォズは宇宙へと飛び立って行く。

凄い見事な連携プレーですね。もう立派なチームです(微笑)

 キックホッパーはアナザーカブトに変貌、ガタックを圧倒し変身解除へと追い込む。そこへカブトゼクターが飛来、加賀美の手の中に収まった。意を決した加賀美は、なんと仮面ライダーカブトに変身。カブトはアナザーカブトを、ライダーゲイツはパンチホッパーを撃破する。

スポンサーリンク

まさか加賀美がカブトに変身することに成るなんて…(驚)w

 宇宙では時間を止めたツクヨミのサポートもあり、ジオウとライダーウォズがゲイツも合流して隕石の破壊に成功。影山が目論んだ大量のワームの地球襲来を間一髪阻止する。

やったね!
だがしかし、地球を隕石で破壊して そこに仲間を連れてくるなんて、何か元から作戦が破綻してないですか?!w

 ワームだった影山は消滅、矢車は肩を落として去って行くが、地球の平和は守られた。そしてソウゴは加賀美からカブトライドウォッチを受け取り、すべてが解決…と思われたが、汽笛とともにデンライナーが!?

一体、誰が出てくるのでしょうか?来週も楽しみです(微笑)

以上
テレビ朝日の仮面ライダージオウ公式サイト 第38話ストーリー からの引用と思ったことを書いてみました。

それでは、感想です。↓

仮面ライダージオウ 第38話 感想 カブトの世界は残酷なだけじゃない

まさか仮面ライダーカブトの本放送が終わって12年後に 加賀美がカブトに変身するなんて…。何か感慨深いですね。だがしかし、やっぱりカブトは、あの人に変身して欲しいなぁ(遠い目)

水嶋ヒロ演じる天道 総司が出てこないことには締まらない気もしました。いや、今回の話しも十分に熱かったし面白かったのですけどね。ちょっとだけ物足りなかったのです。

前回の予告でカブトが出てきたように思ったので誰が変身するのかなぁ?と思っていたのですが… まさか加賀美とは。いや、出ているメンバーを考えると順当ではありますよね。

ただ、私の考えが及ばなかっただけでした(汗)w

もしかしたら、カブト観てた人に少しモヤモヤさせて それを映画につなげるような作戦だったら凄いなぁと思いますが… ただ、単に予定が合わなかっただけなのか?

果たして、そこは どうなのでしょうね?! 映画も楽しみですね(微笑)


矢車の兄貴、やっぱり格好良かったですね。笑えよ…ってやさぐれた感じ。そして、何より弟分の影山を非常に大切に思っている所が良かったですね。その正体がワームだとしても(汗)

矢車の兄貴は正気でした。記憶障害や 精神に何かあった訳ではありませんでした。ちゃんと自分がワームに成った影山を倒したことを覚えていました。

だからこそ、どんな形であれ影山に会いたかったのでしょうね。そして、自分を利用しようとして現れたワームの影山でも。そして、守りたかったのですよね。

いざと成ったら自分が倒すという覚悟で。

最後で影山を倒そうとした矢車に加賀美がライダーキック!倒れた矢車は影山の近くに。兄貴と呼んでくれと頼むのですが… 影山は、それを拒否し正体のワームに成りながら

身体が崩れて行くのです。もしかしたら、影山はワームでありながら矢車のことを慕っていたのかもしれません。だからこそ、騙したまま …いや、矢車は知っていたのですが…

騙したままで終わらせたくなかったのかもしれません。そして、ライダーキックを放って矢車に二度目の影山を倒すことを止めさせた。いや、私には そう見えたのですが…

それは加賀美のやさしさだったのかもしれません。飽く迄も 観ていて私の感じた推測や 妄想ですが… 仮面ライダーカブトの世界って残酷な面も多々ありながら

その奥には やさしさの溢れた世界だったように思います(遠い目)

そうそう。もうカブトの世界には居ないのですが… 坊ちゃまこと 神代 剣。さすらいの子連れライダー 風間 大介。…などなども出て来て欲しかったなぁ。

キリないかな。30分や 1時間で入りきらないですよね(汗汗)…ということは仮面ライダーカブトも それだけ魅力的な人物が沢山 出て来てたってことですよね(微笑)

あなたの仮面ライダージオウ視聴ライフが更に楽しく充実したものに成りますように。