ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話 感想 いじらしいダーリンは必死でがんばる!ただもう必死に

スポンサーリンク

三回一緒に乗るとパートナーを殺すと噂が流れているゼロツー。そのゼロツーとだけ何故かフランクスを動かすことが出来たヒロ。だがしかし、ヒロの身体は、その所為で蝕まれていたのです。

果たして、ヒロはゼロツーと三回目の壁を乗り越えることが出来るのでしょうか?

先ずは、公式あらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話 『キミの棘、ボクのしるし』公式あらすじ

13都市と26都市のキッシングが行われる。
キッシングとは、移動要塞都市同士で接続し、マグマ燃料の受け渡しをすること。
しかしそれにより、大量の叫竜を呼び寄せることになってしまう。
そこで、13部隊と26部隊が共同でふたつの都市を守ることに。
両都市を繋ぐメインパイプの防衛には、ヒロとゼロツーが乗るストレリチアが配置されることとなった。
26部隊のコドモたちは、ゼロツーとストレリチアの名を聞いて動揺する。
以前にも26部隊はゼロツーと共同作戦を行ったことがあり、その際、ゼロツーの周囲を考えない戦い方のせいで仲間を失っていた。

引用元:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト STORY

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話 感想 いじらしいダーリンは必死でがんばる!ただもう必死に

三回乗るとパートナーを殺すので『パートナー殺し』と異名を持つゼロツー。そして、ヒロは 一緒に乗ったことで身体にダメージを受け、夜も痛みで もだえるのです。

スポンサーリンク

それを同室で知ってしまっても、ヒロに 口止めされ 皆に話せないゴロー。
ゼロツーがヒロを自分のモノとして扱っているのが何か嫌なイチゴ。
自分の身体が犠牲に成ってもフランクスに乗るために必至に頑張るヒロ。

自由に振る舞っているように見えるゼロツー。

…いろいろな人間模様ですね。

ゾロメが、ヒロの活躍に調子に乗るなよ!と僻んでも
ヒロは素直に足を引っ張らないように頑張ると答えます。
良いヤツだな。ヒロ。

そして、何かいじらしいです。

身体がボロボロに成ってもフランクスに乗れることを生き甲斐に感じるヒロ。
ヒロの身体の傷を見て、痛いでしょ。でも綺麗と話すゼロツー。
ヒロは大馬鹿野郎だと独り言を言うゴロー。

本当に馬鹿野郎だけど いじらしいヒロ。

そして、思います。
ヒロが、これだけフランクスの乗れることに拘るのは何故か?と。
それは、ヒロが フランクスに乗れない者は ここ 13都市に居る意味が無いと思っているからですよね。

それは、ゴローも同じで分かっている筈なのに
それでも 誰にも言わずに無理をするヒロを見て大馬鹿野郎だと話すゴロー。
今 激しい痛みに襲われても ヒロは幸せなのでしょうか?

それとも幸せだと思い込んでいるだけでしょうか?

幸せってなんでしょうね。

それは、人によって違うみたいですが…。

ヒロは、この物語の先で 本当の幸せを掴むのでしょうか?
そんな道はヒロに残されているのでしょうか?
今の私には まだ分からないのですが…

温かく見守って行きたいと思います。
そして、一見 自由奔放に好き勝手に生きているようにも見える
ゼロツーなのですが…

彼女も大きな闇を抱えているようですよね。
ゼロツーも そしてイチゴも ゴローも ミツルも ゾロメも
他の皆も 幸せに成れるのでしょうか?

見守って行きたいと思います。そう成ると
来週も観るしかないですね(微笑)

あなたのダーリン・イン・ザ・フランキス視聴ライフが更に充実して楽しいものに成りますように。