仮面ライダービルド 第22話 感想 ビルドは、仲の良い家族の物語は私の妄想なのか?

スポンサーリンク

ついにビルドとグリスの代表戦が始まります。マスターとの特訓の成果は出るのか?そして、ハザードトリガーを使わずに勝てるのか?万が一、使うことがあっても暴走せずに戦えるのか?

色々 気に成りますね。果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじに自分の思ったことを書きながら紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第22話 「涙のビクトリー」公式あらすじ

戦兎(犬飼貴丈)か、一海(武田航平)か。ビルドか、グリスか!
 東都と北都の運命を決めるライダー代表戦がついに始まった。

代表戦きたーーーーーーーーー!

 ビルドはブラッドスタークとの特訓で身に付けた北都や西都のボトルを使っての戦い方でグリスを翻弄。未知の攻撃に戸惑うグリスを追いつめていく。

おやっさんとの 間違いw
マスターとの 特訓の成果きたーーーーーーーーーーー!!

 しかし、仲間を助けるため自ら進んで人体実験を受け、グリスに変身する力を手に入れた一海も簡単に負けるわけにはいかなかった。赤羽(栄信)ら、自分を“カシラ”と呼んで慕ってくれる三羽ガラスのためにも…。

一海に取っても負けられない戦いだった(汗)

 強い意思で反撃に転じたグリスはビルドを攻撃。ビルドも新たなボトルによる攻撃をやめ、ラビットタンクスパークリングにビルドアップ。戦いは互角となるが、やはり一撃の力はグリスが上。逆にビルドが苦境に追い込まれる。

うわあ。新しいボトルでがんばった方が良かったのでは…?(汗汗)

「…俺に使いこなせるのか」
 ビルドはついに“禁断のアイテム”ハザードトリガーを手にして…。

それはダメだーーーーー!!(汗涙)

 代表戦の前夜、戦兎は美空(高田夏帆)に小型の装置をそっと手渡していた。それはビルドがハザードトリガーを使うことになり、再び暴走したらビルドの動きを止めることができる装置。いざという時にはスイッチを押して欲しい、と戦兎は美空に託す。
 しかし、スイッチを押せばビルドの動きを止めるというのはウソ。ハザードトリガーを破壊し、戦兎を消滅させるという恐ろしい力を秘めていた。

何て悲しいウソなんだ(涙)

 戦兎のウソを見破った美空は「私はやらない…絶対に押さないから」と拒否するが、戦兎は「俺とお前で創ったビルドだ」と美空に懇願する。美空にとって辛い役目であることは戦兎にもわかっている。しかし「悪い…。けど、お前にしか頼めないんだ」という以外に言葉が出ない…。

凄い絆ですね。

 ビルドはハザードトリガーのスイッチを入れた。漆黒のラビットタンクハザードとなったビルドはグリスを攻撃。しかし、グリスも果敢に反撃を試みる。
 が、次第に戦兎の意識が薄れ、ラビットタンクハザードは暴走。ボトルを入れ替え、ホークガトリングハザードへとビルドアップすると、グリスに反撃の隙を与えず恐ろしい力で次々と攻撃を繰り出していく。

やっ やっぱりか(汗)

 何も出来ずにホークガトリングハザードの必殺技を受けたグリスは変身を解除。戦いはビルドの勝利となり、東都は北都との戦争に勝利する。東都の市民、政府関係者が喜びにわく中、美空は一人表情をこわばらせていた。

もはや 嫌な予感しかしません(滝汗)

 もはや戦闘マシンと化したホークガトリングハザードは変身を解除した一海にも襲いかかろうとしていた。強烈な一撃を一海にお見舞いしようとしたその時、なんとクローズチャージがその拳を受け止めていた。美空から全ての事情を聞いた紗羽(滝裕可里)が龍我(赤楚衛二)に助けを求めに行っていたのだった。

龍我きたーーーーーーーーーーー!!!

 とはいえ、龍我もスクラッシュドライバーで自我を破壊される可能性がある。一海はクローズチャージに「やめろ!今のお前じゃ無理だ!」と叫ぶが、クローズチャージはホークガトリングハザードに力の限り立ち向かっていく。
「俺しかいねえ、戦兎を助けられるのは、俺しかいねえだろォォ!」

スポンサーリンク

熱い展開だ!

 その時、異変が起きると龍我がクローズチャージを自らの意思で動かせるようになった。クローズチャージは全身全霊の力でホークガトリングハザードの必殺技と相打ちに。激しい衝撃に互いに変身を解除、戦兎も意識を取り戻した。
 美空と紗羽が喜びの涙を流す一方、一海らは完敗を認める。

やったーーーーーーーーーーー!!

 戦争は北都の敗戦で終わったが、北都の多治見喜子首相(魏涼子)は東都へ向かわせていた兵士に東都への総攻撃を命じようとする。が、そこへ西都のガーディアンが乱入。西都の御堂正邦首相(冨家規政)の命令で喜子を拘束した。すべては西都と繋がっていたブラッドスタークが企んだシナリオだった。“漁夫の利”を得た御堂は「これで北都は私のモノだ」と不気味な笑みを浮かべる。

ここで、いきなり西都が出るとは…(驚愕)

 そして、ブラッドスタークの前には、謎のライダーが姿を現した。
 西都の仮面ライダー…その正体とは!?

一体 誰なのでしょうか?!

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第22話 感想 ビルドは、仲の良い家族の物語は私の妄想なのか?

やっぱり龍我の友情は凄かったですね。無理だと思っても自分が止めるしかないと必死の思いで大好きな友だちのために 全力でその暴走を阻止しようとするのです。それが熱かったですね。

どんだけ戦兎のことが大好きなんだろう。龍我!
流石 ベストマッチな奴等です。

前回は、暴走した戦兎のラビットタンクハザードが 青葉が倒し亡くなってしまったことに責任を感じ 物凄く落ち込む戦兎に 凄く違和感を感じたのですが…

今回は、かなりベタな展開ではありますが… 龍我が自分しか戦兎を止められる奴は居ないと必死の思いで 友のために命懸けで頑張る姿が良かったです。本当にベタな展開なんですけどね(微笑)

本当にベタな展開なのですけど、私の心には響きました。
こんな熱い展開 大好きです。
あなたは、いかがでしたでしょうか?

やっぱり この仮面ライダービルドは、やはり
戦兎と龍我のベストマッチなコンビの友情物語でしたね。
それを強く感じることが出来た回でした。

正直 前回の違和感から今回 どんな展開になるのか?
少し不安だったのですが… 今回の話は自分的には大満足の話でした。
結構 ベタな展開で心打たれる自分が居ましたww

あと、戦兎が美空にハザードトリガーを使って前のように暴走したら 自分を消滅させるスイッチを託すのも良いシーンでした。最初は自分の動きを止めるスイッチだとウソをつくのですが

美空には直ぐにバレてました。長い付き合いだけに阿吽の呼吸で直ぐにバレるのですね(微笑)

ここで気付いたのですが… これもきっと友情ですね。愛情があるか?どうか?は私には分かりませんが、少なくともそこに 友情というか深い絆が存在しますね。
なので、仮面ライダービルドの物語は戦兎と美空との友情物語でもあったのですね。

そう考えると、家族の物語なのかもしれません。
仮面ライダービルドって。
血のつながった家族ではないですが…

戦兎と龍我、そして美空には 一緒に長く過ごしていることで家族のような絆が生まれていますね。お互いを思い合って 相手を助けるために全力を尽くす そんな姿が観ていて心地良いですね。

果たして、この先 この三人の物語は どう成って行くのでしょうか?
見守って行くのも楽しそうですね。

そうそう。マスターだってそうですよね。
戦兎を騙していたとは言え、ただ悪巧みだけのためにやっているとも思えないのです。…と言うか私が そう思いたいだけなのですがw マスターも戦兎たちと家族であり、いつか分かり合える日が来ると良いなぁ。

仲良く暮らしていた日々がウソで終って欲しくないのです。
その点も見所ですね(微笑)
一癖あるマスターですが、最後には皆と笑い合っていて欲しいです。

今は私のただの妄想ではありますが、
そう成ると良いですね。

仮面ライダービルドは、仲の良い家族の物語である。
これが私のただの妄想で終らないことを願っております。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする