仮面ライダージオウ 第11話 感想 あれは映画にお預けなのか?!

スポンサーリンク

いきなりジオウとアナザーガイムの戦い。何故か持ってるガイムライドウォッチで見事撃破するも、空間が変化し そこに紘汰神の現れる。それで良いのかい?と話し 何故か時間が巻き戻されアナザーガイムは逃げ出した。そして、現代にはソウゴが二人。果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじの紹介からです。↓

スポンサーリンク

仮面ライダージオウ公式あらすじ 第11話「ジオウ・オン・パレード2018」

 アナザー鎧武と戦うジオウは、鎧武ライドウォッチでジオウ鎧武アーマーに変身。アナザー鎧武を撃破する。が、その直後、見知らぬ地へ飛ばされたソウゴ(奥野壮)の前に神のような男(佐野岳)が現れた。彼はゲイツ(押田岳)の力を信じてみるといい、とソウゴに告げて…。

なぜ、いきなり こんな展開に…(汗)w

 クジゴジ堂を出て行ったゲイツを連れ戻さなければ…。ソウゴは自分が良い魔王になるためにもゲイツが必要と一人で外へ。が、すぐに戻ってくると、チームバロンというダンスユニット連続失踪事件の現場にゲイツがいるような気がする、とツクヨミ(大幡しえり)を誘う。急に何を? とツクヨミは戸惑いを隠せず…。

 一方、ゲイツはスウォルツ(兼崎健太郎)らタイムジャッカーと合流。ダンスユニット、チームバロンのアスラ(友常勇気)がアナザー鎧武に変身、仲間を襲うところを目の当たりに。ジオウを倒し歴史を変えるのが目的ならスウォルツらの目的と同じはず…。しかしゲイツは「俺は自分の力でジオウを倒す!」とアナザー鎧武に襲われたスタッフを救出する。

やっぱりゲイツは、こうでなくちゃ。

 そこへ駆けつけたソウゴとツクヨミだったが、ゲイツはアナザー鎧武によってヘルヘイムへと飛ばされてしまった。ゲイツを助けなければ…。そんなツクヨミにソウゴは鎧武ライドウォッチを見せ、知るはずのないアナザー鎧武を倒さなければ、と告げる。いつの間に鎧武ライドウォッチを手に入れたのか? 事態が呑み込めていないツクヨミとウォズ(渡邊圭祐)はただ混乱する。

 ヘルヘイムに送り込まれたゲイツは、チームバロンのメンバーを襲うインベスを前にライダーゲイツに変身。インベスを倒すと、戒斗(小林豊)と名乗る男と出会う。戒斗も出口を探しているが、5年間もヘルヘイムをさまよっているらしい。

 クジゴジ堂に戻ったツクヨミをソウゴが待ち受けていた。ゲイツが見つからないとすぐに出ていくが、またすぐに帰ってきた。混乱するツクヨミにソウゴは、アナザー鎧武が生まれた経緯を説明する。発端は5年前、チームバロンを追い出されたアスラにタイムジャッカーが接触。アナザー鎧武となり、邪魔者をヘルヘイムに追放。チームバロンのリーダーになったという。…それにしてもなぜソウゴはそこまで知っているのか??

こっ このソウゴは何者?!

スポンサーリンク

 絶対にソウゴはおかしい。ある仮説にたどり着いたツクヨミは、ソウゴにアスラを倒すよう指示する。訳がわからないソウゴだが、無理やりアスラの前に出されるとジオウに変身。アスラもアナザー鎧武に変身する。

 苦戦をしいられたジオウだったが、間一髪もう一人のジオウが現れピンチを救った。アナザー鎧武が逃走した後にジオウは変身を解除。なんとツクヨミとウォズの前には二人のソウゴが現れて…!

以上
テレビ朝日の仮面ライダージオウ公式サイト 第11話ストーリー から引用させて頂きました。

仮面ライダージオウ 第11話感想 あれは映画にお預けなのか?!

私の観方が悪いのか? いや、それとも 敢えて混乱させる演出なのか? ソウゴが急に二人出て来て混乱してしまいました。何故なのか?その理由は、来週分かりそうですね(微笑)

ゲイツを探しに行こうとしたソウゴに ウォズは言いました。彼は、魔王と成るのに何も関係していないと。それでも大切な仲間だからとソウゴは探しに行きます。ここで、思ったのは、何故ゲイツは魔王に成るのに何も影響を与えていないのか?と言うウォズと、そんなゲイツが良い魔王に成るには必要だと話すソウゴ。

つまり、ゲイツはソウゴが良い魔王に成るのに必要な存在なのでは。ウォズに必要ないと言われたゲイツ。だがしかし、このまま終わって欲しくないですね。それにゲイツって変身したらジオウと同じような力を持ってますよね。

そんな凄い力を持っていて関係なくない筈はないですよね。今後のゲイツの活躍が楽しみです。

最初に神に成った葛葉 紘汰が現れ、最後には人間の葛葉 紘汰が現れる。面白い対比でしたね。紘汰もソウゴも二人出て来る回だったのですね。分かりますw きっと紘汰自身は、本人登場で嬉しいけど、アナザーガイムが出ているから

今回も変身することはないんでしょうね。そう言えば、そろそろ映画の時期ですね。もしかしたら、そのフラストレーションは映画上で解消してくれるのでしょうか?!そういう演出だとしたら憎い戦略ですね。

【追記】タイトルのあれとは… 本人が今まで演じていたレジェンドライダーに変身するってことです。ジオウ本編では、過去平成仮面ライダーの主役本人たちが出て来ても過去の映像などは流されても

今現在の元の主人公たちが、そのまま変身することは アナザーライダーの存在もあって 殆どないですからね。それは映画にお預けってことでしょうか?それならば、本当に憎い演出ですね(微笑)

私の文章構成が拙くてタイトルのあれが分からない方が居られたので追記してみました。【追記おわり】

本当の所は、どうなのでしょうか?!映画も楽しみですね(微笑)

そうそう。バロンも出て来ましたね。しかも5年もヘルヘイムの森をさまよっているなんて…(汗)しかもむっちゃ格好良い。だがしかし、本当の姿は結構 お茶目な青年なんですよね。そのギャップが面白いですね。

きっとバロンも変身はしないのでしょうけど、次回の活躍が楽しみです。

そして、思ったのはオーマジオウ。何か今までなら魔王に成りそうな感じが全くないソウゴでしたが… もしかしたら もう一人のソウゴがオーマジオウに成るための布石なのでしょうか?もう一人のソウゴも 悪そうには見えないのですが

もしかしたらそうかもしれないな と観ていて思いました。

時間を扱う作品の本領発揮って感じに成って来ましたが… 来週には今回の謎が全て解けてスッキリするのでしょうか?!来週が待ち遠しいですね(微笑)