仮面ライダーエグゼイド 第42話 感想 神に変って更なる展開に期待!

スポンサーリンク


仮面ライダー大好きだったのですが… このエグゼイドは何かちょっと違うとか失礼ながら思ってしまい、今まで感想は書いていませんでした。だがしかし、前回 特に思ったのですが… やはり熱くて良いですね。

前回は敵であったグラファイトは、最後まで仲間に成らず敵として立派にやられて行きました。しかも、正宗に一矢報いて… 漢(おとこ)だなと感じました。そういうストーリーを観ていて、やっぱり今の仮面ライダーエグゼイドもいいな!と思い

第42話をレビューして行きます。

先ずは、あらすじ から↓

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド 第42話 のあらすじ

 ラスボス、ゲムデウスの出現により、ゲーム病感染者が拡大。病院は大量の患者であふれパニックとなった。原因は、正宗(貴水博之)がゲムデウス自らウイルスをまき散らすようにプログラムを書き直したから。ゲムデウスを倒せば、すべての患者を救える。永夢(飯島寛騎)とパラド(甲斐翔真)はライダーに変身しゲムデウスに立ち向かうが、苦戦をしいられる。

 一方、貴利矢(小野塚勇人)は黎斗(岩永徹也)をゲムデウスウイルスに感染させ、レーザーターボに変身。戦いを仕掛ける。黎斗もゲンムに変身し受けて立つが、貴利矢の狙いは自分たちバグスターの体を使い、ゲムデウスウイルスの抗体を作ることだった。

 そして、ついに黎斗はゲムデウスに対抗する新たなガシャットの開発に成功。貴利矢によってそのガシャットを手に入れたエグゼイドはゲムデウスを追いつめる。

 これでゲムデウスを攻略、患者の命も救われる。と思った瞬間、現れたクロノスがゲムデウスにトドメを刺し、ゲムデウスのデータを収集、自らの体に取り込んでしまう。そして、正宗はクロノスとゲムデウスの力を手に入れたバグスターへと変貌。真のラスボスを宣言し去っていく。

スポンサーリンク

 バグスターとなった正宗は脅威だが、ゲムデウスは倒され、すべてのゲーム病患者は完治した。そして、活躍を認められた貴利矢は正式にCRのメンバーとして迎え入れられる。

以上 テレビ朝日 仮面ライダーエグゼイド公式サイトからの引用です。

それでは、感想です ↓

仮面ライダーエグゼイド 第42話 感想 神に変って更なる展開に期待!

貴利矢さん 熱いですね。自分の身体を顧みず、自分を滅ぼした黎斗を巻き込んで、一緒にけじめを付けさせます。バグスターとして蘇った二人だからこその出来ることをするのです。一度死んでしまった黎斗。

だがしかし、ここで亡くなるかな?と思っていたら 何と復活。そして結構 あっさりと退場した貴利矢も復活。嫌な奴だった黎斗だったのに… 復活してからは何か味のある感じに成って来ました。

少し嫌な奴ではありますが… 何か憎めません(汗)w そして、貴利矢さん 熱いです。格好良いですね。

パラドも そうですが、やっぱり敵だったキャラが一緒に戦う展開は熱いですね。まさかダブルアクションゲーマーの一人に成るなんて…。そして、新檀 黎斗は、「檀 黎斗神」に成りました。自称ですが… この名前の付け方のセンスも何か憎めないですね。

他の皆は、どう思っているか?分かりませんが…(笑)そして、これが、ただの コケオドシ ではなく、意味がある展開を 勝手に期待しております。これから どう成って行くのでしょうか?

後わずかですが… これからの展開が楽しみです。

そして、今回のオマケコーナー。
内容は ないよう(汗)な 完全な脱力系の物語です。腰が砕ける。オチもない。ユルい。…の三拍子そろったSD劇場。閲覧なさるときは充分に覚悟して ご覧ください ↓

勝手にSD劇場 36


↑ライドプレーヤー「仮面ライダークロニクル。
  ゲームスタート!SD化!」


↑SDライドプレーヤー「SD化して強く成るのか?分かりませんが…(汗)
  がんばります!」

今回は顔見せでした。
ちゃんちゃん。

あなたの仮面ライダーエグゼイド視聴ライフが更に楽しいものに成りますように。