仮面ライダービルド 第47話 感想 そのまま消滅させるんじゃねえ

スポンサーリンク

擬態した三羽ガラスを倒すために一海は、戦兎に止められていたビルドドライバーを使っての変身を行う。それは圧倒的なパワーに対抗するために仕方のないことだった。だがしかし、それは一海の消滅をも意味していた。

果たして、一海の運命や いかに…。

先ずは、公式あらすじに愛あるツッコミを入れながら 紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第47話 「ゼロ度の炎」公式あらすじ と愛あるツッコミ

 擬態した三羽ガラスが変身した3体のロストスマッシュを倒すため、一海(武田航平)は戦兎(犬飼貴丈)から禁じられていたブリザードナックルを使って変身。命の危険を冒しながらもグリスブリザードとなってロストスマッシュと闘う。

かつての仲間に擬態して操るなんて。また、その仲間を倒すために命懸けで変身するなんて…。なんて切ない展開なんだ。

 一方、先を急ぐ戦兎、龍我(赤楚衛二)らの前にはリモコンブロスとエンジンブロスの擬態が現れた。「ここは俺が引き受ける」と幻徳(水上剣星)は戦兎らを先に行かせ、自らはローグに変身。リモコンブロスらとの激しい闘いに身を投じる。

こっちはこっちで、かつての仲間と切ない展開ですね(汗)

 以前よりパワーが上がったリモコンブロスらに苦戦するローグ。その闘いに割って入るように内海(越智友己)が現れた。内海はマッドローグに変身、追い詰められるローグだったが、なんとマッドローグはローグと共闘する。内海はエボルトについたと見せかけ、難波会長(浜田晃)の仇を討つチャンスをうかがっていたのだった。

内海さん 半端ね――――!
格好良いですね。どんだけ難波会長 慕われていたんだ(汗)

 リモコンブロスとエンジンブロスは合体しヘルブロスに変身。ハザードレベルで上回り、ローグとマッドローグを圧倒するが、内海から連絡を受けていた紗羽(滝裕可里)がサメとバイクのフルボトルを持って駆けつけた。エボルトの間近で研究を続けていた内海は、サメとバイクが効果を発揮すると分析。ローグとマッドローグはヘルブロス攻略に成功する。が、そこで手に入れたロストボトルを奪おうと石動(前川泰之)=エボルトが現れ…。

サメとバイクでヘルブロスの攻撃を無効化だと…。
何故なのか?理屈は分からないが凄い仕組みだww

 キャッスル、スタッグ、オウルのロストスマッシュと互角以上の闘いをするグリスブリザードだったが、なかなかトドメを刺すことが出来ない。すると、グリスブリザードの体から粒子の放出が始まった。闘いを見守っていた美空(高田夏帆)は懸命にグリスブリザードを止めるが、「どの道助かりそうもねえんだ」と闘いを継続。まさに命をかけた攻撃を3体のロストスマッシュに仕掛けていく。

うわああ。かずみーーーーーーーん!!

 ローグとマッドローグはエボルコブラフォームとの闘いに。エボルトのデータをドライバーにインプットしたマッドローグはエボルを一瞬追い詰めるが、自らの体が持たず強烈な一撃を浴びてしまう。変身を解除した内海はローグを庇うようにエボルの攻撃を受け、ついに力尽きるが、実は内海はサイボーグだったことが明らかになる。以前、幻徳が内海を銃で撃ち、ブラッドスタークに助けられてから内海はサイボーグとして生き続けていたのだった。全ては己のせいか…。ローグは衝撃と共に紗羽を連れて姿を消す。

内海さん エボルトを圧倒したのに… 一瞬だけだったのね(汗涙)
「あなたを助けたかった訳じゃない。ロストボトルを守りたかっただけ…。」
…って言っていたけど、本当は幻徳を守りたかったのじゃないか?!

と私は思うのです。

 粒子の放出が激しくなる中、ついに3体のロストスマッシュを撃破したグリスブリザード。変身を解除し、消滅しかかる一海は手にしたロストボトルを「戦兎に」と美空に託す。美空は涙ながらに「お願いだから、生きてよ」と一海にすがりつくが、一海はゆっくりと消滅していく。
「推しに看取ってもらえるなんて、幸せ者だな…あいつらに自慢してやらねえと…」
 美空は消滅した一海のドッグタグを手に、泣き崩れながら初めての言葉を口にする。
「カズミン…」

スポンサーリンク

格好良すぎるぜ。かずみん。
生きて、もっと活躍して欲しかった。

 各地がブラックホールに吸い込まれて消滅していく中、戦兎、龍我、幻徳らに美空から一海の消滅が伝えられた。それぞれが深い悲しみにやりきれない思いを放出、美空は紗羽と抱き合って泣き崩れる。

「よお」
 そんな戦兎らの前に笑みを浮かべた石動…エボルトが現れた。倒すべき、いや倒さなければならない敵を目の当たりにした戦兎は、これまでにない最高の怒りをぶつける。

「エボルトォォォォー!」

無茶苦茶 嫌な登場ですね。
一緒に叫びたい気持ちです。

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用にコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第47話 感想 そのまま消滅させるんじゃねえ

やっぱり このまま最期だったじゃないですか?!
戦兎さんよ。天才科学者なんでしょ。
こうなることを想定して何か手を打って欲しかったな。

天才なんだからよ。
情報与えたら使うに決まってる。
自分を犠牲にしても平和は世界を望む熱い奴なんだからよ。

いや。そう考えると そう成るのを想定していたのか?
戦兎は…。とかも思えてしまいます。
本当に天才だったのなら想定出来たはずなのに…

残念でなりません。

いや。物語としては一海が命懸けで変身をして、敵を撃破し消滅することで感動的な話に成ったのだと思います。だけど、やはり かずみんが消滅するのは悲しいです。何とかならなかったのでしょうか?!

いい加減 人を消滅させて感動させるシナリオは止めて欲しいです。いや、確かに熱くい感動もしました。だがしかし、切なくもありました。消滅させなかったら感動しないかもしれない。

ご都合主義的かもしれない。だがしかし、主要メンバーが最後まで元気に活躍して欲しい想いの方が私は強いです。何か そんな世界が好きです。感動はなくても…(汗)w

いや、もしかしたら 実際にそう成ってしまったら 感動が少ないとか感想を書いているかもしれませんね(汗汗)ww いい加減な奴なんです。私は…www

だがしかし、一海が グリスが 大好きだったので消滅は悲しかったですね。それにビルドや グリースが あれだけパワーアップしている中で やっとパワーアップできたのが最期だなんて… 扱いが酷過ぎですね(汗涙)

まあ。仮面ライダーグリスの設定的に ビルドやクローズみたいに ばんばんパワーアップするタイプじゃないかったのかもしれませんけどね。それにしても 切ないです。

じゃあ。感動を残して消滅させないで済むシナリオって どんなものに成るのでしょうか? ちょっと自慢の妄想力で考えてみます。

そうですね。

こんなのは、どうでしょうか?

擬態した三羽ガラスの攻撃は、グリスを追い詰めます。そして、三羽ガラスが止めを刺そうとしたとき、動きが止まるのです。それはボトルに残っていた三羽ガラスの意志が、そうさせたのでした。

そのチャンスにライダーキックを叩き込み、擬態した三羽ガラスを撃破。

上手く表現できてはいない気もしますが… 三羽ガラスの意志が攻撃を止めさせたとき、「お前ら。天国に行っても力を貸してくれるなんて。面倒を掛けさせたな。ありがとうよ。」とか熱いセリフで感動できないかな?

出来ませんか?

そうでしたら申し訳ありません。だがしかし、消滅させずに感動させる話を模索して欲しかったですね。最期だから やっちまえ!…って気持ちも全く分からない訳じゃないですけどね(汗)

一年間 見続けて来てファンがいる訳ですから、やっぱりファンとしては寂しいですよね。いや、もしかしたら私だけなのでしょうか?? そうなら仕方ないのですけどね。

あなたは、いかがでしたか? 納得の最期だったでしょうか?

まあ。かずみん推しの全力の感想に今回は成ってしまいましたww
いろんな立場の方が居られますから、こんな感想もあって良いですよね。
今回は全力で かずみんファンの妄想全開記事でしたwww

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。