仮面ライダービルド 第48話 感想 幻徳も立派だった。ありがとう

スポンサーリンク

グルスこと一海が消滅。立派に戦った最期でした。そして、同じように人体実験された幻徳もエボルトの戦いの中、粒子を放出してしまう。このまま幻徳は消滅してしまうのか?それとも…

頑張れ!!幻徳!!

先ずは、公式あらすじに愛あるツッコミを入れながら紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第48話 「ラブ&ピースの世界へ」公式あらすじ と愛あるツッコミ

 一海(武田航平)が消滅し、失意、怒りに震え、悲しみに沈む戦兎(犬飼貴丈)たち。そんな彼らの前に笑いを浮かべて現れた石動(前川泰之)に擬態したエボルトは、最後のロストボトルを奪うためエボルブラックホールに変身。戦兎、龍我(赤楚衛二)、そして傷だらけの幻徳(水上剣星)もライダーに変身。エボルへ向かって突進する!

にっくきエボルトを倒せ――!!
皆 ボロボロだな。だがしかし、仮面ライダーは戦う。
それが仮面ライダーーー!!!

 苦戦を強いられるビルドたちだったが、そんな中ハザードトリガーを手にしたクローズマグマは戦兎の言葉を思い出す。新世界を創るには黒いパンドラパネルとロストボトル10本をエボルトから奪い、白いパネルを合体させる。それを出来るのはエボルトの遺伝子を持つ龍我しかいない、と。

龍我 がんばれ!!最後にそんな大役が回って来るなんて。
龍我 負けるなよ。

 負けるわけにはいかない!クローズマグマはハザードトリガーをベルトに挿入すると、全力でエボルに強烈な一撃を叩き込む。しかし、一瞬ひるんだもののエボルはさらに強烈な一撃で反撃。続いてローグが立ち向かうが、エボルの攻撃を浴び、身体から粒子を放出し始めてしまう。その姿はまるでグリスのようで…。

うわあああああ。
幻徳もかーーー。最初はエボルと同じ陣営で、悪いヤツだったのに。
いつの間にか良いヤツに成りやがって…

だがしかし、それが良かった。昔の罪を背負いながら戦うのが良かった。

 ビルドジーニアスを超高速の動きで圧倒したエボルは、ビルドジーニアスが落とした2本のロストボトルを拾い黒いパンドラパネルに挿入。エボルトリガーを発動させ、パネルを体内に埋め込むとエボルト怪人態に変身。さらにブラックホールを形成し月を吸収、月のエネルギーを取り込みパワーアップしてしまう。

戦兎 何やってんだ(汗)
落とすなよ(汗涙)

 エボルト怪人態はビルド、クローズに強烈な一撃を与え変身を解除、巨大なブラックホールを形成し、ついに地球を吸収しようとする。あたりは暗闇に包まれ、エボルト怪人態はエボルト(究極態)に進化。深い傷を負った戦兎と龍我は動くこともできず、地球が飲み込まれていくところを見届けるしかない…。

なっ なにも出来ないのか?(汗)
このまま 見ていることだけしか出来ないのか??(汗汗)

 ベルナージュの力に頼ろうとした美空(高田夏帆)だったが、エボルト(究極態)はその美空めがけて波動を発射。間一髪のところでローグが盾となり美空を守る。戦う力など残されていないはずのローグだったが、一海の言葉を思い出し気力だけでエボルト(究極態)に向かっていく。
「最期に力を貸してくれ…」

幻徳ーーーーーー!!

 闘いの前夜、一海は幻徳に、この国が生まれ変わったら政治家になれ、今のお前なら親父さんの跡を立派に継げるはずだ、と言葉をかけられていた。赤羽(栄信)の命を奪ったことさえ許すと言った一海。
「この国の未来は…俺が守る!」

なんだよ。今に成って この友情。
熱い。二人だな。泣けます…

 ローグはエボルト(究極態)の攻撃を受けながらも懸命にエボルドライバーを攻撃。市民の仮面ライダーを応援する声に後押しされ、ついに最後の力を振り絞りライダーキックをエボルトリガーに向かって放つ。しかし、エボルト(究極態)も強烈な一撃でローグを粉砕。ついには変身を解除した幻徳は、後を戦兎に託し消滅していく。
「親父…少しは近づけたかな…」

幻徳 立派だったよ。
お前 謙虚な奴だったんだな。
親父さんも きっと喜んでるよ(涙)

スポンサーリンク

 なおも聞こえてくる市民の声に戦兎と龍我は再び立ち上がった。そしてビルドジーニアス、クローズマグマに変身する。その時、エボルト(究極態)の動きが止まった。ローグの執拗な攻撃によってエボルトリガーが破壊されていたのだった。

幻徳 よくやった。
絶対に勝てないような相手でも決して諦めずに立ち向かって行く。
その姿に心を震わせている人々が居る筈。

私も その一人。

 ビルドジーニアスは動けないエボルト(究極態)に強烈な必殺技を放つと、その胸のあたりに黒いパンドラパネルが浮かび上がった。そこへクローズマグマが白いパネルを被せ、ビルドジーニアスがフルボトルバスターを一閃。白いパネルがエボルト(究極態)から分離され、ビルドはパネルをパンドラボックスに装着する。

よっしゃあ。

 その瞬間、ジーニアスボトルからエネルギーが注入され、パンドラボックスから光が空へと放たれると、ブラックホールからもう一つの地球が姿を現した。その地球こそ、スカイウォールのない世界…。スカイウォールのない世界と現実を融合させれば、エボルトのいない新しい世界を創ることができる。そのためには光の隙間にエボルトを放り込み、そのパワーを活かさなければならない。

最後の仕上げだ。

 が、その役割をクローズマグマが戦兎から強引に奪ってしまう。
「俺にもエボルトの遺伝子が宿っている。一緒に消えるのは俺の方が都合がいい」
 クローズマグマは戦兎に「ありがとうな」という言葉を残し、エボルト(究極態)ともみ合いながら閃光の裂け目を目指して空へと飛び去っていく。後には戦兎の悲痛な叫びが響くだけだった。

「万丈ォォォォッ!」

龍我 ちょ… お前
格好良すぎるよ(汗涙) 

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用にコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第48話 感想 幻徳も立派だった。ありがとう

一海に続くて幻徳までも消滅なんて…。
最期だからってこれで良いのでしょうか?
いや、十分 熱くて感動もしたんですけどね。

やっぱり 寂しいですね。
最初は嫌な奴でしたよね。幻徳。
自分の出世の為に血の繋がった実の父親をも失脚させるような。

下手したらエボルトよりも嫌な奴だったときもあったのにね(遠い目)

だがしかし、その幻徳が いつの頃か
正義の心に目覚めたのですよね。
いや、正義って言うか?民衆を守るための心に

目覚めた…って書くのが正確でしょうね。
そして、戦兎たちの仲間に成り
実質 正義の仮面ライダーに加わるんですよね。

最近の毎回のダサいファッションも
今では良い思い出ですよねwww

仲間を倒されて許せなかった一海も
何だよ。いつの間にか許してるし。
いや、それは分かったからですよね。

そう。それは、自分の為では無く、人々の為に
人々の明るい未来を守るために
自分と同じように幻徳が戦っていることに。

少し遠回りしたけど、人々を守りたいって気持ちは
一緒だったんですよね(微笑)
戦う力を持たない人々を守りたいっていう気持ち。

それが最期に分かって良かったです。
だがしかし、この二人は消滅させるしかなかったのでしょうか?!
行方不明とかにして最終回で再登場とか

出来なかったのでしょうか?
仮面ライダーファンの自分は、やはり今まで一年間
全力で戦ってくれた仲間が消滅するのは悲しいです(涙)

しかも龍我まで(汗汗涙)
その三人が、最終回でフラッと出て来てくれたら嬉しいなぁ。
いや、出来ないことはないですよねww

新世界は出来る時、スカイフォールの無かった地球と合体しますよね。
そのときに、その世界の幻徳や 一海や 龍我が作用して復活!!
…とか出来そうですもんね。

感動的ではありますけど… そう。十分に感動は出来たんですけど、主要メンバーは生きて欲しいです。何らかの力で復活する可能性もあるのかもしれませんが… やはり消滅させられるのは寂しいですよね(涙)

やはり今回も 幻徳ファン記事に成ってしまいましたねwww
だがしかし、悪かった奴が 何時の間にか改心して
命懸けで人々を守るために戦う姿を見ていると…

愛着が湧いて応援したく成りますよね。そして、消滅して欲しくないと思ってしまいますよね。一年間 一緒に戦って来た結果が消滅じゃあ 悲しいですよ。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。