仮面ライダービルド 第27話 感想 またモヤモヤして来たので勝手に妄想してみた!

スポンサーリンク

代表戦第二回戦。クローズチャージは突如 現れたヘルブロスに勝てるのでしょうか?出来れば勝って欲しいのですが… 折角 開発したビルドの新しいフォームも観たい自分もいます(汗)w

果たして、どう成ってしまうのでしょうか?

先ずは、公式あらすじに自分の想いを織り込みながら紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第27話 「逆襲のヒーロー」公式あらすじ

 東都vs西都、ライダー代表戦の第2回戦。リモコンブロスとエンジンブロスが合体したヘルブロスはクローズチャージを圧倒。優位に戦いを進める。しかし、戦うことで強くなるクローズチャージは形勢を逆転。逆にヘルブロスを追い詰めていく。

おおっ!一方的にやられるかと思ったら意外な展開!!

 このままクローズチャージの勝利か、と思われたが、ヘルブロスは自分が負ければ西都政府に拘束されている弟が処分される、とクローズチャージに告げる。
 弟が処分される…。
 ヘルブロスの過酷な運命に同情したクローズチャージは攻撃することが出来なくなり、強烈な必殺技を浴びて変身を解除。戦いに敗れてしまう。
 ところが、ヘルブロスの告白はすべてウソであることがわかった。悔しがる龍我(赤楚衛二)だったが、すべては後の祭り。潔く負けを認める。

龍我 甘過ぎるぞ!
だがしかし、そこが龍我の良さでもあるのかも(汗)w

 これで代表戦の勝敗は1対1。いよいよ最終戦、ビルドとローグの一騎打ちを迎える。

やっぱり そうですよね。前回の予告で戦う所 出てたもんね(汗)

「俺は必ず勝つ。お前の分もな」と戦兎(犬飼貴丈)が龍我に告げ決闘場へ向かおうとする頃、紗羽(滝裕可里)から「カズミンにお願いがあるの」という電話を受けていた一海(武田航平)は「さっさと終わらせて帰ってやるか」とつぶやくと、小さな雑居ビルへと駆け込んでいった。一海は何をしようとしているのか?

一体 どう成ってしまうのかーーーーーーーーーーーーーーー?!

 戦兎はビルドラビットタンクスパークリングに、幻徳(水上剣星)は仮面ライダーローグに変身。戦いながらもローグは、戦兎の元の人格である葛城(木山廉彬)は、科学の発展が戦争を生み出すことを知りながらライダーシステムを創った、と言い放つ。そんなローグに対してビルドは「戦争に加担したい科学者なんて一人もいない!人々の幸せを願って平和利用のために力を尽くしているんだ!」と言葉を返す。

そうだ!そうだ!!

「もし葛城が…記憶を失くす前の俺が、本当に悪魔の科学者だったとしたら…この戦争を引き起こす原因を作ったんだとしたら…今の俺がそれを終わらせる」

よく言った戦兎!

 力強い言葉とともに攻撃を仕掛けるビルドだが、ビルドラビットタンクスパークリングはローグの敵ではなかった。逆に攻撃を跳ね返されると、必殺技を浴びてしまい倒れてしまう。

ビルドラビットタンクスパークリング終了のお知らせです(ちーん)

 その時、ビルドは以前クローズ=龍我に言われた言葉を思い出した。
「誰かの力になりたくて闘ってきたんだろ。誰かを守るために立ち上がってきたんだろ。それができるのは、葛城巧でも佐藤太郎でもねえ。桐生戦兎だけだろうが!」

こんなときに思い出すなんて最悪だ! と言いながら戦兎は思い出すのです。龍我のその言葉を!熱いな。やっぱり仮面ライダーは!!

 再び立ち上がったビルドは「俺は俺のやり方で葛城巧を超えてみせる」とハザードトリガーをドライバーに挿入。続けて新たな強化アイテム、フルフルラビットタンクボトルをドライバーに挿入する。

これを発明したのは葛城なのか?戦兎なのか?(汗)

「ビルドアップ」
 ビルドはラビットラビットフォームにビルドアップ。自我を失った時と同じ強力なパワーを発揮しながらも、自らの意識をコントロール。ローグに強烈な攻撃を加えていく。
「この力は完全に俺のモノだ!」
 一方的にローグを攻撃するビルドラビットラビットは、新たな武器フルボトルバスターを駆使してローグを圧倒。ライダーキックで場外へと蹴散らしてしまう。

スポンサーリンク

脚が伸びて、ローグの前で止まり そのまま落ちて行くライダーキックが格好良いです!!

 しかし、戦いは変身解除、戦闘不能にならなければ決着はつかない。ビルドラビットラビットはローグを追って自らも場外へと向かう。
 その時、VIPルームで戦いを見守る難波会長(浜田晃)のもとに内海(越智友己)から「ラビットラビットフォームの攻略データのインプットが完了しました」という報告が入った。紗羽が戦兎のもとから奪い、難波へともたらされたデータがローグに渡ってしまった…。

結構 時間が掛かったのね(汗)w

「余興は終わったようだな」とほくそ笑む難波。一方、がれきの闇の中でローグの複眼が不気味に光を放ち…!

うわあ、反撃開始かよっ!(汗汗)
来週 どうなる!?

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第27話 感想 またモヤモヤして来たので勝手に妄想してみた!

やっぱりモヤモヤ感が多いですね。スッキリ勝ちきれないと言いましょうか?今回のビルドラビットラビットフォームでアッサリとローグに勝っちゃダメなのでしょうか?
来週はスッキリと勝てるのかな?

少なくとも何か今週もモヤモヤしますね(汗)

脚本家さんの癖なのかな?スッキリと勝たせないと言う…。まあ。このまま負けるとローグの良い所無しだから それは避けたかったのでしょうか?? この辺り スッキリと圧倒的に勝って欲しい私の思いとはぶつかります。

そうか!それは先の第二回戦でクローズチャージが意外に善戦するも、ヘルブロスのウソに騙されて戦意を失い変身を解除されてしまったときからモヤモヤでしたね(汗)自分ならどう描くかな?脚本を…。

文句だけ付けるのは簡単だけど私は嫌なので、ちょっと考えてみます。スッキリする展開を… まあ 飽く迄も私がですが…(微笑)あなたがスッキリしなかたっとしたら 真に申し訳ありません(汗)w

【妄想脚本 その壱】

先ず、第二回戦。もう龍我を勝たせます。何とか戦う度に強く成って行って勝つのです。龍我が…。そうすると、西都政府首相の御堂正邦が提案するのです。戦兎にローグと決着を付けたくないのかと。

無茶な要求だけどローグを面白く思っていなかった戦兎は、それを受けるのです。そして、圧倒的なラビットラビットのスピードとパワーでローグを撃破するのでした。

⇒これだったらスッキリしそうです。だがしかし、第三回戦に行く理由が弱いですよね。

【妄想脚本 その弐】

第二回戦は圧倒的なヘルブレスのパワーでクローズチャージが負けてしまいます。

龍我に勝利を誓う戦兎。そして、始まる第三回戦。ビルドはラビットラビットフォームの圧倒的なスピードとパワーでローグを撃破するのでした。

⇒これだと龍我の負けでモヤっとするけど その分 後のビルドの勝ちでスッキリするかな。

【妄想脚本 その参】

先ず、第二回戦。龍我は、自分が負けると弟が始末されるというヘルブロスの話を信じ抵抗を止め、あっさりと負けます。

そして、始まる第三回戦。圧倒的なスピードとパワーで勝ちそうになったラビットラビットフォーム。だがしかし、そこでローグが身の上を話し始まるのです。実は西都には自分の隠し子がおり、隠し嫁も居るのでした。

二人は西都政府に人質に取られ、自分が負けると始末されるのです(汗)それを聴いて戦えなく成った戦兎。そして、悲しいことに戦兎は負けてしまうのでした。これで西都が日本を支配することに成るのでした。

⇒うおう。むっちゃ意外な展開。だがしかし、全然スッキリしません(汗汗)失敗妄想でしたw

…書いているうちに思いました。脚本っていうほどのモノは書けていませんが… 脚本を書くのって難しいなと。そして。アッサリ勝たせなかったのも もしかしたら理由があるのかもしれませんね。

その理由を来週 見守るのも楽しいですね(微笑)果たして、何があるのでしょうか?!何もないのでしょうか?(汗)w 来週も楽しみです。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする