仮面ライダービルド 第16話 感想 葛城巧でもなく佐藤太郎でもなく桐生戦兎なビルド

スポンサーリンク

桐生戦兎は、何者なのか? 葛城巧なのか?佐藤太郎なのか?それとも…。謎が謎を呼ぶ展開に…。果たして真実は、いかに…。益々 ヒートアップして行く仮面ライダービルド!!

今回も見逃せませんね。

自分の感想を挟みながら、公式あらすじを紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第16話 「兵器のヒーロー」公式あらすじ

 戦兎(犬飼貴丈)が、死んだはずの葛城(木山廉彬)!? 幻徳(水上剣星)の衝撃の告白を信じることができない戦兎と龍我(赤楚衛二)だが、幻徳は冷静になぜ葛城が戦兎となったのか、その真相を語り始める。すべてはブラッドスターク=マスターの石動(前川泰之)の仕業だった…。

マスター?!
どんだけ酷いヤツなんだ(汗汗)

 葛城が殺されたとされたあの日、スタークはファウストから足を洗うという葛城の意識を失わせ、新薬のアルバイトのためにやってきた佐藤太郎(犬飼貴丈=二役)の命を奪う。そしてスタークは葛城の顔を太郎に、太郎の顔を葛城に変えて、太郎の顔となった葛城を運び出すと“万丈龍我が人を殺した”と警察に通報。龍我に“葛城殺害”の罪を着せてしまう。

うわああ。やっぱりマスターが殺したのか?
しかも葛城ではなく、佐藤太郎の方を…。
それに葛城は足を洗おうとしていたんだよね(汗)

良いヤツじゃねえか。

 スタークは太郎となった葛城の記憶をすべて抹消、人体実験を受けさせ、石動と戦兎が初めて出会った場所に運び…。そこから記憶を失った戦兎と石動の関係が始まった、というわけだった。非の打ち所のない幻徳の説明に、自らが葛城であることを受け入れるしかない戦兎。言葉もない戦兎と龍我だったが、すべての話を美空(高田夏帆)にも聞かれていた。

確かに非の打ち所がない話だが… 一つ非があるとすれば 証拠がない(驚愕)
結構 それってダメじゃないのでしょうかwww

 やはり戦兎が“悪魔の科学者”葛城だった…。龍我は「お前が香澄を殺したんだ!」と戦兎を激しく責め、「俺と闘え」と挑発する。戦兎と対峙した龍我はクローズに変身、戦兎もビルドに変身する。クローズの攻撃を受け止めるビルド。その脳裏に自分が葛城だったことを裏付けるような過去の出来事が甦り、反撃することが出来ない。が、クローズの本気を出せ、という言葉にラビットタンクスパークリングにビルドアップ。クローズを倒し変身を解除させると、戦兎は自らの罪を認め去っていく。

やる気なくても勝てるなんて…。この戦力差(汗汗)
クローズもパワーアップさせてあげてください(切実)w

 一人物思いに沈み込む戦兎の前に2体のスマッシュが現れた。しかも引き連れているガーディアンには北都のマークが。戦兎はビルドに変身、ガーディアンを撃退しスマッシュに立ち向かう。しかし、そのスマッシュを生み出したのも葛城、つまりは戦兎だ。そんな迷いで自分を見失ったビルドはスマッシュに圧倒され変身を解除してしまう。

葛城が作ったスマッシュの理論は、他の国にも提供されてるんだ(汗)

スポンサーリンク

「ナニやってんだ、あいつ…」
 見かねた龍我はクローズに変身。戦意を喪失した戦兎に代わってスマッシュに戦いを挑む。「俺がいなければ、誰も傷つかずにすんだ…」と迷いを口にする戦兎にクローズは戦いながら力強い言葉を投げ掛ける。
「誰かの力になりたくて闘ってきたんだろ。誰かを守るために立ち上がってきたんだろ。それができるのは、葛城巧でも佐藤太郎でもねえ。桐生戦兎だけだろうが!」

万丈 どうしたいんだ?(汗汗)
だがしかし、凄い素敵な言葉で勇気を貰いました。このおっさんもね(微笑)

 クローズの言葉に目を覚ました戦兎は再びビルドに変身。改めて正義のヒーローとしてクローズとともにスマッシュに立ち向かい、最後は力を合わせてスマッシュを撃破する。

 いったい誰がスマッシュを生み出したのか。首をかしげる戦兎と龍我の前に現れた幻徳は「北都政府だよ」と告げる。首脳会談での幻徳の挑発的な言葉を受けて、北都は東都に宣戦布告。ついに戦争が始まる…。衝撃を受ける戦兎らの前で笑みを浮かべる幻徳。その一部始終をモニターで見ていた多治見喜子北都首相(魏涼子)の後ろにはスタークが…。

マ マスター?!汗
何がしたいんだろ汗汗

 そのころ、別の場所では謎の男たちが現れ、スマッシュに姿を変えていた一人が街を破壊。“カシラ”と呼ばれる男の登場を心待ちにしていた。
 そして、北都からは見たこともない謎の仮面ライダーが東都のガーディアンを倒し、ゆっくりと東都へと歩を進めていた。謎のライダー、そして男たちの正体は!?

いきなり現れる新たな登場人物たち。
急展開していく仮面ライダーに おじさんは付いて行けるのでしょうか?www
だがしかし、更に面白く成って来ました。

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第16話 感想 葛城巧でもなく佐藤太郎でもなく桐生戦兎なビルド

まさか最後の最後で いきなり急展開して行くなんて…(汗)
新しい仮面ライダーも現れ、強そうなライバルたちも沢山出て来るんなんて…。
おじさんは、付いて行けない…

ではなく、面白いじゃないかwww

ところで、マスター。
本当に酷いヤツでしたね。飄々として癒し系かと思いきや…。
平気で佐藤太郎を殺したり、しかも計画的に(汗)

佐藤太郎と言えば、桐生戦兎。
正体の佐藤太郎は殺されていて、今は葛城巧の中で生きている存在だったなんて。
そこまでは予想できませんでした(汗)

そして、落ち込む戦兎を励ます龍我の言葉が良かったですね。

ベルトで誰かを守るために 誰かの未来を守るために戦って来た!
そして、
『それができるのは、葛城巧でも佐藤太郎でもねえ。桐生戦兎だけだ』

そう葛城巧でもなく、佐藤太郎でもなく
桐生戦兎なんですよね。それがハッキリと分かった回でした。
佐藤太郎に戻っても「焼き肉っしょ~!」…って面白いですけど

ただ それだけですもんね。←おいっ(一人ツッコミ)
やっぱり 桐生戦兎が良いですよね。

そしてそして、最後の最後で現れた新しいライバルと思われる面々…。
こっ これはテコ入れなのでしょうか?w
仮面ライダーウォーズが勃発するようですね。

益々 面白く成って来ました。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。