仮面ライダービルド 第15話 感想 完成された最強のシステムから妄想してみた件

スポンサーリンク

パンドラボックスの争奪戦の最中に 石動は幻聴に戦兎の秘密を話す。果たして。桐生戦兎に隠された秘密とは何なのでしょうか?そして、それを知った戦兎は どう成ってしまうのか?

果たして、果たして。

先ずは、公式あらすじに自分の考えを添えて紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第15話 「桐生戦兎をジャッジしろ!」公式あらすじ

 石動(前川泰之)の正体がブラッドスタークとわかり、戦兎(犬飼貴丈)らはパンドラボックスを秘密基地から近くの倉庫へと移動。

そんな近くの倉庫で大丈夫なのか?(汗)w

幻徳(水上剣星)の捜索をかわすことに成功する。が、石動によると、その首相代理・幻徳こそがナイトローグだという。八方塞がりの戦兎らは政府の黒い陰謀を暴く決意をする。

 戦兎らは幻徳を呼び出し、すべての告白を録音しようとするが失敗。幻徳はナイトローグに変身、戦兎もビルドに、龍我もクローズに変身し立ち向かうが、ローグの強烈な攻撃に追いつめられ逃走する。

やはりローグは強かった(汗汗)

 戦兎は幻徳から聞いたヒントをもとに葛城のデータにアクセス。葛城が未完成だという最強システムの存在を知る。「これを完成させたらパンドラボックスを守れる…」戦兎は研究に没頭、ついにその最強システムを完成させる。

なんと仮面ライダーを超えるシステムが… 強化ではなさそうな感じですね(汗)

 そんな戦兎のもとに入院中の氷室東都首相(山田明郷)から電話が入る。首相に預けるため、戦兎と龍我はパンドラボックスを病院へと運ぶが、氷室の電話は石動の入れ知恵により幻徳が仕掛けたワナだった。あっという間にガーディアンに包囲された戦兎と龍我はビルド、クローズに変身。パンドラボックスを守りつつ戦い、なんとか逃走することに成功する。

 そのころ秘密基地に現れた石動は、戦兎が完成させた最強システムのデータをこっそりコピーする。

何だよ。戦兎。さっさっと作れば良いのに…。

そんな父・石動がスタークとは知らない美空は、石動との楽しい思い出こそが自分の宝物だと訴える。「なんだよ、改まって」といつもの調子で去っていく石動。笑顔で見送った美空だったが、一人になると泣き崩れてしまう。

いや。もしかしたら美空は知ってるか?薄々感づいてるんじゃないかな?
だから泣き崩れたんじゃないかと。

 病院でパンドラボックスの奪還に失敗した幻徳は、石動を激しく責める。「大事な用事を思い出したんだよ」とトボける石動は「お詫びと言っちゃなんだが…」と戦兎に関する“ある秘密”を幻徳に打ち明ける。その“秘密”とは?

幻聴は知らなかったんだ(汗)

 パンドラボックスを隠している倉庫に幻徳がガーディアンらを引き連れて現れた。

ほらぁ。近くだから簡単にみつかった(汗)
いや、石動がバラしたのか?

戦兎と龍我は、ビルドとクローズに変身。幻徳もローグに変身、特殊部隊の隊員2人をスマッシュに変えビルドらに襲いかかる。

そんな戦い方もあるんですね(汗)

スポンサーリンク

ビルドはローグと、クローズはスマッシュと激しい戦闘となるが、ローグは戦いながら「甦れ!お前の本当の姿を!お前の狂気を!野心を!すべてを思い出すんだ」と謎めいた言葉をビルドに投げつける。

戦兎には野心なんてないと思っていたけど…(汗汗)

 ビルドはラビットタンクスパークリングにビルドアップ、必殺技でローグを倒し変身を解除させる。

ラビットタンクスパークリングは、やっぱり強かったw

そこへ幻徳の父でもある氷室首相が現れた。息子がファウストであることを知り、怒り心頭の氷室は戦兎らに詫びると、パンドラボックスを預かり、幻徳を処分すると言い捨て去っていく。

親に怒られる子どもだな。

 たちまち犯罪人となり連行されていく幻徳に、戦兎は戦っているときに投げつけられた言葉の意味を問いかける。「あなたは何か知っているんですか、俺のこと」。
 その言葉に反応した幻徳は立ち止まると、振り返って言い放つ。
「石動が俺にこう言った。『葛城巧は生きている。姿を変えて…』」

 「お前だよ、桐生戦兎。お前が悪魔の科学者、葛城巧だ…」

 がく然とする戦兎。その背後で幻徳の不気味な笑い声だけが響き渡り…。

まだ15話なのに こんな秘密ばらしていいの?(汗)w

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第15話 感想 完成された最強のシステムから妄想してみた件

やはり、桐生戦兎の中に葛城巧は居たのですね。スタークの正体が葛城じゃなくて、どこ行ったの?…って思っていたのですが。葛城は亡くなってはいるかもしれません。だがしかし、戦兎の中に生きている。

誰が殺したのか?は分かりませんが… そのことにより戦兎の中で生きることに成功したのではないでしょうか?今のところ 人格は違うようですが…。

戦兎の正体は、売れないバンドマンだったはずなのに 何故 戦兎は 超天才科学者に成れたのか? 凄く不思議だったのですが… これで その謎も解けましたね。

ただ、そんな大きそうな謎を まだ僅か15話でバラしても良いのでしょうか?

それとも更なる大きな謎が隠されているのでしょうか?
そうだと良いのですが…。

そうそう。
そう言えば… 葛城が未完成の最強システム ってのが出て来ましたね。
それが次の謎に成るのでしょうか?

いや、もう それは戦兎が完成はさせたからなぁ。
まあ、謎が無くても面白い物語には成るのですが…
最終話に向けて、どんどん伏線が張られて、それが徐々に回収されるのかな

とか思っていたので、大丈夫かいな と思って次第でありますw

謎ではないかもですが…
三人目の仮面ライダーは出て来るのでしょうか?
そして、変身するのは美空? それとも、成長しないシステムを使っていた幻聴?石動?

それが、もしかしたら 先ほど完成された最強のシステムから生まれるかもしれませんね。無茶苦茶 強い仮面ライダーに変身した幻聴を相手に ビルドとクローズは歯が立たず…。 いや、でも待てよ… 開発したの戦兎だから

仮に奪われたとしても また同じの作成できるんじゃね?!
…と言うわけで その新しい仮面ライダーを 新たに二つ作成し 幻聴に対抗する二人。だがしかし、幻聴たちも そのシステムを量産し、どんどん増えて行く最強の仮面ライダーたち。

戦いは益々 激しさを増し… なんて妄想も捗るかもしれませんね。

まだ15話!
これからの展開が楽しみです。(微笑)

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする