ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話 感想 人間らしい生活を取り戻せ!

スポンサーリンク

なんだかんだ言いながら楽しかったミストルティンの生活。その最後に成る前に結婚式を提案するヒロ。それはミツルとココロの結婚式だ。そこに突如 現れるAPEの部隊。
果たして、二人は無事に結婚できるのでしょうか?!

先ずは、公式あらすじと その先を書きました。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話 『桜の花が咲く頃に』公式あらすじ と その先

コドモたちとの接触を避けていたハチから、久しぶりに指示が来る。次の補給船が来たらミストルティンを放棄し、13部隊はAPEの施設『トリノス』に移るという。
それを聞いたヒロは、ミストルティンにいられるうちに、最後の思い出作りとしてミツルとココロの結婚式を開こうと提案する。
式場やドレス、そして指輪。どれも手作りで、自分たちができる範囲で準備をしていく。
ミストルティンの森の桜が満開になったその日。コドモたちだけの結婚式が始まる。

引用元:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト STORY

続きを書きます。

手作りの結婚式。フトシが牧師役を務め、指輪の交換を行い 二人に誓いのキスを促す。
そのとき、突如 APEの部隊が現れ二人は連れて行かれる。再教育を受けることに成るのだ。

その後、『トリノス』に13部隊は移される。そこで、二人に再会する13部隊。
二人との再会に喜ぶ皆だったが…
ミツルも ココロも お互いのことを覚えていなかった。

結婚式のことも。指輪のことも。
…記憶を操作されていたのだった。

以上
公式あらすじの続きを自分なりに書いてみました。

それでは、感想です。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話 感想 人間らしい生活を取り戻せ!

いつの間にでしょうか?
人間ならざる者に支配され、人間が人間らしさを奪われてしまったのは…。
大切な人同士が結婚することも許されない世界。

そんなことをしようとした人間は再教育を受け、お互いのことを忘れさせられてしまう。
なぜ それを皆 許したのでしょうか?
人間を支配している人間でない者に誰も疑問を抱かないのでしょうか?

ヒロの想いは最後に爆発します。
『僕らの大事にするものは、いつも先に壊される。

 それを僕らの宿命と言うなら、僕らは委ねない。
 もう限界だ!』と。

もしかしたら叫竜は、そんな人間を支配している人間ならざる者を倒そうとしていたのかも。
そして、もしそうだとすれば それを阻止させられているのが人間だなんて 何と皮肉なことなのでしょうか?

もし そうであるなら叫竜は 怪獣の形ではなく フランクスのように人間を真似た形にすれば良いのにと思います。そうすれば、その方がコドモたちと対話に成りやすい気がするから。
そこで人間を支配している人間ならざる者の存在を知らせれば良いのに。

まあ。私の勝手な推理ですので どこまで当たっているか?怪しいですが…w

ところで、フトシ。…立派でしたね。大好きなココロちゃんが ミツルと一緒に成っても 悲しいのをグッと堪え、二人の幸せを祝福しようとします。何て凄いヤツなんでしょうか?
私は心の狭い野郎ですので、フトシみたいなことは出来ません。

少し憧れますが… フトシみたいには出来ないでしょう(汗)
あなたなら出来ますか?!
私には出来ませんww

そう言えば… 一時は取り乱していたフトシでしたが… 今は何て立派に成長したのでしょうか?! APEの部隊が乗り込んで来たときも 二人を庇い 逃がそうとします。
す 凄いヤツです。

フトシのこの素晴らしさを分かってくれる女性が早く現れますように。

そして、これから先 どう成って行くのでしょうか?
パパたちに牙をむくのか?ヒロ!
来週も楽しみです。

あなたのダーリン・イン・ザ・フランキス視聴ライフが更に充実して楽しいものに成りますように。