仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング 仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピー 感想

スポンサーリンク

『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング』…それも限定版の第2弾『仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピー』のレビューをして行きたいと思います。

果たして、前回から どのように続いて行くのでしょうか?

先ずは、あらすじの紹介からです。↓

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング 仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピー 公式あらすじ

再生医療に従事する女医・早乙女紗衣子の依頼のもと、消滅者復活のカギとして開発された育成ゲーム『バグスターをつくるぜ!』。永夢がパラドを、紗衣子がポッピーを育成するテストプレイに臨む。が、そのゲームから現れたパラドは養子がおかしい。何者かに囚われてしまった“本物の”パラドは、永夢との絆を胸に“もう一人の”謎のパラドと対峙するー。

引用元: Vシネマ『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング』公式サイト/ストーリーより

三つの連続するVシネマの二作目に成るのですが… 全てのVシネマにゲームが出て来ます。まさにエグゼイドの世界ですね(微笑)

それでは、感想です。↓

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング 仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピー 感想

一本の素敵な映画を観た感じですね。

そして、もうエグゼイドの世界です。違和感なく。外伝なので主役の飯島寛輝さんの出番は少な目なのですが… 前回に比べては多いような気がww そして、大切な場面で出て来るので出番は少なく成っても流石 主役です。

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』と繋がっている部分もありますし、勿論 テレビでの本編の2年後の話なので、そちらとも繋がってます。

エグゼイドの広がりを感じられる作品です。

前作よりは悲しい感じが少なく成り、パラドと ポッピーの活躍が観られて良かったです。皆の成長も 役の中での成長 そして、役者さんとしての成長 も見られました。一粒で二度美味しい感じですね。

スポンサーリンク

そうそう!
一粒で二度美味しいと言えば、前作もそうですが、オーディオコメンタリーが楽しいです。裏話も聴けますしね。普通に観終わった後に それを聴くと更に楽しめますw まあ。そういうモノなのでしょうね。

テレビ本編では、圧倒的な力で良い様にやられていた檀正宗に 檀黎斗が報復を始めるストーリーでもあります。そして、檀黎斗の壊れっぷりに拍車が掛かっています。オーディオコメンタリーでも話されていたのですが…

物語の最後の最後で 全部 檀黎斗が持って行った感じに成ってますw
黎斗100% に成ってますwww

公式予告動画は、コチラです。↓

これの25秒あたりの映像が問題のシーンです。
これは地上波では出来ませんね(汗汗)
Vシネマしか出来ません。

だからこそ、観たときに充実感を感じる一つに成ってますね。

そして、仮面ライダーって熱さも魅力の一つですが…
壊れたキャラってのも魅力の一つだと思います。
それが明確に存在する仮面ライダーは成功している気がします(微笑)

飽く迄も私の勝手な分析ですが…ww

欠点は、もっと沢山観たくなるのに三作で終わりってことですね(涙)
だがしかし、一作ではなく三作もあって良かったです。
何故なら、より長く楽しめるから。

テレビ本編の一年後の映画の更に一年後の仮面ライダーエグゼイドの世界を知りたい方には、特におススメの作品です。心が躍るなぁ♪

 【追記】仮面ライダーエグゼイド Vシネマ三部作の最終話の感想は、コチラ→
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザーエンディング 仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピー 感想

あなたの仮面ライダーエグゼイドライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

 
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする