仮面ライダービルド 第39話 感想 正義のヒーロー魂と熱いヤツら

スポンサーリンク

天才科学者 葛城巧は、ついに全てのボトルの成分を抽出した最強のアイテム・ジーニアスボトルを作り上げる。果たして、これでエボルトや 内海を倒せるのだろうか?
果たして、果たして…。

先ずは、公式あらすじに 愛あるツッコミを入れながら紹介して行きます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第39話 「ジーニアスは止まらない」公式あらすじ

 エボルトに忠誠を誓った内海(越智友己)は仮面ライダーマッドローグに変身。

友だちの居なかったエボルトさんに やっと友だちが…(涙)w

ローグは「この国がどうなってもいいのか!」と暴走を止めようとするが、マッドローグのパワーに圧倒され変身解除に追い込まれる。

内海さん 強いな(汗)w

マッドローグの登場に窮地に立たされる戦兎(犬飼貴丈)らだったが、駆けつけたグリスによって撤退する。

ナイス かずみん!
だがしかし、いい加減パワーアップさせてあげてください。
戦兎と 龍我がパワーアップしまくってるのに可哀想です(汗汗)w

 エボルトはなぜ地球を滅ぼさずに支配すると宣言したのか?その真意を探ろうとする戦兎=葛城巧は、新たなパワーアップアイテムを完成させエボルトと龍我(赤楚衛二)を倒すと意気込む。

あれっ!龍我もですか?(汗)

龍我を“エボルトの遺伝子を持っているから”とあくまでも敵視する葛城/戦兎に美空(高田夏帆)や一海(武田航平)らは言葉を失うが、そのころ龍我も時おり蘇るエボルトの記憶に悩まされていた…。

あれ? もう龍我にエボルトの遺伝子ないと思っていたのに 
まだ残っていたのかな?

 葛城/戦兎が究極のパワーアップアイテム、ジーニアスボトルを完成させた。

葛城巧の力を存分に発揮!!

これでエボルトと龍我を倒せると嬉々とする葛城/戦兎に、美空は「もっと仲間を信頼したら?」と「桐生戦兎」は誰よりも仲間を信じていたと必死に諭す。

熱い。熱いぞ!!みーたん。

が、葛城となった戦兎には幻徳(水上剣星)を信じたために戦争を引き起こした、という苦い記憶しかなく、仲間など信じる気になれない。

孤独なヤツだったんだな(汗涙)

 内海率いる西都の軍勢が東都に侵攻してきた。連絡を受けた龍我と一海は現場へ急行。マッドローグに倒され深い傷を負っている幻徳も「この国のために戦わせてくれ、頼む、もう一度だけ信じてくれ…」 と葛城/戦兎に必死に訴えながらも、再び意識を失ってしまう。幻徳の我が身を顧みない悲壮な言葉に、葛城/戦兎の心も揺れる。

なぜそこまで幻徳は国を守ろうとするんだろう。熱い。熱いぞ。幻徳!!

 西都の軍勢を相手にグレートクローズとグリスはハザードレベルを上げる特訓の成果もあり、序盤は優勢に戦いを進めるが、内海がマッドローグに変身して形勢は逆転。多彩な攻撃を浴びたグリスは変身を解除してしまう。

グリスは、グレートクローズを守ろうとして攻撃を受け変身解除に…。
熱い!!

 合流した葛城/戦兎はビルドラビットラビットに変身。ボトルは自らにフィットするように調整したこともあり、ハードガーディアンを一蹴する。

流石 天才科学者!!

ならば、と襲いかかったマッドローグは同じ科学者として「科学の力で世界を変えよう!」とビルドを誘う。

同じ科学者同士でしたね(汗)

内海がエボルトの人知を超えた力に魅了された気持ちは理解できるものの、人類に貢献する科学ではない、と否定するビルド。しかし、葛城がライダーシステムを創ったことで戦争が激化、多くの犠牲者を生みエボルトを復活させた、と指摘され精神的に追い詰められる。

その力を どう使うか?ですよね。

 ビルドラビットラビットはすべてを打ち消すかのようにジーニアスフルボトルを手にするとボタンを押した!が、全く反応しない。

どうした!天才科学者…。

激しく動揺するビルドラビットラビットはマッドローグの攻撃を浴び、トドメを刺されそうになる。そんなビルドをグレートクローズが必死で守ると、誰かの力になりたい、誰かを守りたいという気持ちが足りないからだと指摘する。
「桐生戦兎はな、正義のヒーローなんだよ」

やっぱり熱い龍我さん!!

 そう言い捨てマッドローグに挑むグレートクローズだったが、マッドローグの強烈な一撃を浴び変身を解除してしまう。マッドローグはなおも龍我を攻撃、反撃する力も残っていない龍我は窮地に追い込まれる。

スポンサーリンク

うわあああああああああああ。
龍我さんピー―――ンチ!!

 その姿を見た葛城/戦兎の脳裏に、かつて窮地に追い込まれた戦兎を力を振り絞り救ってくれた龍我の記憶が蘇った。さらには「もう一度だけ信じてくれ」という幻徳の言葉も!

熱い奴らが記憶が蘇る!!!

 次の瞬間、戦兎の脳裏に現れた葛城巧(木山廉彬)が仲間を信じられるのか、と確認すると、君が創る未来を見せてくれ、と戦兎の中に入っていった。

葛城巧も熱いヤツだったんだな(微笑)

「桐生戦兎」の記憶を取り戻した戦兎は「自意識過剰な正義のヒーローの復活だ!」と宣言すると、改めてジーニアスボトルを手にする。
「さあ、実験を始めようか」

おかえり。戦兎。

 ボトルを起動してドライバーに挿入した戦兎は「変身!」。
 ついに仮面ライダービルドジーニアスフォームが現れた。呆然とするマッドローグに、ビルドは誇らしげに言い放つ。
「勝利の法則は決まった!」

仮面ライダービルドジーニアスフォーム…
登場は、格好良いんですけどね。見た目は、全く格好良くないんですけど…。
動く出すと格好良く見えるのかな?(汗汗)

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用にコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第39話 感想 正義のヒーロー魂と熱いヤツら

仮面ライダーシステムテムが、戦争に利用され戦争を起こすきっかけに成ってしまった。

その事実は一つでも、幻徳に騙されたと考えている葛城巧は仲間を信じられません。
それに対して、戦兎は仲間をとことんまで信じ切れるのです。
どうして、同じ事実があるのに そこから導かれる思いは違うのでしょうか?

これは考えると深い話かもしれません。
一つの出来事があったも、人によって違う思いを抱くのです。
あなたは良い想いを導いているでしょうか?

私は、どうかな?
出来たら戦兎を見習いたいものです。
そして、何故 戦兎が それを出来るのか?

それは、きっと戦兎が正義のヒーローだからだと思います。
何故なら、正義のヒーローは仲間を信じ切れる存在だからです。
それこそが正義のヒーローなのです(微笑)

もしかしたら、そこに特撮ヒーロー番組の役目があるのかもしれません。
こんなとき、正義のヒーローなら どう考えるかな?
戦兎なら どうするかな? どう動くかな?

…そんな考え方を身に付けることが出来たなら
更に素敵な人生を送れると思うのです。
特にお子様が、この考え方を身に付けられるなら

良い教育に成ると思います。
そして、お子様だけじゃなく大きなお友だちにも。

あなたは、どう思われますか?
そんなこと無いでしょうか?

そして、今回も熱いシーンが多々ありましたね。
特にいつもより増量な感じでした。
まあ、それが戦兎さんを復活させるきっかけに成ったから

その所為が大きいのでしょうけどね。
そんな中で特に熱かったのが幻徳でしたね。
アイツ凄い悪いヤツかと思いきや

むっちゃ責任感の強いヤツじゃないですか。
自分のやった罪の意識に苛まれ
それを自分なりに必死に挽回しようとする姿が熱いですね。

それと もしかしたら内海さんのことを大切な友だちだと思っていたのかもしれませんね。まあ、銃で撃っておいてなんですけどね。その所為で、その撃たれた内海さんを助けたエボルトと手を組むきっかけに成るのは

皮肉なものですけどね。

かずみんも熱い。いい加減 パワーアップさせてあげて欲しいですけどね。仲間のピンチに駆け付けて全員を撤退させる。そして、悩む龍我を突然 攻撃しハザードレベルを上げる手伝いをする。

そうそう。マッドローグ内海の攻撃から龍我をかばったのも場面もありました。

…熱いですね。中々 敵との力の差が付いてしまった中で、パワーアップできないことを全く嘆かず、 それでも今 自分に何が出来るのか?全力で考えて実行している。そんな所が特に熱いですね。

龍我も熱い。仲間を信じ切ってくれた戦兎を信じ切っています。
特にこの龍我のセリフが熱かったです。それは、ジーニアスボトルを使えなかった葛城巧に言ったセリフ…

「気持ちが足りないんだよ。
 誰かの力に成りたい!
 誰かを守りたい!

 それがアイツの戦う気持ちだ。
 お前には その気持ちがこれっぽっちもないだろ。
 桐生戦兎は正義のヒーローなんだよ。」

どんだけ。戦兎のことが好きなんだよ(微笑)

そして、復活した戦兎の最初のセリフ…
「何やってんだよ!万丈。
 やっぱりサブキャラには荷が重かったようだな。

 自意識過剰の正義のヒーローの復活だ!」
一見 龍我をけなしているようで
いやいや そこに友情を感じませんか?

友情があるから こんなことを言えるんですよね。
本当に二人はベストマッチなんだな。

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。