仮面ライダービルド 第29話 感想 またもやモヤモヤのベルが鳴る。戦兎しっかりしろ!

スポンサーリンク

スタークの暗躍により、西都の御堂首相は始末され その顔を難波重工会長が手に入れ、御堂首相に成りすまします。そして、代表戦の結果を捻じ曲げ西都の勝利にしてしまうのです。一海は、北都を守りに戻ると話します。

それを国を背負ってるから勝手な行動を許されないと止める戦兎。それでも飛び出す一海。それを追いかける龍我。果たして、どうなってしまうのでしょうか?

先ずは、公式あらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第29話 「開幕のベルが鳴る」公式あらすじ

 難波重工の最新兵器ハードガーディアンが西都から東都へ侵攻してきた。

ただのやられメカじゃない 
結構 格好良いガーディアン出て来たーーーーー!

戦兎(犬飼貴丈)、龍我(赤楚衛二)、一海(武田航平)はライダーに変身。圧倒的な攻撃力を誇るハードガーディアンに立ち向かうが、その時、スカイウォールが地響きとともに変形。巨大な塔の一部へと変化していく。

い いったい何が…(汗)

 スカイウォール変形の原因は、ブラッドスタークがフルボトルが入ったパネルをパンドラボックスにはめ込み、一部のパワーを放出させたため。塔の正体はパンドラタワー、タワーが完成すれば地球も火星と同じ運命をたどるという。ということは、地球も崩壊するということか⁉︎

火星の崩壊ってパンドラボックスの所為だったの?(汗)

 スタークの力で西都の御堂首相(冨家規政)の体を手に入れた難波会長(浜田晃)は、御堂になりすまし東都の氷室首相(山田明郷)に、パンドラボックスを開け、西都の軍事力を世界に誇示する、と宣言する。テレビ中継されなかった代表戦の結果も捻じ曲げ「西都勝利」と報道。北都の占領も解除されるはずもなく、一海は怒りを募らせる。

うわああ。難波会長 酷過ぎる…(涙)
だがしかし、リアルでも こんなことあったりして…(汗涙)

 暴走する西都に対して攻撃を仕掛けても侵略となるのか⁉︎ 憤る龍我に対して戦兎は、あくまでも戦争を終わらせるための方策を考えようというが、北都で苦しむ仲間を見殺しにはできないという一海は「俺が北都を守る」と言い捨て出て行ってしまう。一海の気持ちがわかるだけに何も言えない戦兎。龍我も戦兎の気持ちに理解を示しつつも、じっとしていられない、と出て行ってしまう。

何かモヤモヤする展開に…。
相手が理不尽なことしてきても、
こっちはそれが出来ないって何かおかしいよね(汗)

 3人の共闘体制は崩壊したかに思えたが、龍我は北都へ戻ろうとする一海を止める。戦兎を思い、一海を思いとどまらせようとしたのだった。そして、美空(高田夏帆)もみーたんとなり、映像で懸命に一海に訴えかけた。
 その姿に三羽ガラスら北都の仲間たちとの農場での日々を思い出す一海。自分が今、北都へ戻っても今は亡き三羽ガラスも怒るかもしれない…。

絆を感じる展開だ!

 一海が冷静さを取り戻したかと思ったその時、スタークがリモコンブロス、エンジンブロス、ハードガーディアンを従えて現れた。今度は本気でボトルを奪いに来たらしい。
 龍我はクローズチャージに、一海はグリスに変身。怒りとともに立ち向かうが、スタークらの力に圧倒され追い詰められる。

がんばれ!
かずみん、龍我!

 またもボトルを奪われてしまう…と思ったその時、戦兎が現れビルドラビットラビットフォームに変身。圧倒的な力でハードガーディアンを倒すと、グリスに訴える。

「俺は敵も味方も死なせないと言った…愛と平和を掲げて闘うと誓った…。それはキレイゴトかもしれない…幻想かもしれない…。それでも俺はお前も、お前たちの仲間がいる北都も、みんなを守って戦いたいんだ…」

うわあ。くさいけど熱いセリフきたーーーーーーー!!

 その言葉についにグリスも決断、最速で戦争を終わらせるため力を合わせて戦うと誓う。

良い流れに成って来た。

スポンサーリンク

 再び一体となったビルド、クローズチャージ、グリスの猛攻が始まった。リモコンブロスもギアエンジンを手にヘルブロスに変身するが、グリスはビルドラビットラビットフォームと力を合わせ、三羽ガラスのボトルを使いヘルブロスを撃破する。そして勢いに乗ったクローズチャージもスタークを圧倒。みごとな共闘で逆転勝利か、と思われたが…。

やったーーー!
仮面ライダー的展開に成って来たなと思いきや…。

 なんと雷(奈須田雄大)が美空を人質に「ボトルをよこせ!」と迫る。動きが止まったビルド、クローズチャージ、グリスだったが、捕まっていた美空の目が緑色に光った。
 次の瞬間、美空のバングルが光ると恐るべきパワーで雷を吹き飛ばした。驚くビルドらに向けて別人のようになった美空が言い放った。
「我が名はベルナージュ…火星の王妃…」

みーたん最強伝説 降臨!!w
どうなってしまうのかーーーーー?!
来週も楽しみです。

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えながら紹介してみました。

そして感想です。↓

仮面ライダービルド 第29話 感想 またもやモヤモヤのベルが鳴る。戦兎しっかりしろ!

何かモヤモヤする要素が毎回ありますよね。
スッキリ勝ち切れないとか。

今回なら 西都が、代表戦の結果を捻じ曲げてマスコミに報告させ
負けた西都を勝ったことにして領土を要求する
と言うような理不尽なことしてきても

こちらは、国を背負っているのだから勝手に攻撃とか出来ないとか。
それじゃあ いくら相手の国が無茶苦茶なことをやって来ても
こちらは節度を保った行動しかしちゃいけないのですか?そうですか?

あっ! そう言えば
日本もそうかもしれないですね(汗)
ある国から無茶苦茶な要求や 無茶苦茶なことされても

大人しい気がします。戦争できないから舐められてる気もします。
このままで良いのか?日本。
いや、何でもかんでも戦争しろってことじゃないですよ。

無茶苦茶してくる相手には戦争する位の勢いで対応しないと舐められるばかりじゃないか 好き勝手にやって来るばっかりじゃないかと思うのです。

あれ?!
かなり脱線しましたね。
話を仮面ライダービルドに戻します(汗)w

おいおい。
東都の氷室泰山首相!
のんびり そのマスコミの偽装報道を戦兎に見せる暇があったり、記者会見とかして公に嘘を暴くべきでしょ。いや、そうすると仮面ライダーたちが

活躍できないから そうは出来ないのかな(汗)w
だがしかし、それをやらずして国を背負っているからとかはおかしいでしょ。
戦兎さん。かずみんを諫めている暇があるのなら

その前に ちゃんと首相に進言しないと。

その辺りがクリアーに成っていないからモヤモヤはしますね(汗)

ただ描きたい葛藤とかは分かります。そこを上手く描けたら良かったのですけどね。
やるべきことをやっていない首相にモヤモヤ。
そこを首相に進言せずに かずみんを止めてる戦兎にモヤモヤしました。

ただ、自分がこの点を改修してモヤモヤ感なしに脚本を描くのは難しいかもとも思うのです。仕事なのだから当たり前なのかもしれませんが、毎週 キッチリと脚本を上げておられる脚本家さんを尊敬します。

そして、良かったシーン。
またも現れたヘルブロスに グリスとビルドで立ち向かうのですが、
そのとき かずみんは三羽ガラスのボトルを装填し

『お前らの力も借りるぞ!』と話すのです。

そして、戦兎と かずみんの背中を押す
3人の姿が… 顔はあまりハッキリと映ってなかったのですが、
その演出も素敵でした。

まさに仮面ライダー!!

必要なモヤモヤなら仕方ないのですが…
やるべきことをやってない変なモヤモヤを残すのは
難しい部分もあるのでしょうけど

出来るだけ無くして欲しいですね。
ウソの報道を西都から流されて それを否定する記者会見を開かないとか。
その辺りを何とか上手く描いて貰えると嬉しいのですが…

これからは その辺り 上手く描けるでしょうか?
少し上から目線で見守って行きたいと思います(微笑)

まあ。何だかんだ言って楽しいから
来週も超楽しみなのですけどね(微笑)

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

コメント

  1. より:

    感想読みました。
    ビルドも中盤を抜け、更に物語が加速して行きますね。
    どうやら50話以上放送されるみたいで、尺の都合でドラマが圧迫される事無くのびのび進められそうで、今後も期待されるばかりです。

    感想の中で「モヤモヤが残る」との事ですが、
    それはドラマを深くするのにしょうがない、と言うよりむしろその「モヤモヤ」こそが「ドラマの深さ」そのものに他ならないのではないでしょうかね?
    ここで言う「モヤモヤ」とは「どうしようもなさ」あるいは「歯がゆさ」であり、そう言った「簡単には行かないモノ」をうーんうーんと悩み考える事こそが「葛藤」であり、葛藤無き物語はそれこそスッキリとはしてますがドラマは浅く薄いモノになってしまいます。何故ならば「簡単に解決」できてしまいますからね。

    今回では戦兎が西都の不当な侵略に対し、自分の特異な立場から葛藤していますが、その葛藤は現実的に考えれば至極当然なモノで、こと形で言えば義があるのは西都側であり、そこを無闇に抵抗するのは余計勢力間の関係をこじれさせ、終わらせたいハズの戦争を泥沼化させてしまう懸念もあります。当然抵抗するのも真っ当で、本来なら上層部の氷室首相のアクションを待ってから動くのがベストですね。今回こそ氷室首相はノーアクションですが、実は29話後半の舞台裏ではしっかりダミー報道への対策を行っていても不思議ではありません。もしかしたら幻徳が氷室首相に代表戦の情報をリークするかもしれませんしね。

    いずれにしても、ドラマを深く濃密にするならこういった葛藤は不可避であり、その辺のモヤモヤがあまりに気に障るならば作品レベルであってないかもしれません。
    スッキリしたストーリーがお好みならば「仮面ライダーBLACK RX」をどうぞ。戦兎のようなウダウダ考える描写は少なく、サクサク敵勢の作戦を解決していきます。

    • プラ特丸 より:

      係さん コメントありがとうございます。

      仰る通りです。ドラマには葛藤も必要で
      それを何とか創意工夫して解決していくことが
      更にドラマを生んで行くのかもしれませんね。

      深く濃密にするために必要なことだと言われるのも
      分かります。

      だがしかし、今回 私が主張したかったのは
      何が何でもアッサリすっきり解決して行って欲しいって
      ことではなくて

      明らかにやるべきことをしていない。
      もしくはやっているのかもしれないが
      描かれていないことへの

      モヤモヤ感です。
      それは具体的に書けば
      首相が事実を捻じ曲げた西都の報道に対して

      正当な手続きを踏んで反論していないことに対しての
      モヤモヤ感ですね。
      これをしない理由が明確でなく

      それをせずして国を背負っているから
      勝手なことをするなとメンバー諫めている戦兎にも
      違和感を感じてしまったのでした。

      まあ。そこは仮面ライダーを活躍させるために
      仕方なかったり、テーマがズレるので
      敢えて描いていなかったり

      …などなど いろいろな理由があるのかもしれませんが。
      私が脚本家なら そこは行った上で
      話を進めて欲しかったなと思ったのでした。

      これからの話で描いて行かれるのかも
      しれませんね。そこは期待したい所です。

      あと、スッキリしたストーリーがお好みならば「仮面ライダーBLACK RX」をどうぞ。
      …とのことですが、そうしたくなったときは拝見させて頂きます。
      教えて頂いてありがとうございます。

      ただ、仮面ライダービルドが大好きなので
      その中でも何とかして欲しいと思い
      全力で書いてみたのでした。