新幹線変形ロボ シンカリオン 第2話感想 王道だけど面白い!(飽く迄 個人の感想です)

スポンサーリンク

リアルタイムでは見逃していたのですが、第1話を観てみると自分的には むっちゃ面白かった『新幹線変形ロボ シンカリオン』!!
今回は、それの第2話の感想を書いてみました。

突如 現れた巨大物体を倒すために巨大ロボで立ち向かうことになった主人公 ハヤト君!!一体 どう成ってしまうのでしょうか?

先ずは、公式あらすじの紹介です。↓

スポンサーリンク

新幹線変形ロボシンカリオン 第2話 「対決!!シンカリオンVS巨大怪物体」公式あらすじ

『シンカリオン E5はやぶさ』を操縦そうじゅうし、見事みごとてき撃破げきはしたハヤト。
車掌しゃしょうロボのシャショットは、だれうごかせなかった『シンカリオン E5はやぶさ』をあやつることができた運転士うんてんしであるハヤトのことを「相棒あいぼう」とんで大歓迎だいかんげいする。
しかし、まだ小学生しょうがくせいのハヤトを危険きけんたたかいにむことについてちち・ホクトがくるしんでいることをってしまったハヤトは、もうシンカリオンにはらないつもりでいた。
そんなときに、またしても巨大きょだい怪物かいぶつたいあらわれる……。

引用元:新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION ストーリー 第2話

新幹線変形ロボシンカリオン 第2話感想 王道だけど面白い!(飽く迄 個人の感想です)

子ども向けのエヴァンゲリオン…って感じがしました。
飽く迄 私の勝手な個人的な感想ですが…。

出て来る主人公のハヤト君は、第1話で巻き込まれる形で巨大ロボットのパイロットに成るのですが、それを恨んだりはしません。新人オペレーターのフタバさんが、そのことを心配しても、

ハヤト君は巻き込まれたなんて思ってなくて、お父さんを助けることが出来て嬉しいと答えるのです。

そう!
ハヤト君は、お父さんが大好きなのです。新幹線と同じように。そして、お父さんの役に立つことを嬉しく思っている心やさしい少年なのです。

屈折は全くしていなくて真っ直ぐな少年なのです。

これは、王道な感じですよね。
私は、一時 王道な展開はマンネリな気がして面白くないと思ってました。
だがしかし、最近はそうは思わなく成りました。

むしろ、王道な展開が面白いのです。
これは歳の所為でしょうか?
私には、その答えは分かっておりませんが…(汗)w

そして、もう一人 真っ直ぐなヤツが居ました。
それは、シャショット!
ハヤト君の乗る巨大ロボ『シンカリオンE5はやぶさ』の車掌ロボです。まあ、サポートロボのようなものだと思います。ハヤト君のことを相棒と呼びます。

スポンサーリンク

そして、このシャショットも役に立ちたいと思っていたのでした。だがしかし、一人ではシンカリオンを動かせないのです。そこに現れたハヤト君を本当に有難く思っていたのです。

このシャショットも真っ直ぐなヤツです。観ていて健気です。一生懸命 皆の役に立とうとしているのです。

そして、面白い考え方が出て来ました。
『大人が子どもを守る未来ではなく、大人と子どもが一緒に未来を守る』…っていう考え方です。

何か私には斬新でした。だがしかし、お子様目線で見ると… この考え方って子どもも大人と対等に見て貰えて嬉しいのではないでしょうか? まあ 本当の所は、お子様じゃないので分かりませんが…。

そうそう。シャショット。単独で動いているときは、可愛い声なのですが… 『シンカリオンE5はやぶさ』をハヤト君と一緒に動かしているときは大人な感じの渋い声なのです。口調もちょっと変わるような感じです。

そのギャップも観ていて面白いですね。

あっ!
それとハヤト君が、シャショットがいきなり ハヤト君の家に居候したいってお願いしたときに例えた…

『盛岡~秋田区間をE5系が走行する位 無理なことだよ!』
…新幹線に例えるのも面白いですね。私は、意味はよく分かっていないのですが、楽しいです。毎回 出てこないかな?

王道だけど、それが素晴らしく心地良い作品。それが私にとっての『新幹線変形ロボ シンカリオン』です。

次回は、新しい仲間が登場するようですね。それも楽しみです。

あなたの新幹線変形ロボ シンカリオン ライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

何時まで無料で公開されているのか? 分かりませんが…
第2話の公式動画です。↓

新幹線変形ロボシンカリオンのオモチャについて

シンカリオンのオモチャをご購入の際は、このアニメに連動して新しくリニューアルされたシリーズが、出ております。そちらは『DXS』シリーズに成ります。先に出ているものとは少し違いますので、ご注意ください。

その違いとは、簡単に書くと旧タイプはワンタッチで頭と両腕が展開して出て来る仕掛けがあったのですが、新しい『DXS』シリーズでは、それが無くなりました。(顔だけはワンタップで出て来ます。)

だがしかし、その分 関節の保持力が上がって よりシッカリとポージングが出来るように成ったのです。あと造形や彩色も更に格好良く成ってますね。

参考動画:私が好きでよく観ているレオンさんの動画です。⇒

参考動画2:ヲタファさんの動画も好きでよく見ているのですが、新旧の比較を詳しくしてくださってます。⇒

コメント

  1. 通りすがり より:

    通りすがりで拝見しました。
    2歳の子どもと一緒に見ていますが、自分が子どもの頃に見ていたような王道のロボアニメで私も楽しみに見ています。

    『盛岡~秋田区間をE5系が走行する位 無理なことだよ!』というはやと君のセリフについてですが、この区間は在来線のため、E5系のような新幹線車両は走行不可なんです。
    分かる人にはわかるという微妙な例え方ですが(苦笑)

    • プラ特丸 より:

      通りすがりさん コメントありがとうございます。

      2歳のお子様と一緒に楽しまれておられるのですね。2歳のお子様でも分かる王道なストーリーって素敵ですね。そして、エヴァンゲリオン的な要素も少しありそうな感じなんですが…真っすぐでお父さん大好きなハヤト君が素敵ですよね。そんなお子様だから一緒に楽しめるのかもしれませんね(微笑)

      私は鉄道に詳しくはないのですが…ハヤト君の例えが何か微妙で楽しそうなのは感じます(微笑)

      これからもお子様と一緒に楽しめる番組であれば良いなぁ。先ず、そうである王道アニメだと思いますが…
      そんな素敵な王道を突き進んで欲しいですね。