nanoblok BUZZ LIGHTYEAR を作ってレビューしてみた!

スポンサーリンク

先日、東京ディズニーランドに行ったときのこと。お土産物売り場で、このバズのナノブロックを見た彼女が『かわいい!』と言ったのです。それをきっかけに色々買い出したような気もしますw

果たして、ナノブロックのバズの実力や いかに…。

先ずは恒例 パッケージの紹介です。↓

スポンサーリンク

nanoblok BUZZ LIGHTYEAR のパッケージ

裏側は、こんな感じ。↓


↑やはり中のナノブロックが少し見えるのが良いのですね(微笑)

上から見ると…↓

底から見ると…↓


↑税込みで1,600円でございます。ディズニーランドや ディズニーシーに行くとこの価格で買えます。実は ディスニーランドのある駅・舞浜駅の駅前にある『ボン・ヴォヤージュ』でも買えます。

ここでならディズニーランドのお土産も シーのお土産も買えます。しかも、入園券なくても買えるので、定価で買いたくて 比較的お近くの方なら こちらで購入されるのもアリかもしれません。

側面を一回りさせてみます。↓

それでは
開封して行きます。↓

nanoblok BUZZ LIGHTYEAR 開封の儀

パカッと開封↓

コロン(フタが落ちる音)↓

ババーーーーーーーーーーーーーーーン!(効果音)↓

中身一覧です。↓

個別に撮ってみました。↓

台座のナノブロックの裏は、こんな感じです。↓

スポンサーリンク

それでは
中身のナノブロックのパーツ内容を紹介します。↓

nanoblok BUZZ LIGHTYEAR のパーツ内容



長方形2×4
 ホワイト 18個
 ライトグリーン 8個
 パープル 7個
 グレー 3個
 ブラック 2個


長方形1×4
 ライトグリーン 11個
 ホワイト 6個
 パープル 5個

長方形1×3
 ライトブルー 3個
 パープル 2個



長方形1×2
 パープル 22個
 ライトグリーン 21個
 グレー 16個
 ペールオレンジ 16個
 ホワイト 14個
 ブラック 7個
 ダークブラウン 4個



正方形2×2
 ホワイト 24個
 ペールオレンジ 7個
 ブラック 5個
 パープル 5個
 ライトグリーン 3個



正方形1×1
 ホワイト 14個
 ブルー 7個

角丸正方形1×1
 レッド 5個
 グリーン 4個
 ブルー 3個


↑ ちゃんとした写真撮り忘れていたので、さっきの画像の流用です(汗)w
正方形10×10:台座
 ダークブラウン 1個

それでは組み立てます。↓

nanoblok BUZZ LIGHTYEAR を作ってレビューしてみた!


↑両腕に少し角度を付けて、腰に手をやるバズさんを より表現してみました(微笑)

一回りさせてみます。↓

↑ナノブロックの個体差もあるかもしれませんが…
背中のグレーのナノブロック左右の二つが、よくポロリしました(汗)w

毎回 思うのですが…
ナノブロックはドット絵のような感じですね。

ドット絵…ってご存知でしょうか?
ひと昔前に大ヒットしたファミリーコンピュータ… 通称ファミコンで よくあった表現で、小さな色を変えた点を集めて様々なキャラクターを表現する方法ですね。

まあ、あの頃のファミコンは、そのようなやり方が主流というか それしか出来なかったのでしょうけど(一部例外もあるかもですが)

点を打つことで形を表現するので、かなり不自由です。
だがしかし、そこに温かみというか味があるのです。

ナノブロックの場合でしたら
ナノブロックを増やして表現を豊かにすることも勿論 出来ますが…
私は限られた少ないナノブロックでいかにキャラクターを表現できるのか? それに取り組むのが楽しいです。

ナノブロックを増やしてよりリアルさを追求するのもいいし、
限られたナノブロックでドット絵のような温かみや味を追求するのも良い。
どちらの方法も楽しめるのが良いですね(微笑)

このバズのナノブロックも限られたナノブロックの中で、果敢にバズを表現しようとした様子が作っているうちに感じられました。制作者のナノブロック愛を感じられたように私は思います。

まあ その錯覚かもしれませんがね(微笑)w

そんなバズ ライトイヤーのナノブロック
あなたの机の上にでもお一つ いかがでしょうか?

あなたのnanoblockライフが更に楽しく充実したものに成りますように。