nanoblock MICKEY MOUSE を作ってレビューしてみた!

スポンサーリンク

先日 初めて東京ディズニーランドとシーに行って来ました。そこで、ディズニーランド限定販売と思われる nanoblock をゲットしましたのでレビューして行きます。

果たして、その実力や いかに…。

先ずは、パッケージの紹介からです。↓

スポンサーリンク

nanoblock MICKEY MOUSE のパッケージ


↑1,400円でした。税込みで分かりやすいですね(微笑)

沢山 集めると少しかさばるかもしれませんが、残ったパーツもいれておけますし 可愛いパッケージですね。

それでは、開封して行きます。↓

nanoblock MICKEY MOUSE 開封の儀

個別に見て行きます。↓

スポンサーリンク

何かの参考に成るかと思い
中のパーツの内容をまとめてみました。↓

nanoblock MICKEY MOUSE のパーツ内容

私の買ったMICKEY MOUSEの中のパーツは、こんな感じでした。

長方形2×4
 ブラック 14個
 レッド 8個
 ホワイト 4個

長方形1×4
 ブラック 14個
 レッド 4個

長方形1×2
 ブラック 22個
 ホワイト 14個
 レッド 5個
 イエロー 4個

正方形2×2
 ブラック 9個
 イエロー 6個
 レッド 4個
 ホワイト 12個

正方形1×1
 ブラック 6個
 ホワイト 4個

正方形10×10
 ブラウン 1個

設計図に 部品は多めに入っています と書かれていたので、もしかしたら個体差もあるのかなと思いました。

それでは、完成した『MICKEY MOUSE』をレビューして行きます。↓

nanoblock MICKEY MOUSE を作ってレビューしてみた!

完成させた『MICKEY MOUSE』を一回りさせてみます。↓

パーツ数が少な目なので仕方ないのかもしれませんが…
尻尾が真ん中に無いのが、少し気に成りました。↓

台座のパーツの裏は、こんな感じ。↓

公式なのか?どうか?分かりませんが…
Google先生で『nanoblock MICKEY MOUSE』で検索してみると、これより実際のミッキーマウスに近いと思われる作品が出てきました。

(参考)きっと作者だと思われる方のサイト
nanoblock Mickey Mouse

そちらの方が、かなりミッキーマウスのイメージに近いとも思ったのですが…
限られた少なめのパーツ数でミッキーマウスらしさを追及した こちらもアリかなと思いました。

公式ですしね。

また、今度 二つの作品の中間位のパーツ数でミッキーマウスらしさを追求してみるのも面白いかもしれませんね。

自分で作り直せるのが、nanoblock の魅力の一つなのですから。

あなたのnanoblockライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする