nanoblock OSWALD を作ってレビューしてみた!

スポンサーリンク

オラは、見ただ。あれは、ディズニーランドに行ったときのことじゃった。ミッキーに似ているような ばったもん(偽物)のキャラクター オズワルド ってのを。

気に成ったオラは、つい そのnanoblockを買ってみたのじゃ。
…と言う訳で 今回は nanoblock OSWALD(オズワルド)のレビューです。

先ずは、パッケージの紹介じゃw ↓

スポンサーリンク

nanoblock OSWALD のパッケージ


反対側を向けてみました。↓

上面 ↓

側面を一回りさせてみます。↓

↑ちょっと見えるように成っているのが良いですね(微笑)

下面 ↓

↑1,400円でした。

それでは、開封の儀の移ります。↓

nanoblock OSWALD 開封の儀

開封の儀~~~~!
パカっ ↓

ぽろろん ↓

バーーーーーーーーーン! ↓

中身一覧 ↓

個別に撮って行きました。↓

↑下のは台座に使うnanoblockです。

設計図です。↓

台座を裏返すと…↓

↑もしかしたらロゴなのかもしれませんが… 
こういうイラストがあると何か得した気分に成りますね。

パーツの内容をまとめてみました。↓

nanoblock OSWALD のパーツ内容

ところで、パーツ名なのですが、これは公式ではなく、私が勝手にそう呼んでいる呼び方を書いております。

スポンサーリンク


↑一番 左なら 長方形で 縦にポッチ(でっぱり)が2個分、横にポッチが4個分 そして色がブルーなので『長方形2×4 ブルー』と表示しています。同じように、真ん中は、『長方形1×4 ブラック』。一番右は、『長方形1×2 ブラック』と表記しています。


↑同じように左から
『正方形2×2 ホワイト』『正方形1×1』『角丸正方形1×1』と表記しています。

長方形2×4
 ブラック 15個
 ホワイト 3個
 ブルー 8個

長方形1×4
 ブラック 8個

長方形1×2
 ブラック 26個
 ホワイト 11個

正方形2×2
 ブラック 15個
 ホワイト 6個
 ブルー 4個

正方形1×1
 ブラック 13個
 ホワイト 5個

角丸正方形1×1
 ブラック 8個

正方形10×10:台座
 グレー 1個

それでは、組み立てて行きます。↓

nanoblock OSWALD を作ってレビューしてみた!

完成した nanoblock OSWALD!↓


一回りさせてみます。↓

↑後ろには丸い尻尾があるのかな?

前に作ったミッキーと並べてみました。↓

良い感じですね。

ミッキーを作ったときに書いたのですが… どうも公式ではないようですけど 更にパーツ数を増やして よりミッキーらしいnanoblockも出ていたのです。

確かに よりイメージに近かったです。

だがしかし、少ないパーツ数で表そうとするから より想像力を掻き立てるような気がします。このOSWALDを作ってそう感じました。不完全な中に想像して補う楽しさ。

あとコンピューターゲームで昔はドット絵が主流でした。四角い点を組み合わせてキャラクターを表現していました。今のグラフィックに比べると全然 リアルではありません。

だがしかし、そこには温かさがありました。

確かにパーツ数が少ないと表現の幅は狭まるかもしれません。だがしかしだがしかし、そこには想像力と温かさが含まれてくるようにも思うのです。nanobolockですから実際のものにパーツ数を自分で増やして作ってみるのもアリです。

そして、わざと少な目のパーツ数で 何とかそれのイメージを少しでも再現してみようとするのもアリだと思うのです。私は後者を選ぶかな。

不自由な状況でベストを尽くす楽しさがあると私は、このOSWALDを作っていて感じたのでした。

…と書いてきたところで
このOSWALDって?! ↓

OSWALD って何者?!


ミッキーマウスの偽物?!
いえいえ。天下のディズニーランドで売っていたので そんなことは無い筈ですよね(汗)

調べてみると、ミッキーマウスの前にウォルト・ディズニーさんが作ったキャラクターです。だがしかし、配給元であるユニバーサル・ピクチャーズと所有権で対立。

版権を持っていなかったウォルトさんは負けてしまうのです。何と、その版権の関係でオズワルトは一時 USJに居たこともあるのです(汗)w

そして、失意の中 がんばって新たに作り出したキャラクターがミッキーマウスだったのです。つまり、オズワルドはミッキーの原点ですね。そして、オズワルドが奪われたことでミッキーが生まれ

そう考えると
災い転じて福となす。

そのときは大変だったかもしれませんが、結果的には良かったのかもしれませんね(微笑)

そして、今 オズワルドの版権はディズニーに戻って来たようです。
めでたし。めでたし。

ところでオズワルドを見ていて気付いたのですが、オズワルドの特長の一つである長い耳。これは素敵な特徴の一つですが… 長い耳が いろいろ動くことでキャラクターとして安定しない気もしました。

そう考えると あまり大きく変わらないミッキーの耳の方が優れているように思います。その点でも変わって良かったのかもしれません。

たしか私が行ったのは
ディズニーシーの『スチームボート・ミッキーズ』…ってお店でした。ミッキーマウスのスクリーンデビュー作『蒸気船ウィリー』にちなんで命名されたお店です。

そこで、あなたもミッキーの原点であるオズワルドに触れてみられてはいかがでしょうか?

あなたのnanoblockライフが更に楽しく充実したものに成りますように。