仮面ライダービルド 第11話 感想 ついに龍我が仮面ライダーに変身!

スポンサーリンク


戦兎は、持っていたフルボトルをナイトローグに殆ど奪われた。残ったフルボトルでビルドキードラゴンに変身して戦うも強制解除されてしまう(汗)そこで、龍我が変身を試みるが… 上手く変身できない。

果たして、そして、戦兎はビルドキードラゴンを制御できるのだろうか?そして、龍我は仮面ライダーに成れるのだろうか?

果たして果たして~!

先ずは公式あらすじに 私の思ったことを添えて紹介してます。↓

スポンサーリンク

仮面ライダービルド 第11話 「燃えろドラゴン」公式あらすじ

 ブラッドスタークの正体は葛城(木山廉彬)なのか…。葛城の研究データによると、スタークも葛城が作り出したものらしい。ということは、スタークの正体を暴けば、龍我(赤楚衛二)の冤罪も晴らせるはずだ。

これだけブラッドスタークの正体が葛城なのか?…って思わせぶりな引っ張り方をするってことは、逆に違うんじゃね?!とか思ってしまう私w

とはいえ、ナイトローグにフルボトルを奪われてしまい、戦兎(犬飼貴丈)の手元にあるボトルはドラゴンとロックのみ。

戦兎さん フルボトル奪われ過ぎですよ(汗)w

しかもドラゴンはロックでも制御が出来ず、まともに戦うことが出来ない。

ベストマッチなのに制御できないなんて…(汗)w

そんな戦兎らの唯一の望みは、ハザードレベルが3.0に到達した龍我が仮面ライダーに変身することだが…。

 スマッシュの目撃情報が入った。戦兎と龍我は現場へ急行するが、現れたのは戦兎のボトルを狙うナイトローグだった。戦兎はビルドキードラゴンに変身、ローグに立ち向かうがやはり制御できず強制的に変身を解除してしまう。

ベルトマッチの意味ねぇ~(涙)

ならば、と龍我はドラゴンボトルを手にするとクローズドラゴンにボトルを挿入。変身を試みるが、なぜか失敗してしまう。追いつめられる戦兎と龍我だが、割って入ったスタークに救われその場を後にする。

スタークさん。もう いっそのこと仲間に成ってあげて(微笑)

 美空(高田夏帆)が秘密基地で発見した盗聴器は、紗羽(滝裕可里)が仕掛けたものだとわかった。戦兎らには知られないように「あなた、何者なの?」と紗羽に詰め寄る美空。表情を固くする紗羽だったが、龍我が現れた隙に逃げるようにナシタを出ていってしまう。

もう戦兎たちにもバラしてもいいと思うんだけど…(汗)

すぐさま難波重工の難波会長(浜田晃)に正体がバレたことを報告する紗羽。難波は「そうか」と答えるとあっさりと電話を切ってしまう。

 仮面ライダーに変身する目的は、スタークの正体を暴き、自らの冤罪を晴らすため。そんな龍我の気持ちを確認した戦兎は、龍我に厳しい言葉を投げつける。
「力を手に入れるってのは、それ相応の覚悟が必要なんだよ。半端な気持ちでなろうなんて思うな!」
 戦兎に気圧された龍我は返す言葉もなく、苛立ちを募らせるばかりで…。

 戦兎にそれとなく告げられた墓地へ行き、龍我は失った恋人・香澄(伊藤梨沙子)の墓を見つける。ふと見ると墓石の隙間に龍我に宛てた香澄の手紙が。さっそく封を開けて中身を読むと…。

お墓に良い感じで手紙が、あるなんて…。

 ナイトローグが紗羽をストレッチスマッシュに変え、街に放つという動画を戦兎に送り付けてきた。明らかなワナだが放っておくわけにはいかない。

必要なく成ったら平気でスマッシュに変えるファウスト。恐ろしや…。

傷だらけの戦兎はストレッチスマッシュの前でビルドキードラゴンに変身。しかし、まともに戦うこともできず変身を解除してしまう。

やっぱり、ビルドキードラゴン 使えねぇ~(涙)w

現れたローグは戦兎からボトルを奪おうとするが、駆けつけた龍我がドラゴンボトルを戦兎からキャッチ。ストレッチスマッシュに立ち向かう。

 「あなたのその拳で多くの人の力になってあげて下さい。遠くから見守ってるね…」
 そう書かれた香澄の手紙にライダーとして戦うことの意味を悟った龍我。ローグの手にあったビルドドライバーを奪うと、ドラゴンボトルを手に祈るようにつぶやく。
「力を貸してくれ…」

スポンサーリンク

そうなんだ。
自分のためでなく、困っている人を助けるために その力を使うのがライダーなんだ!!

 その声に応えるようにクローズドラゴンが龍我のもとへ。ドラゴンボトルを挿入、そしてドライバーに挿入する。
「変身!」
 ついに龍我は仮面ライダーに変身する。

龍我 変身 キターーーーーーーーーー!!

 その圧倒的な力でストレッチスマッシュを倒すと、今度はナイトローグをも圧倒する。凄まじい力に驚くローグに、新ライダーは言い放った。
「強えだろ?俺だけの力じゃねえからな。今の俺は…負ける気がしねえ!」

それも登場した最初は強いんですけどね(微笑)
これからも「負ける気がしねぇ」でがんばって欲しいです。

 強烈なライダーの必殺技でダメージを負ったローグはミストとともに逃げ去っていく。

 変身を解除した龍我は戦兎を助け起こすと、香澄の手紙を墓に隠したのはお前だろ、と詰め寄る。ごまかす戦兎にさりげなく「サンキュ」とつぶやく龍我。新たなライダーの誕生に戦兎も喜びを露にする。

お前ら やっぱりベストマッチだな(微笑)

 戦兎はスマッシュの成分をボトルに吸収、紗羽を元の姿に戻す。自分がスマッシュにされたことに気づいた紗羽は「捨てられたんだ…私」と自嘲気味につぶやくと、戦兎と龍我に真実を告白する。
「私はあなたたちを裏切った…私は、スパイなの…」
 思わぬ紗羽の言葉に戦兎も龍我も言葉を失い…。

スパイをするために近付いたのなら 元々 裏切ってはいないですけどね(汗)w

以上 
テレビ朝日 仮面ライダービルド公式サイトからの引用に軽くコメントを添えてみました。

そして感想です ↓

仮面ライダービルド 第11話 感想 ついに龍我が仮面ライダーに変身!

ついに変身しましたね。龍我!
仮面ライダークローズ!!

ドラゴンフルボトルだけで変身するのですが… 他のフルボトルと組み合わせることは出来るのでしょうか?

それにビルドドライバーは、もう一本出て来るのでしょうか?二人で同時変身もあると思うので …っていうか出てきて欲しいから… 二本 出てくるとは思っているのですが(汗)…

もし、簡単に作れなかったり スタークもくれなかったりして 一本だけだったら…大変ですよねw 変身するときにビルドドライバーの取り合いに成ったりして、時には平和的な解決策としてジャンケンで使うものを決めたり

…なんてことに成ると もう仮面ライダーが喜劇に成ってしまいますよね(汗)w

しかも、戦兎の奪われたフルボトルが全く戻ってこないとしたら更に喜劇というか?悲劇ですよね。もうベルトとフルボトルの取り合いに成ってしまいますね(涙)

だから、きっとベルトは、一本のままで行くとは思わないのですが、その辺りも どうやって二本に成るのか?も見所ですね。まあ、あっさり生産できたり、スタークが持って来たりするのかもしれませんけどね(微笑)

だがしかし、もうビルドドライバーが一本しかない世界も 物語も観たい気もしますw 外伝とかで出ないでしょうか?ww

あと、クローズドラゴンも ただの変身アイテムに成り下がらずに 更に活躍してくれると嬉しいなぁ。例えば、変身して危機に陥ったクローズを守るために分離して戦うとか…

いや、そうすると変身が解除されちゃうのかな?(汗)

それなら、強い相手に挫けそうになった龍我を 精神世界の中で励ますとか… いや、それは佳澄の役目かな?(汗)

今までみたいに龍我を助けるためにフルボトルを装備して援護射撃をするような場面があれば良いなぁと思うのです。ただ変身するのに必要なアイテムに成ってしまうのは勿体ないと思うのです。

まあ、大概のアイテムは そうなのですけどね(涙)

クローズドラゴンの扱いにも少し注目して行きたいですね。

あと やっぱり悪者ではあるのですが、結構 助けてくれるブラッドスタークさん。やっぱり このまま ただの悪者で終って欲しくは無いですね。ナイトローグや ブラッドスタークよりも

凶悪な真の大ボスが出て来て、それを倒すために 戦兎、龍我、ローグ、スタークの四人が共闘するような胸熱な展開も期待しています。

どうなるのか? そこも見所に成るかもしれませんね(微笑)

あなたの仮面ライダービルド視聴ライフが、更に楽しく充実したものに成りますように。

ちなみに その後の番組の「宇宙戦隊キュウレンジャー」もドラゴンが活躍してました。ドラゴン繋がりの週でした(微笑)

今日 活躍したフォームたちの覚書

●キードラゴンフォーム
⇒何回も強制解除されてしまう(汗)

●仮面ライダークローズ
⇒圧倒的な強さ。
 ストレッチスマッシュをあっさり倒し、ナイトローグも撃破!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする