勇動 2ホウオウソルジャー で遊んでレビューしてみた!

スポンサーリンク

『勇動』シリーズの最後の紹介は『ホウオウソルジャー』です。颯爽とキュウレンジャーたちの前に現れ 伝説を作り出した漢(おとこ) 鳳ツルギが変身するホウオウソルジャーは、

『勇動』で どのように再現されているのでしょうか?
果たして、果たして…。

先ずは、パッケージからです。↓

スポンサーリンク

勇動 2ホウオウソルジャー のパッケージ

↑赤、青、黄色と いろいろな色を使いながらも上手くまとめているのが凄いと思います。素敵なデザインですね。

それでは、開封します。↓

勇動 2ホウオウソルジャー 開封の儀

裏返すと こんな感じ。↓

中身全体です。↓

本体を一回りさせてみます。↓

↑なんだ この海坊主?!

武器たちです。↓

その裏側です。↓

銀ピカシールです。↓

スポンサーリンク


↑今回も かなり分割数が多いですね。
それを楽しめると良いのですが…(微笑)

シールを貼って完成させます。↓

勇動 2ホウオウソルジャー で遊んでレビューしてみた!

完成したホウオウソルジャーを一回りさせます。↓


↑やはりシールを貼ると見栄えが変わりますね。あの海坊主が、こんなに格好良い戦士になりましたよ(微笑)

ホウオウソルジャーの武器なんですが…↓

合体します。↓


↑この再現は嬉しいですね。
あと塗装もされていて良いですね。

いろいろポーズを取らせてみます。↓

今回も肩には、引き出し関節があるのですが… ホウオウソルジャーは肩に邪魔になるものはないので、無くても良いような(汗)

たぶん 同じフォーマットを使われて作られているシリーズだからでしょうね。肩に少し飾りのある シシレッドを より良く見せる機構だとは思いますが…
引き出すことで より大きなポーズを取らせやすく成るので

あっても損はない いや、得をするギミックですね(微笑)
↑結局 あっていいんやんっ(汗)(一人ツッコミ)

…こんな風に少し思考も迷走しますが、
なんでこんな作りに成ってるんだろう?!とかを考えてみるのも楽しいですね。

それと今回のホウオウソルジャーは、顔のインカムの部分、武器の剣と盾に 銀色の塗装がされています。結構 塗装箇所が 他の二つ(シシレッドシシレッドオリオン)多いので

それも見栄えに影響していますね。少し塗ることで 結構 映えるものだと思いました。他の二つを塗ってみるのもいいかもしれませんね。

あなたの勇動ライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする