勇動 3シシレッド で遊んでレビューしてみた!

スポンサーリンク

行きつけのスーパーwに行ってみると、なんと 宇宙戦隊キュウレンジャーの可動フィギュアの『勇動』シリーズが売ってました。これは、早速 買って遊んでみました。

果たして、勇動 のシシレッドの実力や いかに…。

先ずはパッケージの紹介からです。↓

スポンサーリンク

勇動 3シシレッド のパッケージ


↑決め台詞が入っているのが良いですね。


↑今回は全3種類のラインナップです。


↑フィギュアの作成は中国製なのですね。
お菓子だけ日本製なのかぁw

装動シリーズや 創動シリーズを 手掛けているだけあって手慣れたデザインですね。

それでは、開封して行きます。↓

勇動 3シシレッド 開封の儀


引っくり返すと、こんな感じです。↓

それでは、ラムネを美味しく頂いて
ビニール袋を開封します。↓


銀ピカシールのアップです。↓

シシレッドの武器『キューソード』も付いています。↓

裏返すと肉抜き穴が少し目立ちます。↓

シシレッド本体のフィギュアを一回りさせてみます。
ちなみに台座は付属していません。
『創動』シリーズの台座を使っています。↓

スポンサーリンク

それでは、シールを貼って完成させます。↓

勇動 3シシレッド で遊んでレビューしてみた!


↑キューソード用のシールがないので…(汗)
キューソードは、そのまんまですw

完成してシシレッドを一回りさせてみます。↓

↑後ろ側は、あまりシールがありません(汗)


↑左胸の丸い部分のシールには獅子の絵がうっすらと印刷されているのですが…写真には上手く撮れませんでした(汗)

いろいろなポーズを取らせてみます。↓

↓キューソードを両手で構えた感じのポーズ。↓

裏返すと…↓

↑軽く右腕はそえただけです。両手で持てる訳ではありません(汗)

後ろの腰の部分に穴があるので台座が付けられます。↓


↑腕の後ろや ふくらはぎの部分に 肉抜き穴が目立ちます。


↑首は、少し前に倒れた感じで固定されています。そして、その上に乗っている頭部が、少し動きます。

何か全体的に少しちゃっちい(チープな)感じがします。後ろの肉抜き穴や 本体の色が一色だけ。しかも色は軽い感じの色。そして、彩色部分は無し… などなど。それは、同じようなフィギュアの 装動や 創動のシリーズと比べてしまうからでしょう。

まあ、向こうは基本的に二箱で一つなので その半分の値段で一つに成っているため コスト的に仕方ないのでしょうけど… つい比べてしまいますね。値段を二倍にして創動シリーズに負けない完成度にするのもアリだったのかもしれませんね。

自分で色を塗って完成度を上げるのも楽しいかも。

コストの面でがんばっている…って点を考慮して購入されるのが良いかも。

あなたの勇動ライフが更に楽しく充実したものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする