機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴックのレビューと…私の塗ったズゴック!

食玩

『機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP』最後の『04ズゴック』のレビューをして行きます。だがしかし、このズゴックだけリアルタイプカラーではなく普通の量産型ズゴックなのです!ズゴックだけにズゴっ(←転んだ音)そのまま行くか?リアルタイプカラーを制作するか考えて実行してみました!

  1. 機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー]&ジオン軍パイロットは、こんな感じ
    1. 機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー] 開封の儀
    2. 機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー]を組み立ててみた
  2. 機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー]のレビュー
    1. 3つのヤバい点
      1. リアルタイプドムじゃなく、リアルタイプズゴックでもない 汗
      2. 贅沢な意見だが色分けも完璧ではない 汗
      3. 白化しやすい箇所がある 汗
    2. 3つの凄い点
      1. ワンコインでパイロットも付属している!
      2. 完全では無いが…ワンコインにしては色分けを頑張っている!
      3. モノアイが可動する!
    3. GUNDAM CONVERGE #17 のズゴックと比較
  3. ズゴックのレビューまとめ
  4. このズゴックをこれからどうするか?検討する
    1. リアルタイプズゴックにしてみる!
      1. どんな色にすればリアルタイプ風ズゴックに成るのか?色の組み合わせを検討する
      2. 私が作ったリアルタイプカラーのズゴック完成!!
      3. 【絶賛制作中】そうそう!パイロットの色も…
  5. で…結局 リアルタイプカラー風のズゴックは、出来たのか?!
  6. マイクロウォーズSPまとめ
    1. 各レビュー記事
  7. ロボットアニメと特撮HEROのメルマガ登録フォーム

機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー]&ジオン軍パイロットは、こんな感じ

先ずは、パッケージの紹介からですが… 毎度のごとく今回の商品名は長過ぎるので、ここからは後ろの『ジオン軍パイロット』は外して進めます。

機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー] 開封の儀

パッケージ表面

裏面

開封!マルチオープン(←最初の「マルチ」まちがい汗w)

↑ズゴックも少しだけパーツがランナーに付いていますね。
今回も少し色を塗ろうと思うので…

↑シールは使わずに組み立てます。

機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー]を組み立ててみた

あっさりと完成!w

一回り

ポーズを取らせてみます。

まさにカニって感じですねww
勿論、メインのパイロット搭乗ギミックもありますよ。 ↓

パイロットさん「うおおおおおおおおおおお!」(吠えてるw)
↑ 今までのパターンと違い、開くだけではなく胸のあたりが前に引き出せるように成ってます。パイロットの前にある操作パネルのようなものは動きません。

「マイクロウォーズ3」のシャア専用ズゴック(下の写真左側)と並べてみました。 ↓

やっぱりシャア専用は、神々しい気がしますね(微笑)
それでは、レビューして行きます。

機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴック[リアルタイプカラー]のレビュー

3つのヤバい点

リアルタイプドムじゃなく、リアルタイプズゴックでもない 汗

元々 リアルタイプカラーが始まる切欠になった劇場版ガンダムIIのポスターに描かれていたのはガンダムとドムでした。

なので、ここにはリアルタイプドムを私は入れて欲しかったです。だがしかし、今回はズゴックでした。それも量産型ズゴック。前にマイクロウォーズ3でシャア専用ズゴックが入っていたから

どこかで量産型を入れたかった気持ちは分かりますが… ココに入れる?!って感じです(汗)

贅沢な意見だが色分けも完璧ではない 汗

色分けは、完全では無いです。頭の側面の黒とか、左右の胸のファン?ダクト?の青色とか、胸のコックピットハッチの白とか。…ここらはシールで補完できるのですが…。

シールに無い箇所としては…頭のミサイルの発射口の隙間の黒、手足の関節の隙間の黒とか足りていない。あと、墨入れもされていないですね。まあ。かな~り贅沢な意見ではあるのですが…。

白化しやすい箇所がある 汗

これは私の腕の所為かもしれませんが…。ランナーに付いている手足のパーツを切り離すと…

↑上の画像の二つの赤丸の所、結構ヤスリ掛けはしたのですが…まだ少し白化の跡が残っております(汗)工具使わずにやさしく普通に手でちぎった方が良かったかもしれません。

では、逆に3つの凄い点を挙げて行きましょう!

3つの凄い点

ワンコインでパイロットも付属している!

500円ほどでモビルスーツとそのパイロットが手に入るんですよ。もう、一人でブンドド(ブ~ン。ドドドと一人遊びすること)できるのですよ。最高じゃないですか?!w

完全では無いが…ワンコインにしては色分けを頑張っている!

先ほどは、ヤバい点で色分けが完全では無いと書きましたが…贅沢な意見とも書きました。それは価格が500円ほどだからです。この値段なら十分満足しますよね。10万円するニューガンダムとかが、

色分けが完璧じゃないのなら大激怒しますけどねww まあ。持ってはいませんが(遠い目)w YouTubeでは観ましたw

『METAL STRUCTURE 解体匠機』10万円のνガンダムはハッチオープンで魅せ付ける!【RX-93 ν GUNDAM】ゆっくり実況(7分54秒)↓

『METAL STRUCTURE 解体匠機』10万円のνガンダムはハッチオープンで魅せ付ける!【RX-93 ν GUNDAM】ゆっくり実況

↑10万円のニューガンダム観た後なら、500円の食玩なんて見劣りしまくりですけど、まあ。そもそも比べるものじゃないですね汗 一体、あのニューガンダムで このズゴック何体買えるんだろ?w

モノアイが可動する!

コレ楽しいですよ。キャノピーの裏にある…

↑ 上の赤丸の部分の摘みを左右に動かすことで… 右や ↓

左に ↓ 動かせます。

小さくて可愛いのに凝ってますねw

近所のイオンスーパーで少し安く成っていたズゴックさんを見かけたので思わず買ってしまいました。↓

GUNDAM CONVERGE #17 のズゴックと比較

オープン セサミ ←後ろは忘れてww

↑ 本体は少しだけ柔らかめの樹脂PVC、頭のキャノピーはクリアなMABS、台座は、それより堅めのABSで出来ていました。稼働は方が回るのとアイアンクローが回る位です。小さくて可愛いので飾るとしたら、台座付はポイント高いですね。

材質の所為なのか?個体差なのか?頭のキャノピーと両腕は、少しだけ外れやすいように思いました。接着して固定したり、関節部に薄くテープを巻いて調節しても良いかも。木工ボンドで固定もアリですね。

今回のズゴック(左側)と並べてみました。↓

↑大きさは、そんに変わらないですね。どこかのパーツをパクれ… いえ、流用して更に格好良くできないですかね?!
アイアンクローをそれぞれ外してみます。

↑右奥が、CONVERGE版ズゴックです。CONVERGE版の方がツメは鋭くて格好いい気がします。これを今回のズゴックに流用するとしたら… ↓

今回のマイクロウォーズSP版のズゴックのツメの後ろのパイプ状の部分(上の画像の赤線の四角囲っている所)を切り離して、CONVERGE版に接着する必要がありそうですね(汗)

まあ。パーツを複製してコピーしたパーツを使うのも有りでしょうけど…。どうしようかな?!

ズゴックのレビューまとめ

『マイクロウォーズSP』に中にあって 何故か、このズゴックだけリアルタイプカラーではないのは気に成りましたが… 出来は良いと思います。飽くまで私の基準ですけどね。

まあ。500円ほどなので十分に頑張って作ってくれていると思います。なので、マイクロウォーズファンの方なら、特にリアルタイプカラーでなくても大丈夫って方ならおススメの一品です。

このズゴックをこれからどうするか?検討する

さてさて、このまま手を加えずに終わるのは普通のレビューサイトに成ってしまって個性的でも独創的でもないので何か手を加えたいと思います。直ぐに思いつく方向性は、二つ。

量産型ズゴックを更に極めるか?
リアルタイプカラーのズゴックにしてみるか?

まあ。折角なので今回の他の3体と違和感なく並べてみたいので
リアルタイプカラーのズゴックを作ってみることにしました。

果たして、どのようなリアルタイプカラーのズゴックが出来るのでしょうか? ここでお時間と成りました~!!←え。ブログなのに時間て 汗(一人ツッコミ)

リアルタイプカラー版ズゴック 制作快調!近日発表!乞うご期待!!

※完成したら更新します。また、遊びに来てね~(ハート)ww


【これ以降追記】完成したので、以下を更新しました!! ↓

リアルタイプズゴックにしてみる!

どんな色にすればリアルタイプ風ズゴックに成るのか?色の組み合わせを検討する

今回のズゴックに主に使われている色は3種類。今までこのマイクロウォーズSPシリーズの色塗りで使っていたガンダムマーカーの中から

使えそうな色を並べていきます。グレーとか、銀色も面白そう。ダークブルー(単体売りなし。セットに付属)とかもいいな。

ダークブルーの入っているセット ↓

よし!この3色で行こう!!

…と言う訳で完成した私が作ったリアルタイプカラー風のズゴックは、コチラ ↓↓↓

私が作ったリアルタイプカラーのズゴック完成!!

メインの色⇒銀色
サブの色1⇒ダークブルー
サブの色2⇒ガンダムグレー
を使用しました。

一回りさせてみましょう!

こんな感じに成りました!w

【絶賛制作中】そうそう!パイロットの色も…

勿論、リアルタイプカラー風パイロットも乗せてますよ!w

ハッチ オープン!!

このパイロットは新たに塗ったのではなく。前の「03ザク」で塗ったパイロットさんですね。上の画像ではパイロットが小さくてイマイチよくわからないですね汗 詳しくは。上の『前の「03ザク」で塗ったパイロットさん』のリンク先をご覧ください。

で…結局 リアルタイプカラー風のズゴックは、出来たのか?!

普通の量産型ズゴック(下の写真左側)と並べてみます。

次にシャア専用ズゴック(下の写真左側)と並べてみます。

おまけで三体並べてみます。

↑何かありそうな部隊ですね。普通のズゴックに何らかの新しい要素を組み込まれた試作のズゴックが混じっている!…って妄想するのも楽しいです。

それでは、今までに作ってきたリアルタイプカラーのモビルスーツと並べてみます。これで違和感なければ今回の目的達成ですね!

スポンサーリンク

うううう。違和感ありまくりな気がする 汗

大河原邦男先生、そして閲覧してくださっている あなた、偉大なリアルタイプカラーの壁は厚く、それ風に寄せることは私には出来ませんでした。

考えられる敗因:色を選んでいる途中で銀色をメインで塗りたくなってしまい、自分の欲望がリアルタイプカラーを目指すって目標を上回ってしまい自己満足に走ってしまった。

だがしかし…

後悔は全くしておりません。ガンプラは自由だ!←これガンプラじゃないよ汗(一人ツッコミ)

楽しかったから、これでいいのだ!!ww

マイクロウォーズSPまとめ

各レビュー記事

機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 01ガンダムのレビュー
ガンプラブームの火付け役の一つと成ったポスターがありました(詳しくは後に記載)そして、40年後、それをデフォルメして立体化したのが今回のこのガンダムです。時を超えて日の目をみたリアルタイプガンダムのヤバい点、凄い点をレビューして行きます。
機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 02ジムのレビューと改造
40年ほど前のガンプラは、劇中登場のモビルスーツ(ロボット)を出し尽くしていました。試行錯誤の末、大河原邦男さんの劇場版ガンダムのポスターのようなリアルタイプシリーズを発売。現代それをモチーフにしたマイクロウォーズSPが発売。その中のジムをレビューし少し手を加えてみます!
機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 03ザクのレビューと塗装
まさかのリアルタイプザクが、30数年の時を超えデフォルメされて令和の時代に蘇る!凄い点、ヤバい(まずい)点を挙げて全力でレビューしました。そして、勿論 ヤバい点の解消方法も提示します!!
機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP 04ズゴックのレビューと…私の塗ったズゴック!
『機動戦士ガンダム マイクロウォーズSP』最後の『04ズゴック』のレビューをして行きます。だがしかし、このズゴックだけリアルタイプカラーではなく普通の量産型ズゴックなのです!ズゴックだけにズゴっ(←転んだ音)そのまま行くか?リアルタイプカラーを制作するか考えて実行してみました!

ロボットアニメと特撮HEROのメルマガ登録フォーム

発行は、のんびりに成ると思いますが… ロボットアニメ・主にガンダムと 特撮HERO・主に令和&平成仮面ライダー について語るメルマガを発行したいと思います。読んであげてもいいよ♪って方は、登録をお願いします。
君はメルマガの涙を見る(ほんのりと意味不明 汗w)

コメント

タイトルとURLをコピーしました