ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 を作ってみた!

スポンサーリンク

『ヘキサギア』は、プラモデルの老舗メーカー「株式会社 壽屋」から8月31日に発売された新シリーズです。「ヘキサギア」と呼ばれる六角形のパーツを中心に展開されています。

「ヘキサギア」には二種類のタイプのプラモデルがあります。一つは、今回紹介している『ガバナー』と呼ばれるパイロット。そして、もう一つは そのガバナーの操縦する乗り物です。

果たして、『ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1』の実力や 如何に…。

それでは はじまり。はじまり~↓

スポンサーリンク

ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 の箱

↑かなり、箱が格好良いですね。
先ず 開ける前から その雰囲気を楽しめるのは良い演出だと感じました。

それでは、次に 開封の儀 に移ります。↓

ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 開封の儀


↑中に入っていた物 全てを並べてみました。


↑その中でプラモデル部分の全景です。

それを二つに分けて 写真に撮ったのが、コチラです。↓

↑Cパーツ、Dパーツ そして真ん中にある 腹部のパーツが、柔らかい材質で出来てます。

↓設計図とイラストカードと部品の注文書です。

↓ちなみに「ヘキサギア」です。かなり小さいですね(微笑)

そして、組み立てて完成させます。小一時間で作れました。↓

ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 の完成

一回りさせてみます。↓


↑背中にあるのが「ヘキサギア」です。

スポンサーリンク

↓武器は、ソードとライフルが付いてます。
 二つをくっ付けて銃剣にも出来ます。

 手は、「握り手」「平手」「武器持ち手」の三種類あります。
 ちなみに「武器持ち手」を今 本体に付けてます。

【追記 2017年9月6日】
銃と剣を組み合わせて作る「銃剣」は、こんな感じです。↓


↑組み合わせて別の武器に成るのが面白いですね。
【追記 おわり】

↓いろいろなポーズを取らせてみます。

↑「装動」シリーズとの大きさの比較です。ちなみに右は、「仮面ライダー風魔」です。およそ「装動」の1/2の大きさですね(汗)w

ガバナーは、乗り物の乗るのが基本なため、それもあって かなり小さいです。スケールのサイズは 1/24です。「装動」が、二つで一つの基本的なケースで考えると820円ほど。

その半分くらいの大きさの ガバナーは、1,728円くらいと考えると… 少し割高な気もします。まあ 可動箇所も違いますし…でも、そんなに変わらない(汗)w… 普通のプラモデルと食玩では比べても

仕方ないのかもしれませんが…(汗汗)

つまり、「装動」シリーズが かなり頑張っているのもあると思います。
それと比べちゃうと割高感は否めません。

だがしかし、この「ヘキサギア」シリーズは 乗り物に乗せて なんぼなので そのうち 乗り物の方もレビューしますね。本当の評価は、それからだと思うのです。

個体差がありそうですが、私が作ったのは 手がポロリしやすく成ってました(汗)それは置いておいても かなり可動しますし かなり小さくも感じましたが… 小さいだけに改造もしやすいってメリットも感じました。

そして。乗り物と組み合わせたレビューを お待ちください。

【追記 2017年9月6日】
乗り物…ヘキサギアに乗せてみました。はたして、ポーンA1の真価は いかに…。
『ヘキサギア レイブレード・インパルス を作ってレビューしてみた!』
【追記 おわり】

あなたの『ヘキサギア』遊びが、更に充実して楽しいものに成りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする