ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 感想 もしかしたら叫竜よりも酷い敵が居るのかも…

スポンサーリンク

もしかしたら、見捨てられたのかもと不安に思っていた13部隊の前に 9’sが現れる。
パパの命令だと話す。それを聴いてホッとする13部隊。だがしかし、9’sがそのままで終わる筈はない。

果たして、13部隊は無事 やり過ごすことが出来るのでしょうか?

先ずは、公式あらすじの紹介と その先を書きます。↓

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 『楽園』公式あらすじ と その先

オトナから一切の連絡がない状況が続く中、ミストルティンに突然、9’sの面々がやってくる。
パパから様子を見てくるように言われたという彼らの言葉に、自分たちは見捨てられたわけではなかったと安堵する13部隊のコドモたち。
9’sはミストルティンでの13部隊の生活に興味があるらしく、この日は泊まっていくという。
その夜、ココロがみんなに内緒で手元に持っている『手帳』が、9’sに偶然見つかってしまい……。

引用元:TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト STORY

そして、続きを書きます。

9’sは、ココロを責める。それは、パパたちが禁じていることだと。

ココロは話す。私たちはフランクスに乗ってたたかうことしで出来ないと思っていた。
しかし、未来に何かを残すことが出来るかもしれないんだと。

そして、ココロは ナナとハチに個室で話を訊かれることに成る。
ナナは言う。
「コドモを作りたいなんて口にすることも許されることじゃないのよ。」

ココロは言う。
「ではその機能は、どうして残っているんですか?
 じゃあ。この感情は、私たちのこの気持ちは何のためにあるんですか?」

と話したとき、ナナはショックを受け 座り込んで頭を抱える。
ココロは去る。そこに9’sが現れ、思春期を再発したなら交換するしかないと話す。

スポンサーリンク

ミツルは泣いているココロを見つける。ココロは、ミツルに謝る。
しかし、ミツルは一人で決めないでください。もっと自分に頼ってくださいと話す。
キスをして そして、抱きしめ合う二人。

以上
どう成ってしまうのでしょうか?

そして、感想 ↓

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 感想 もしかしたら叫竜よりも酷い敵が居るのかも…

あらすじに所に上手く書けなかったのですが…
パパたちが、叫竜の女王に降伏勧告に行きます。
そこで、降伏するように話すパパに

叫竜の女王は、心に直接 話しかけます。
不味いと思ったのか?攻撃するパパ。
あっさりと女王にやられ、

他のパパと兵士も 女王に倒されるのでした。
そして、倒れたパパのマスクを剥がした女王が つぶやく。
「人間に成りすますもの」と。

…このシーンを観て思ったのですが、
いつの間にか 人間でないもの=パパ が人間に成りすまして人間である=コドモ
を支配してしまっていたのでしょうか?

そして、人間らしい子孫を残すってことも禁じてしまったのでしょうか?
人間を支配するために。

もし、そうであるのなら叫竜よりも タチの悪い敵ってことに成りそうですね(汗)
果たして、真実は どうなのでしょうか?

そして、ココロとミツル。

ココロちゃん 結構 大人しそうに見えてガンガン行くタイプだったのですね(汗)w

そして
心を開いてきたミツル。ヒロにもそれを指摘され、ココロのことを好きなんじゃないか?!
…と言われたり、どんどん良いヤツに成って来た所で

まさかの展開でしたね。
これから先 この二人も重要なカギを握りそうな感じですね。重要なカギが ヒロとゼロツーだけでなく増えたことで更に物語の厚みが増しそうですね。

更に面白く成って来ました!w

フトシが可哀想。
良い人見つかるといいね。フトシ。
だがしかし、自分の気持ちは置いておいて、二人の幸せを願うだなんて
フトシ 良いヤツだな(微笑)

あなたのダーリン・イン・ザ・フランキス視聴ライフが更に充実して楽しいものに成りますように。